RSS | ATOM | SEARCH
ALS患者嘱託殺人事件により“死ぬ権利”の議論は深まるだろうか

JUGEMテーマ:ニュース

 

2020年7月23日付の読売新聞が、

「ALS患者に薬物投与、嘱託殺人容疑で医師2人逮捕…SNSで知り合い「安楽死」か」

という見出し記事を報じていました。

 

記事によれば、

・京都市で昨年11月、在宅介護を受けていた女性(当時51歳)が搬送先病院で死亡

・女性は、難病の筋萎縮性側索硬化症(ALS)で24時間体制で介護を受けていた

・京都府警は7月23日、女性から依頼を受けて薬物を投与し殺害した容疑で医師2人を逮捕

・医師は、仙台市内の開業医(42)と東京都内の医師(43)

・2人の意志は女性の主治医ではなく、SNSを介して女性と知り合ったとみられる

・昨年11月、女性は意識を失っている状態で見つかり、搬送先の病院で死亡が確認された

・通報を受けた京都府警が調べたところ、体内から薬物が検出された

・防犯カメラ映像などから2人が特定された

・女性は周囲に「安楽死させてほしい」と話していた

・ALSは体を動かすための神経に異常が生じ、全身の筋肉が動かせなくなる進行性の難病

・最終的に呼吸が難しくなり、人工呼吸器を使わなければ生存期間は2〜5年

・ALSの根本的な治療法は見つかっておらず、国内の患者数は9805人(2018年度末時点)

だそうです。

 

23日のお昼近くに、スマホにこのニュースが入り、すぐに記事を読んで、率直に「難しい問題だな」と思いました。

詳しい要件は、わかりませんが、安楽死は、

・医師が倫理的に妥当な方法で行う

・病院の倫理委員会などの判断を経て行う

といった方法では認められているようです。

今回は、主治医ではなく、倫理委員会を経ていない、病院ではなく自宅で薬物を投与された、女性から対価(現金)をもらっていた・・・といった状況から、現状では「嘱託殺人」という「罪」に問われることは否めないでしょう。

 

しかし、自分が、この女性の立場だったら。。。と考えると、仮に、経済的に介護費用や生活費に問題が無くても、

・24時間体制で介護を受けている

・どんどんからだのコントロールが効かなくなる

・現在の医学では、治る見込みがない

・・・

といった状況は「絶望」でしかありません。

社会環境や常識が時代とともに変わると、それにともない社会ルールは変わり私が子供のころと比べると女性の社会進出向上、労働環境の改善やそれらを取り巻く法律は相当変わったように思います。

しかし、「死」に関してはまだまだ保守的です。

今回の事件が「死ぬ権利」についての議論が深まる機会になることを期待します。

 

【好評発売中!】
『ISOの復権 マネジメントシステム認証制度が社会的価値を持つために必要なこと

(ブイツーソリューション刊)

http://www.v2-solution.com/booklist/978-4-434-26285-2.html

 

“できるビジネスマンのマネジメント本”(玄武書房)

https://www.amazon.co.jp/dp/4909566066/

 

【よかったらメルマガ読者登録お願いします♪】
(パソコンでアクセスしている方)

http://www.mag2.com/m/0000218071.html
(携帯でアクセスしている方)
http://mobile.mag2.com/mm/0000218071.html
Twitter:https://twitter.com/ariga9001

author:有賀正彦, category:ニュースを題材にした話, 15:53
comments(0), -, - -
Comment