RSS | ATOM | SEARCH
ポスト安倍候補、岸田文雄氏は、消費税率低減反対派

JUGEMテーマ:ニュース

 

2020年8月6日付の時事通信社の報道で、

「消費税「下げるべきでない」 自民・岸田文雄政調会長インタビュー」

という見出し記事が報じられていました。

 

記事からポイントを抜き出すと、(筆者が一部編集)

・自民党の岸田文雄政調会長は、消費税率について「下げるべきではない」と述べた

・コロナ禍で国民の協力、一体感を引き出すことができるリーダーが求められている

・新型コロナの影響を考えると、格差はより深刻な状況にある

・もうけ第一主義ではなく、環境や地域貢献、人を重視する「新しい資本主義」を目指すべき

・中間層への分配は世界的な課題だが、分配のありようについても考えていく

・消費税を10%に引き上げるだけで、どれだけの年月と努力が求められたか

・社会保障の充実が言われている時に、この基幹税を軽減することはいかがなものか

・日本も思い切って財政出動を行うことは大事

・日本の政治を考える際に東京の机の上ではなく、地域の雰囲気を五感で感じる必要がある

・・・・・

といったことを時事通信のインタビューで答えられたようです。

 

日本の政治に求められるのは、

・内需拡大

・社会保障の充実

・所得・資産の格差是正(貧困化対策)

・利権政治と利権構造の解消

・少子化対策

などです。

 

コロナ禍で、経済は停滞しているはずなのに、日経平均株価は、それほど下落していない。

つまり、実体経済と株価が連動していないのです。

要は、一般論として、株を保有する富裕層はさらに富み、労働収入だけに頼っている多くの中間層以下は、どんどん生活が苦しくなっているという状況です。

 

したがって、内需を拡大するためには、大幅な減税が有効です。

また、消費が伸びないのは、将来に対する不安があるから、できるだけ貯めこもうとするからです。

年金生活になっても安心して暮らせ、病気や事故など、日常生活に支障をきたしても安心して暮らせ、老々介護や家族に障害や病気で介護が必要になっても、そのために仕事を辞めるようなことがない社会が実現することが、政治の役目でしょう。

 

最近、ポスト安倍を意識して、テレビ出演の機会が増えている岸田氏ですが、どうも、出演するたびに、国民の人心は離れて行っているように思います。

 

【好評発売中!】
『ISOの復権 マネジメントシステム認証制度が社会的価値を持つために必要なこと

(ブイツーソリューション刊)

http://www.v2-solution.com/booklist/978-4-434-26285-2.html

 

“できるビジネスマンのマネジメント本”(玄武書房)

https://www.amazon.co.jp/dp/4909566066/

 

【よかったらメルマガ読者登録お願いします♪】
(パソコンでアクセスしている方)

http://www.mag2.com/m/0000218071.html
(携帯でアクセスしている方)
http://mobile.mag2.com/mm/0000218071.html
Twitter:https://twitter.com/ariga9001

author:有賀正彦, category:ニュースを題材にした話, 13:05
comments(0), -, - -
Comment