RSS | ATOM | SEARCH
強弁する人

JUGEMテーマ:日記・一般

 

友達のSNSを見ていたら、

 

(以下、引用です)

 

本当の友達とは、あなたの、

 

一滴目の涙を見て

 

二滴目をぬぐい

 

三滴目を止めて

 

四滴目を微笑みに変える人です

 

(引用ここまで)

 

という「名言」を見つけました。

私には、そんなことをしてくれる友達も、そんなことをしてあげたいと思った友達もいないなぁ、と思って、「偉人」たちの「友達に関する名言」を調べてみました。

 

 

(以下、引用です)

◆「金を貸せば、しばしば金はもとより友まで失う。借りれば倹約の心が鈍る」

〜シェークスピア:「ハムレット」より〜

 

金銭の貸し借りは、友達同士では絶対に避けましょう、という名言ですね。

これは、私の人生を振り返っても何度か経験があります。

「返してくれないかも」と覚悟をもって貸しても、やはり返してもらえないと、やっぱりな、と思うし、その後の関係が良好に継続したことはひとつとしてありません。

 

 

◆「空気と光と友人の愛。これだけ残っていれば、気を落とすことはない」

〜ドイツの詩人ゲーテ〜

 

これは、生きていくうえで、友情は、空気のように不可欠で大事なもの、ということでしょうか。

逆に言えば、これがなくなってしまったら、気持ちは落ち込み、生きていけない、ということになりますが、うーん、そうかもしれないですね。

 

 

◆「いまだかつて、敵をつくったことのない人間は、決して友を持つことはない」

〜イギリスの詩人アルフレッド・テニソン:『国王牧歌』より〜

 

嫌われることを恐れて本音を言えない人は、真の友達を作ることはできない、という意味でしぃうか。

確かに、本音で語ることが信頼を強くすることは経験上、よくあります。

ただ、信頼関係が薄い段階で、本音をぶつけ合うと、感情面で「嫌な奴だ」となり、それ以上の関係構築が図れないこともあるような気がします。

 

 

◆「友を得るに急なる勿(なか)れ。親友は自然に得る者なり」

〜国木田独歩:『病牀録』より〜

 

親友は自然にできるもの。したがって、無理に作ろうとすることはないし、作らなければと思ってできるものでもない、というような意味でしょうか。

これは、確かにその通り、と思います。

今、友達と思っている人は、自然とそうなった気がします。

ただ、「新たな友達が欲しいなぁ」と思って、そういう「出会いの場」を作ることをしないと、なかなか、新しい友達はできない気がします。

いくら「自然に身を任せ」といっても、うちにこもっているだけでは(ネットはありますが)ダメでしょうね。

 

 

◆「真の友情は、災難に遭遇したときにはじめてわかる」

〜イソップ:イソップ物語より〜

 

真の友達とは、困ったときに助けてくれる人であり、そばにいてくれる人、ということでしょう。

程度問題ですが、実際のところ、困ったときには、離れていく人の方が多い気がしますし、実際、親身になってくれる人って、何人いるんだろう??と思います。

 

 

話は少しそれますが、私の今までの人生の中で

「俺たちは友達だ!!」

とか

「僕らは家族のような関係の友達です」

と必要以上に(私はそう感じました)「強弁」する人が何人かいました。

 

しかし、たいてい、強弁する人は、意識的か、無意識なのかはわかりませんが、「強弁していることに亀裂が入り危機を感じている」から強弁している気がします。

実際、「俺たちは友達だ」と強弁していた人は、仕事で失敗を繰り返したら、仕事が成功していた時にまわりにいた人は、蜘蛛の子を散らすようにいなくなりました。

また、「僕らは家族のような・・・」の人は、友達間で、不協和音が出始め、近い関係者の話では「仮面友達の関係」のようです。

 

安倍首相もそうですが、必要以上に「強弁」する人は、その強弁していることに、実は自信がないことの裏返しのような気がします。

(※ 自分を変える“気づき”ロジカル・シンキングのススメ メルマガ540号より)

