RSS | ATOM | SEARCH
菅義偉首相の唯一の著作“政治家の覚悟”の旧版価格が爆上げしている

JUGEMテーマ:ニュース

 

2020年10月20日に、菅義偉首相の「唯一の著作」である「政治家の覚悟」(文藝春秋)の改訂版が発売されるそうです。

 

各メディアによれば、

・菅義偉首相は野党時代の2012年3月に単行本「政治家の覚悟」を発刊した

・改訂版は、「政府があらゆる記録を克明に残すのは当然」と記述された章は削除

・公文書管理の重要性を訴える記述を削除し、官房長官時代のインタビューを追加

・官房長官時代は、「モリカケ」「桜」「コロナ」等の詳細な議事録がなく批判された

と報じています。

 

菅首相の著作の初版を私は読んでいませんが、初版には、

・旧民主党政権が東日本大震災時、会議で十分に議事録を残していなかったことを批判

・政府があらゆる記録を克明に残すのは当然で、その作成を怠ったことは国民への背信行為

と主張していたのですから、まさに官房長官時代は「ブーメラン」だったわけです。

 

しかし、今回、管氏が、首相になったことで、2012年に発刊された著作が注目されたわけですが、モリカケ等の疑惑をメディアや野党から追及された時に、どうしてメディアや野党は、この「政治家の覚悟」の記述を取り上げて、「言っていることとやっていることが違うじゃないか」と追求しなかったのでしょう。

 

レベルは違いますが、私も本を出しているので、実感しますが、本を出して主張しても、よっぽどの話題作にならない限り、「他人は人の主張に関心がないんだな」と思います。

管氏のような総務大臣経験のある野党国会議員(当時)でも、このようなありさまですから、一般人の私が主張していることなど、ほとんど誰も読んでいないし、読んでいても、その経緯や真意は、半分も伝わっていないんだろうな、と思います。

 

それにしても「政治家の覚悟」の旧版(初版本)ですが、メルカリ、ヤフオクでチェックすると、高いですね〜。

私がチェックした時点で、安くても6500円、高いと1万円以上の値がついています。

改訂版で削除された部分が、世間の関心のポイントでもあるので、まだまだ、旧版の価格はつり上がるでしょうね。

 

【好評発売中!】
『ISOの復権 マネジメントシステム認証制度が社会的価値を持つために必要なこと

(ブイツーソリューション刊)

http://www.v2-solution.com/booklist/978-4-434-26285-2.html

 

“できるビジネスマンのマネジメント本”(玄武書房)

https://www.amazon.co.jp/dp/4909566066/

 

【よかったらメルマガ読者登録お願いします♪】
(パソコンでアクセスしている方)

http://www.mag2.com/m/0000218071.html
(携帯でアクセスしている方)
http://mobile.mag2.com/mm/0000218071.html
Twitter:https://twitter.com/ariga9001

author:有賀正彦, category:ニュースを題材にした話, 09:25
comments(0), -, - -
Comment