RSS | ATOM | SEARCH
昭和レトロ自販機も“絶メシ”化す日は近い?!

JUGEMテーマ:ニュース

 

2020年9月16日付の産経新聞が、

「香美・国道9号沿いのうどん自販機いよいよピンチ 製造から40年以上、部品なく」

という見出し記事を報じていました。

 

記事によれば、(※記事をもとに筆者が概要を記載)

・香美町村岡区の国道9号沿いに各種自動販売機コーナーがある

・自販機コーナー「コインスナックふじ」は、全国的にも珍しい昭和製のうどん自販機がある

・2020年の夏、この自販機が大きな故障に見舞われた

・幸い修理が完了し、9月13日から販売を再開した

・「故障中」は大勢の“うどん自販機ファン”から復旧を待望する声が相次いだ

・オーナーは「40年以上休まず動いている。代替部品もなく今度はいつ動かなくなるか」心配

・自販機コーナーはオーナーの父親が昭和51年にオープンした

・うどん自販機は大手電器メーカー製のものを開業当初に新品で導入した

・現在は1杯300円で販売しており、1日約15杯分を朝にセットしている

・オーナーが自販機の点検がてら、うどん入り容器を補充している

・同型の自販機は昭和50年代前後に約20年間製造された(現在は生産中止)

・「全国から食べにくる」人気ぶりで、関西風の自家製だしも好評

・土、日曜日には最大30杯が売れる

・年代物のため、これまでも小さなトラブルはあった

・今回の故障は8月末にめんを冷やすメインの冷蔵機能が初めて故障した

・代わりの部品が製造されていないため、修理業者を探すのに時間がかかった

・「近くには大手コンビニ店もあり、自販機だけの営業は厳しい」

・「うどん自販機が支持されていることが改めて分かった。これからも大切に守りたい」

・・・

ということだそうです。

 

ウェブサイト、「懐かし自販機 最新稼働状況完全リスト」

http://jihanki.michikusa.jp/working.html

によると、2020728日現在、稼働が確認されている「昭和レトロ自販機コーナー」は全国に53店舗あるそうです。

内訳は、

・めん類自販機:64

・バーガー:11

・トースト:16

・弁当等(弁当、ボンカレー、味噌汁):9

です。

 

「懐かしの昭和自販機コーナー」が数多くある地域は「群馬県」で11店舗も稼働しているそうです。

自販機コーナーの北限は「岩手県」で残念ながら、北海道にはありません。

産経新聞の記事で紹介されていた店舗は、国道沿いのいわゆるロードサイドです。

昭和時代は、コンビニエンスストアや国道沿いの「道の駅」はあまり整備されておらず「ドライブイン」と書かれた看板エリアにピットインすると「食堂」や「自販機」が立ち並んでいました。

私は当時、こうしたドライブインに入ってもジュースを買う程度で、「うどんやそばの自販機」はよく見かけましたが、利用したことは、ほとんどありませんでした。

 

レトロ自販機が設置された現存する店舗は、ロードサイドのドライブインやコインランドリーにあるようです。

しかし、現在は、これだけコンビニが全国各地にあるので、ドライブの休憩はコンビニに入るし、コインランドリーも待っている間は暇ですが、なかなか「自販機のうどんを食べる」機会は少ないのかもしれません。

 

 

ただ、50歳を過ぎて、「昭和時代のレトロなもの」に哀愁を感じるようになりました。

自販機の標準耐用年数がどのぐらいかわかりませんが、仮に、昭和51年製造のものだとすれば、現在44年目です。

昭和、平成、令和とこんなにも長い間、頑張って稼働している自販機が愛おしいんですよね。

直近では、20193月に高知県にある「コインスナックプラザ」に訪問してきました。

このときは、「うどんの自販機」、「ラーメンの自販機」、「トーストの自販機」を利用しました。

価格的には、300円前後なので、コンビニでカップ麺を購入して、お湯をもらえば、コンビニの方が若干安上がりですが、「懐かしさ」とあいまって、おいしく感じました。

 

ただ、自分が自販機コーナーのオーナーだったら、「閉店」しているだろうな、と思います。

軽食の自販機は、毎朝、食材をセットしなくてはいけないし、おそらく、清掃作業も大変です。

そう考えると、現在、稼働している店舗経営者には、頭が下がる思います。

しかし、店舗はほとんどが個人店なので、「部品問題」もありますが、数年すると「絶メシ」(オーナーの高年齢化や後継ぎ問題などで、時代とともになくなっている"絶やすには惜しすぎる絶品グルメ")となってしまうんだろうな、と思います。

 

【好評発売中!】
『ISOの復権 マネジメントシステム認証制度が社会的価値を持つために必要なこと

(ブイツーソリューション刊)

http://www.v2-solution.com/booklist/978-4-434-26285-2.html

 

“できるビジネスマンのマネジメント本”(玄武書房)

https://www.amazon.co.jp/dp/4909566066/

 

【よかったらメルマガ読者登録お願いします♪】
(パソコンでアクセスしている方)

http://www.mag2.com/m/0000218071.html
(携帯でアクセスしている方)
http://mobile.mag2.com/mm/0000218071.html
Twitter:https://twitter.com/ariga9001

author:有賀正彦, category:ニュースを題材にした話, 12:11
comments(0), -, - -
Comment