 

 

【好評発売中!】
『ちょロジ ニュースで学ぶ7
つの思考法』(パブラボ刊)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4434176552/bloglogcom-22/ref=nosim/

【よかったらメルマガ読者登録お願いします♪】
(パソコンでアクセスしている方)

author:有賀正彦, category:一般コラム, 07:55
comments(0), trackbacks(0), - -
PCの不具合

JUGEMテーマ:日記・一般

 

PCの調子が悪くなりました。

理系出身なのですが、アナログ人間なので、設備類、特にパソコンに不具合が出たときは、大変困ります。

 

まず、なんといっても仕事が止まってしまいます。

今の時代、連絡手段も、仕事の報告書作成も、調べ物をするにしても「パソコン」を使いますから、動かないと何もできないわけです。

 

ネットカフェなど、パソコンが使用できる環境に移動しても、今度は、使いたいデータがサーバーにアクセスできない。

アクセス権がないからです。

 

パソコンに関しては、とりあえず、一度、アンインストールして、再インストールして、というような作業を繰り返して、最低限の使える状態に復旧しましたが、既定値の設定が変わっていたりして、使いにくくてストレスが溜まります。

何か、対策を考えねば、です。

 

話は変わって、「設備繋がりの話題」ですが、車を入れ替えてから初の「給油」をしました。

給油すると、走行距離計をゼロにセットしなおしますが、しようとして「?」と気づきました。

前のユーザーが、「ジャスト8万キロ」になったときに距離計をゼロにして、それ以来、リセットしていないようで、通算走行距離が「87×××」という数字になっていたのです。

でも、これでは、ガソリンを給油するたびに、メモしなければ、燃費がわかりませんので、リセットするのを少し躊躇しましたが、ゼロにしました。

 

それと、ナビゲーションシステムを今までのものより、やや高いものに入れ替えた(メーカーは一緒)のですが、びっくりすることがありました。

それは、ある行先をセットしたところ「道路が無いためルートを検索できませんでした」という表示が出たのです。

性能がおそらく悪いであろう前に使っていたナビでもその行先には何度もセットしているのですが、しっかり「ルート検索」してくれました。

仕方がないので、その行先に1キロ弱の距離のガソリンスタンドを目的地にするとルートを表示してくれました。

 

レンタカーを含めて今までの経験では、もし、そのような近隣にナビに登録された道路が無くても、住所から予測?して近い場所(アバウトな場所)までの案内はちゃんとルート検索されました。

「正確なルートが割り出せないから表示しません」というナビのスタンスなのかもしれないですが(笑)少々びっくりでした。

 

びっくりといえば、マンションの火災検知器の年次点検があり、なかなか「反応」しないので、検査員の方にお聞きすると「このタイプは70℃にならないと検知しないので、時間がかかるんです」とおっしゃる。

その時は、ふーん、と聞き流しましたが、よくよく考えると「70℃に室温がなるまで火災と認識しないって、すごくない?!」と思いました。

暖房のつけっぱなしで、仮に40℃になることはあったとしても、50℃になることは設備的にまずないでしょう。

せめて、60℃ぐらいで火事と認識(検知)しないと、在宅中でない場合の火災は検知が遅くなってしまうのかもしれませんね。

(※ 自分を変える“気づき”ロジカル・シンキングのススメ メルマガ541号より)

 

 

【好評発売中!】
『ちょロジ ニュースで学ぶ7
つの思考法』(パブラボ刊)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4434176552/bloglogcom-22/ref=nosim/

【よかったらメルマガ読者登録お願いします♪】
(パソコンでアクセスしている方)

author:有賀正彦, category:一般コラム, 13:50
comments(0), trackbacks(0), - -
通算3度目の着順1位

JUGEMテーマ:日記・一般

 

先週の話ですが、55日は、日刊豊平川マラソン(10キロとハーフは陸連公認)に参加してきました。

先週は、風邪で数日うなされ、熱が下がったっと思ったらひどい寝違えを発症し、気がめいって何もできない日々が続きました。

 

