RSS | ATOM | SEARCH
宝塚音楽学校が改善する不文律

JUGEMテーマ:ニュース

 

2020年9月11日付の朝日新聞デジタルが、

「阪急電車への一礼、やめます 宝塚音楽学校が不文律廃止」

という見出し記事を報じていました。

 

この報道によれば、

・タカラジェンヌを養成する宝塚音楽学校が、生徒間に受け継がれてきた不文律をなくした

・上級生が下級生を一対一で指導する「伝統」も廃止した

・伝統の多くは、下級生に負担が生じていた

・不文律は、先輩が利用する阪急電車への一礼、先輩への過度な提出物など

・しかし近年、行きすぎた指導や、ハラスメントに対する社会の目は厳しくなっている

・副校長は「気質も変わっており、自主性を尊重しつつ、時代にあわせて改善する」としている

・宝塚音楽学校は2年制で各学年に40人在籍し、上級生は「本科生」、下級生は「予科生」

・予科生は朝の校内掃除が日課となっており、個々の予科生が掃除場所を分担

・前年の担当者だった本科生が一対一で掃除方法から生活態度まで指導してきた

・学校側が調べたところ、予科生の一部に、過度な提出物が課せられていた

・また、5年ほど前から、学校生活に関する質問などを本科生に提出する慣習ができていた

・書く量が多いほど評価される面もあり、睡眠時間を削ってノートを書いていた予科生もいた

・このノートをやめさせ、寮内での午前0時消灯を徹底

・一対一の指導も昨年春に廃止した

・校内掃除は、グループで担当する方法に変えた

・・・

そうです。

 

明文化された「宝塚音楽学校のマナーや生活習慣」ならともかく、不文律というのは、宝塚に限らず、多くの場合「伝統」、「慣習」という名目でごまかされてしまいますが、「因習」であることが往々にしてあります。

 

ちなみに、辞書の定義では、

◆伝統:ある社会で、思想・習慣・技術・しきたりなど、規範的なものとして受け継がれたもの

◆慣習:ある社会で古くから受け継がれてきている生活上のならわし

◆因習:昔から続いてきているしきたり。主によくない意味に使う

となっていて、「伝統と慣習、因習」は、大雑把に言えば、似たような概念です。

ただ、この違いは何かといえば、因習には「よくないしきたり」という意味があります。

 

つまり、人は社会の中で生きるものですから「よい習慣、悪い習慣」の基準は「現世における価値観」によって決められるものだと思います。

したがって、宝塚音楽学校に例えれば、

・宝塚音楽学校の生徒としてあるべき姿

・宝塚音楽学校の生徒が身につけるべき生活マナー

を育成する上で、現代社会において不条理かつ、価値を持たないやり方は、あらためることは、当然でしょう。

 

また私の経験則ですが、「教育・指導」という点において、本科生と予科生の「マンツーマン指導」は、お互いの相性や感性がピタッとハマった時は「よい師弟関係」になりますが、そうでない場合は、現代社会でいう「パワハラ」になり、心の病から体調を崩すことは必至です。

したがって、記事では、宝塚音楽学校は、「清掃はグループで担当する方式に変えた」とありますが、おそらく「生活態度の教育」も「グループ指導」に改善したのではないかと思います。

 

記事によれば、副校長は、「自主性を尊重しつつ、時代にあわせて改善する」とおっしゃっていますが、不文律の伝統や慣習、またはそれらの指導方法について、宝塚音楽学校として「いまの方法論は望ましくなく改善する必要がある」という点について、継続的に本科生、予科生への聞き取りや面談を実施し、また、現状の指導効果と現代の価値観を考慮して、最適化を図って行くことが、熱狂的なファンだけでなく、地域社会にも愛される生徒づくりであり、正しい学校組織の運営ではないかと思います。

 

【好評発売中!】
『ISOの復権 マネジメントシステム認証制度が社会的価値を持つために必要なこと

(ブイツーソリューション刊)

http://www.v2-solution.com/booklist/978-4-434-26285-2.html

 

“できるビジネスマンのマネジメント本”(玄武書房)

https://www.amazon.co.jp/dp/4909566066/

 

【よかったらメルマガ読者登録お願いします♪】
(パソコンでアクセスしている方)

http://www.mag2.com/m/0000218071.html
(携帯でアクセスしている方)
http://mobile.mag2.com/mm/0000218071.html
Twitter:https://twitter.com/ariga9001

author:有賀正彦, category:ニュースを題材にした話, 09:45
comments(0), -, - -
Comment