したがって、5日の当日は、近所の河川敷がハーフマラソンのコースなので、知り合いの応援に行って帰宅し、じっくり養生する予定でした。

 

しかし、起床して、応援準備をしていたら、「せっかくエントリーした3キロファンランぐらいは走って来よう」と考え、急いでランニング姿に着替え、会場に向かいました。

会場に到着すると、スタート時間の約15分前。

通常のレースなら、できるだけ前に並ぶために、スタート1時間前には整列しているので、超ゆっくりの準備です。

 

スタート整列に向かうと、参加者はめっちゃ少ない(笑)

これなら、スタート2分前でも大丈夫です。

(あとで、エントリーリストをチェックしたら45人で出場40人でした)

 

準備体操もしていなかったし、腰痛の影響で3月上旬以来、1歩も走っていないので、ほぼ最後尾からスタートしました。

「ファンラン」といっても、エントリーは「中学生以上部門」なので、高校生や明らかに20代の人もいますでの「飛び出す人がいるんだろうな」と思って後方待機したのです。

しかし、500mも走ると、前を走っていた選手は、全員脱落し、先導する自転車の真後ろを走ることになりました(笑)

 

それにしても、走っていないため&体重が1年前より6キロも増量しているため、ぜいぜいです。

「キロ6分ぐらいで軽く汗をかいてあとは友達の応援をしよう」と考えていたのですが、先頭に立ってしまったので、ペースを落とすわけにはいきません。(結果的には、自動的に落ちていましたが)

 

途中、北海道ランニング界のレジェンドランナーの方がコースにいて「ファンランで本気出してる」とからかいの声援をうけつつ、競技場へ。

競技場手前で、先導自転車に「ここで曲がると距離が短いのでは?」と思い確認しましたが、「OK」というので、そのまま走りました。(私のGPS時計では約200m不足)

ゴール100mぐらい手前で、ものすごい勢いで抜いて行かれた若者がいらしたので、「種目が違うランナー?」と思いましたが、念のためゴール手前で抜き返し、ゴール。

 

ファンランは表彰もなく、「結果がわからなかった」のですが、後日、友人(べろんべろん王子)から「おめでとうございます」のメールが。

ネットで競技結果を確認すると「着順1位」だったようです。

(タイムは同タイムでしたので、まさに鼻の差(チップを付けている足の差)です)

◆第29回日刊豊平川マラソン(3キロファンラン中学生以上部門)201755

 

これまで、公認、非公認を合わせて、200以上のマラソン大会に参加しましたが「1位」とか「優勝」となると私のような凡人市民ランナーには、ほぼ縁がない話で、過去に以下の2回しかありません。

◆第8回知多半島1周ウルトラ遠足(50キロ40代部門)2014427

◆第26回たきかわコスモスマラソン(10キロ40代〜60代部門)201497

 

出場部門もタイムも恥ずかしい結果ですが、走力&体力&気力がなくなり走らなくなった時に振り返る記憶として、いい思い出になったことは間違いないです。

 

 

 

【好評発売中!】
『ちょロジ ニュースで学ぶ7
つの思考法』(パブラボ刊)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4434176552/bloglogcom-22/ref=nosim/

【よかったらメルマガ読者登録お願いします♪】
(パソコンでアクセスしている方)

author:有賀正彦, category:一般コラム, 16:15
comments(0), trackbacks(0), - -
りんか&あんなちゃん

JUGEMテーマ:日記・一般

 

双子タレントといえば、古くは、ザ・ピーナッツさんやおすぎとピーコさんですが、若いタレントさんだと「マナカナ」こと三倉茉奈さん三倉佳奈さんや美人モデルの蛯原友里さんとベビーマッサージで有名な蛯原英里さんでしょうか。

 

以前、テレビで紹介されていた「眼鏡でぱっつん前髪の女の子」がチャームポイントの5歳の双子「りんか&あんな」ちゃんが、今、テレビCMSNSで人気急騰中だそうですね。

私は、テレビCMで観たことがありましたが、「どこかのタレント事務所に所属しているふたごだろう」と勝手に思っていたのですが、実は、タレント事務所には所属していない「素人さん」だそうですね。

 

ただ、シロウトといっても、CMやテレビ、本も出しているというから、実質上は「フリーランスのタレントさん」ですよね。

下世話な話ですが、テレビ出演のギャラは、「タレントと一般人(文化人)」では、月とスッポンだそうです。

タレントの「格」にもよるでしょうけれど、感覚的には、おそらく「10倍」はギャラが違うでしょう。

 

さて、「りんか&あんな」ちゃんは、誕生日が、2011527日だそうです。

つまり、現在、5歳であと3週間ほどで満6歳です。

したがって、来年の今頃は小学1年生ですね。

 

チャームポイントとなっている「眼鏡」ですが、3歳から乱視と遠視の矯正用にかけているそうで、お母さんが、「メガネに合うコーディネイト」を工夫して、インスタグラムにアップしているうちに、フォロワーが増えて、今では、56万人を超えているそうです。

 

ご存知のように、タレントさんとは「旬」がありますし、「大手芸能プロダクション」に所属して、強力にバックアップされたとしても、一生、スタートして輝き続けられる人は、ひと握りでしょう。

そう考えると、長い目で考えれば、フリーランスでインスタやブログで人気が出て、CMスポーンサーなどに「起用したい!」と見つけてもらって、「りんあんコーデを本にして紹介したい」というプロデューサーに見出されて、イベントを開催して結果として稼ぐ、という現在のスタイルでOKなのかもしれないですね。

 

インスタグラム

https://www.instagram.com/matsuko0621/?hl=ja

 

ブログ

http://lineblog.me/rinkanna/

 

それにしても、月並みですが、何がきっかけで、人気がでるかわからない時代ですね。

 

 

【好評発売中!】
『ちょロジ ニュースで学ぶ7
つの思考法』(パブラボ刊)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4434176552/bloglogcom-22/ref=nosim/

【よかったらメルマガ読者登録お願いします♪】
(パソコンでアクセスしている方)

author:有賀正彦, category:一般コラム, 16:08
comments(0), trackbacks(0), - -
寝違えの原因と対処法

JUGEMテーマ:日記・一般

 

今週は、体調不良の悲しい週となってしまいました。

週末に、原因不明の喉痛とそれに伴う発熱が発生。

数日寝こみ、そして、その後は、極度の寝違えが発生。

からだがしんどい(今も)です。

 

ご存知の方も多いと思いますが、「寝違え」とは、

『睡眠中に同じ姿勢をとり続けてしまったことが原因で、首の筋肉に負担がかかり、炎症が起こり、強い痛みがある状態』

をいいます。

 

ふだんから、「寝違えやすいタイプ」ですが、通常は、「首が痛くで、前や横、後ろに首を傾けにくい」程度で、2〜3日もすれば、自然に痛みが和らぎます。

しかし、今回は、

・容易に起き上がることができない

・首を前にも後ろにも横にも倒すことがしんどい

・すでに4〜5日経過しているが、いまだに痛い

という状況です。

 

ネットで「寝違え」について調べてみると、統計的には、12月、1月、3月、4月に多く寝違えが発生しているそうです。

理由は、忘年会や新年会、歓送迎会があるため、深酒になり、酔ったまま寝ることが多くなるからだそうです。

 

酔って寝ると、眠りが深くなり、寝返りの回数が減り、要は、無理な姿勢を長時間取り続けて、首に負担がかかりまくるからだそうです。

確かに、私にしては珍しく、飲み会の機会が多かったので、それは言えるかもしれません。

 

ネット検索して、いろいろ調べた結果、寝違えの対処法は、症状の程度にもよるようですが、

◆安静にして炎症箇所を冷やす

◆痛みが激痛でなければからだを温める

◆可能な範囲で違和感のある箇所をストレッチする

という方法がセオリーのようです。

 

こうして、コラムを書いているうちに、自然と和らいでくれるといいのですが。。。

ちなみに、喉痛&発熱時に、最小限で使用したつもりの風邪薬の影響で、例によって、鼻の下に肌荒れが発生です。

一難去って(寝違えの痛みはまだ緩和してませんが)また一難、困ったものです。

(※ 自分を変える“気づき”ロジカル・シンキングのススメ メルマガ540号より)

 

【好評発売中!】
『ちょロジ ニュースで学ぶ7
つの思考法』(パブラボ刊)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4434176552/bloglogcom-22/ref=nosim/

【よかったらメルマガ読者登録お願いします♪】
(パソコンでアクセスしている方)

author:有賀正彦, category:一般コラム, 13:03
comments(0), trackbacks(0), - -
車の入れ替えと健康診断

JUGEMテーマ:日記・一般

 

会社名義の車をちょうど12年ぶりに入れ替えました。

(※入れ替え前の車両は、平成9年式で走行距離約25万キロのトヨタラウムです)

 

入れ替えにあたって、12年前からお世話になっているクルマ屋さんにお願いしたのは、

・価格が安いこと(当然、中古車になります)

・今乗っているクルマと同程度の仕様であること

4WD仕様であること

・車検登録から10年前後で、走行距離が10万キロ未満のもの

・できれば前のオーナーが禁煙者だったこと

・ハッチバック式

・車体の色は問わない

です。

 

結果的には、車検を新規に通して、車両整備もそれなりに万全に施してもらい、ナビもそこそこのものをつけたので、トータルとしては、片手2桁以上になりましたが、納車された車(平成17年式のトヨタカローラランクス、走行距離約89千キロです)を見て「想像以上にキレイ」でびっくりしました。

 

以前の車も、結果的には12年間で、「ぶつけた、こすった」ということはなく、自然劣化を除いて「無傷」でしたが、車体をぴっかぴかにしてもらったので、「傷をつけられないなぁ」と感じ、以前より丁寧に扱いそうです。

クルマに関しては、よく、車好きの知り合いに叱られますが、扱いが「雑」なんですよね。

車内は清潔にしていますが、冬場の雪下ろしの際は、プラスチック製のシャベルで、ガシガシ雪を落とすので、まわりで雪下ろしを観ている人からは「クルマにキズがつかないの?大丈夫?」という目でいつも見られています。

 

また、滅多に洗車しないので、どんどん塗装の光沢がなくなっていきます。

「クルマは元気に走ればいい派」なので、「見た目のきれいさについては愛情のかけ方が薄い」のかもしれません。

 

ちなみに、入れ替える前の車は、車検が約1年残っていることもあり、ある方に譲り(形式的には売却)、札幌市内のどこかを今も元気に走っているそうです。

 

それと、毎年4月の恒例行事は、健康診断です。

結果的には、今年も、医学的には「無事」でした。

しかし、1年前と比較して、体重は5キロ増、体脂肪率も6%上昇で、まだまだ年齢的な平均値よりは下回っていますが、要は、ブヨブヨしてきてしまいました。

また、いつも、健康診断の希望者が受けられる「体力測定」も併せて受けました。

 

3年ほど前にスキーで左親指を突き指して以来、握力が全盛期より10キロ以上落ちていましたが、今回はプチ復活。

(握力は右57.5キロ、左55キロ(40代平均は48キロ)、30秒腹筋回数24回(40代平均は18回)、前屈(体が硬くてやばいです)8.5センチ。)

腰痛を直して、ランニングも早く再開して、デブからの脱却を図りたいですが、まだまだ、それは先かなぁ(汗)

(※ 自分を変える“気づき”ロジカル・シンキングのススメ メルマガ539号より)

 

【好評発売中!】
『ちょロジ ニュースで学ぶ7
つの思考法』(パブラボ刊)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4434176552/bloglogcom-22/ref=nosim/

【よかったらメルマガ読者登録お願いします♪】
(パソコンでアクセスしている方)

author:有賀正彦, category:一般コラム, 18:10
comments(0), trackbacks(0), - -
逆柱(さかさばしら)

JUGEMテーマ:日記・一般

 

木造建築を勉強された方なら常識ですが、日本の木造建築における俗信のひとつに「逆柱」という考え方がある。

 

逆柱とは、

「木材を建物の柱にする際、木が本来生えていた方向と上下逆にして柱を立てること」

(※ウィキペディアより)

をいいます。

 

日本では、太古より、逆柱にされた木は、夜中になると家鳴りを起こしたり、家運を悪くする、火災など災いや不吉な出来事を引き起こすと言い伝えられており、忌み嫌われているそうです。

 

しかし、世界遺産や国宝に指定されているような重要文化財級の建築物には、わざと「逆柱」にしている例があるそうです。

 

有名な逆柱の事例は、「日光東照宮の陽明門」です。

12本の柱のうち、1本だけ、彫刻の模様が逆向きになっている柱があり、それが「逆柱」だそうです。

「逆柱」に技とした理由は、

『建物は完成と同時に崩壊が始まる』

という昔からの言い伝えを逆手にとって、わざと柱を未完成の状態にしているわけで、要は「魔除けの意味」があるようです。

 

私は、日光東照宮には、記憶があるだけでも2回、もしかしたら、34度訪問していますが、全くこのことの知識がなく、気にすることなく、陽明門を通過していました。

日光東照宮に次回、行くチャンスがあったら、陽明門の逆柱をチェックしてこようと思います。

 

それにしても、建築物だけでなく、人間も、社会システムも「完全無欠」(何をもって完全無欠とするか難しいですが)であることは「崩壊の始まり」なのかもしれません。

安倍内閣は、「一強他弱時代」になり、大臣や副大臣、政務官の失言問題や不倫騒動など「気のゆるみ」が出ているといわれています。

しかし、良し悪しは別にして、現与党に変わって政権を担う対抗野党も見当たらないことから、適度にほころびがでるぐらいの方が、その都度、引き締めが図られるわけで、「適度に穴を作っておく」ことで、まだまだ、長期政権が続くということのような気がしますね。

 

【好評発売中!】
『ちょロジ ニュースで学ぶ
7
つの思考法』(パブラボ刊)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4434176552/bloglogcom-22/ref=nosim/

【よかったらメルマガ読者登録お願いします♪】
(パソコンでアクセスしている方)

author:有賀正彦, category:一般コラム, 13:42
comments(0), trackbacks(0), - -
レンタカーは「禁煙車」設定が基本となっている

JUGEMテーマ:日記・一般

 

仕事やレジャーでレンタカーを使用する機会が増えました。

昔は、移動を手段を「車なら車」、「公共交通機関にするなら鉄道やバスやタクシーのみ」と「車か公共交通機関か」を完全に区分けしていました。

しかし、目的地周辺までの移動は、新幹線や特急の方が断然楽で、現地での移動でレンタカーを使用する方が便利だし、楽なので、最近は、ミックスして使用する機会が増えました。

 

話は少しそれますが、そう考えると、首都圏や地方都市近郊のように通勤通学で大量輸送が必要な地域を除き、鉄道輸送は、新幹線や特急中心の移動手段となり、バスでの代替輸送が可能な地域はどんどん、鉄道網は「撤収」ということになるのでしょうね。

 

私は「鉄道旅が大好き」なので、寂しい限りですが、「卵が先か鶏が先か」ではないですが、ほとんどのローカル鉄道が「乗客が少ないから本数が減る→不便だから車を利用する→さらに本数が減る・・・」という負のスパイラルに陥っていると思います。

現に、私も昔はあんなにもローカル線の旅が好きだったのに、現地でのあまりにも不効率な移動に根を上げて、最近では、「現地での移動はレンタカー」を選択するぐらいですからね。

 

さて、話をレンタカーの話題に戻しますが、先月(20173月)にレンタカーを借りたら、なんと「まっさらさらの新車」でした。

メーターを見ると「3キロ」となっており、スタッフさんに聞くと「本日納車されたばかりの正真正銘の新車です」という。

 

今までの、レンタカーは、のべ100回以上借りていると思いますが、「走行距離が500キロ未満」というたぶん、借り手としたら3〜4人目というケースは多々ありましたが、メーターがヒトケタの車に乗るのは初めてです。

マイカーのケースも、今までに、人生で合計7台の車を購入していますが、新車は1台だけであとはすべて中古車なので、本当に珍しいケースでした。

 

車の技術的なことはわかりませんが、一昔前なら、「新車=慣らし運転が必要」という時期があり、エンジンの回転数や速度を抑えて走り、エンジン、ミッション、サスペンションなどの可動部分をよりスムーズにしてあげることで、燃費が向上し、パワーアップして性能向上・維持が図ることができるというアレです。

でも、最近の新車には「新車の慣らし運転=不要」らしいですね。

 

月並みな感想ですが、やはり新車はいいですね。

最近のレンタカーは、とっても清潔に保たれていますが、それでもエアコンをつけると「あれ?これ禁煙車なのに、タバコくせー」というものもありますが、まっさらさらの新車ですから、そういう臭いトラブルもありません。

 

それにしても、最近のレンタカーは、「禁煙車が基本」で、「喫煙車は一応用意してある」というレベルだそうですね。

中古車をたくさん購入してきた歴史を振り返ると、昔は、前のオーナーがタバコを吸っていると、慣れるまで、「耐えられない臭い」がありましたが、最近は、そんなにひどくありません。

 

ビジネスホテルは、まだまだ喫煙室がかなりの割合を占めていますが、新しく建設するビジネスホテルは思い切って「全室禁煙」にして、喫煙は「喫煙ルームのみ」にしてほしいと思います。

火災の予防対策にもなるし、清掃コストも長期的にはかなり削減できるはずです。

 

会社名義の車は、近々入れ替えするので、「臭い問題」は、またあらためてレポートしたいと思います。

 

【好評発売中!】
『ちょロジ ニュースで学ぶ
7
つの思考法』(パブラボ刊)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4434176552/bloglogcom-22/ref=nosim/

【よかったらメルマガ読者登録お願いします♪】
(パソコンでアクセスしている方)

author:有賀正彦, category:一般コラム, 10:32
comments(0), trackbacks(0), - -
フレッシュマンと若かりし頃の反省

JUGEMテーマ:日記・一般

 

新年度が始まり、街に「フレッシュマンが溢れている」光景を目にするシーズンです。

フレッシュマンとわかるのは、

◆スーツがまだ板についていない点

◆駅などに集団でいる点

◆ラッシュ時間帯の電車の乗り方に慣れていない点

などです。

 

自分も約25年前は、そうだったわけですが、見ていて初々しいですね。

ただ、私が新入社員だった政府系外郭団体は、純粋な意味での新卒は10数名で、中途採用者も含めて、同期は、20人弱。

音頭取りをする同期もいなかったので「新入社員だけでの飲み会」はしなかったので、「同期の結束力や強い交流」という経験が薄いです。

したがって、居酒屋で、明らかな「社員研修終了後に新人だけでの飲み会」というシーンを見ると、「うらやましいなぁ」と感じます。

 

フレッシュマン話題から少しそれますが、若いころの私は、「自分に厳しく、他人にはもっと厳しく」だった気がしています。

仕事に慣れてくると、一緒に仕事をしている、特に事務サポートのスタッフには小さなミスを結構、責め立てました。

当時の自分としては「責めているつもりはなく注意しているだけで、強烈に怒っている」つもりは全くありませんでした。

 

しかし、私の顔の特性なのか、気分を害しているときや怒っているときの表情が、普段の表情と相当落差があるようで、他人からは「怖い」と捉えられていたようです。

年を重ねるたびに、「仕事はチームワーク」がよく身に染みて認識でき、今までの行動を反省し、意識的に態度に気を遣うようになりましたが、今考えると、若いころの「やっちまった」系の思い出です。

 

ネットの芸能ニュースを見ていたら、アラフォーのバイプレーヤーである女優の佐藤仁美さんについての記事がありました。

彼女も、今では、ドラマの名脇役としての地位を確立し、「途中下車の旅」のような「ぶらり系レポート」や「ぶっちゃけ大酒飲みキャラとしてのバラエティ番組」でも輝きを発揮しています。

しかし、清純派女優として活躍していた10代後半から20代前半時代に、高飛車で天狗のような態度でスタッフに嫌われ、20代後半からは仕事が激減したそうです。

 

転機は、「足繁く通った新宿二丁目のゲイバーのママに影響を受けたこと」だそうです。

人に好かれることを一切気にせず、己の道を貫いて、自由に生きているママの生き様に大きな影響を受けた「あるがままでいいのだ」という自己肯定感を獲得したというのです。

 

限られた人生、やり直しがきくうちに、過去の自分の問題点に気づき、反省してモデルチェンジすることは、月並みですが、本当に大事なことだと思います。

(※ 自分を変える“気づき”ロジカル・シンキングのススメ メルマガ537号より)

 

 

【好評発売中!】
『ちょロジ ニュースで学ぶ
7
つの思考法』(パブラボ刊)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4434176552/bloglogcom-22/ref=nosim/

【よかったらメルマガ読者登録お願いします♪】
(パソコンでアクセスしている方)

author:有賀正彦, category:一般コラム, 06:36
comments(0), trackbacks(0), - -
似て非なる食べ物

JUGEMテーマ:日記・一般

 

雑誌を見ていたら、「もりそば」と「ざるそば」の違いは「海苔の有無ではない」とあった。

蕎麦屋に行くと、「海苔付が食べたいなぁ」という思いがあって、「ざる」を注文しますが、たいていは、50100円価格が、「もり」より「ざる」が高いです。

だから、ずっと、「もり」と「ざる」の違いは、海苔の差、と思っていました。

 

しかし、そもそもは、「もりそば」は、「かけそば」以外の総称なのだそうです。

ちなみに、

「かけそば」

→そばを器に入れて、熱い汁をかけたもの

「もりそば」

→そばつゆや薬味を別盛りにして、ざるや皿、せいろなどの器にそばを盛っただけのもの

だそうです。

 

つまり、そばは「かけ」か「もり」に分かれ、「もり」の中の「ざるに盛られたそば」が「ざるそば」なんだそうです。

へぇ〜(笑)

 

その他に、違いがわかりにくい食べ物に、

「おかゆ」「雑炊」「おじや」「リゾット」がありますね。

こちらは、

 

「おかゆ」

→ご飯を炊くのと一緒の方法で、水の分量を多くし、米から炊いたもの

 

「雑炊」

→ご飯に出汁や具を入れて煮込んだもの

要は、米から炊くとおかゆ。炊いてできたご飯に出汁や具を入れて煮込むと雑炊です。

「おじや」は、地域や家庭で区別がある場合もありますが、明確な違いの基準はなく、「雑炊」も「おじや」も基本は同一だそうです。

 

「リゾット」

→米を洗わずに、オリーブオイルやバターで炒め、白ワインや出汁を入れて炊いたものがリゾット。

作り方としては、煮込み、水分が無くなってきたら追加して、お米がアルデンテ状態になるまで煮るのがポイントだそうです。

 

その他にも挙げていくと、チャーハンとピラフ、スクランブルエッグと炒り卵・・・などいろいろありますが、意外と調べてみないと違いが分からないものですね。

(※ 自分を変える“気づき”ロジカル・シンキングのススメ メルマガ505号より)

 

 

 

【好評発売中!】
『ちょロジ ニュースで学ぶ
7
つの思考法』(パブラボ刊)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4434176552/bloglogcom-22/ref=nosim/

【よかったらメルマガ読者登録お願いします♪】
(パソコンでアクセスしている方)

author:有賀正彦, category:一般コラム, 09:18
comments(0), trackbacks(0), - -