RSS | ATOM | SEARCH
五輪種目における採点競技の客観性・公平性確保

JUGEMテーマ:スポーツ

 

2020年7月9日付の日刊スポーツが、

「スケート連盟、4回転ジャンプ基礎点変更を正式撤回」

という見出し記事を報じていました。

 

記事によれば、(記事から抜粋)

・国際スケート連盟(ISU)は、4回転ジャンプの基礎点変更を撤回した

・4回転の基礎点変更は、2020−21年シーズンから適用すると一時発表していた

・この結果、2019年5月に最終更新された19−20年シーズンの基礎点が維持される

・最高難度の4回転ルッツの基礎点を11.50から11.00に下げていた(撤回)

・4回転ループは10.50から11.00に上げていた(撤回)

・11.00の4回転フリップは維持され、計3本の4回転ジャンプが同じ基礎点に(撤回)

・4回転ループは、羽生結弦選手が2016年9月に世界初成功

・4回転フリップは、2016年4月に、宇野昌磨選手が世界で初めて跳んでいた

・・・

ということだそうです。

 

ジャンプについては、4回転といっても、種類によって難易度の違いがあるそうなので、基礎点に違いがあるのは当然です。

また、一般的に考えられる難易度と個々の選手ごとの得意不得意は、少なくともフィギュアスケートの場合、違うようです。

つまり、私は、

・ISUが基礎点を決め、場合によって見直しをするのは当然

・現状の選手の得意不得意を意識して点数を変更するのはおかしい

と考えます。

 

技術を習得するには時間がかかりますから、基礎点を決めたなら、例えば、五輪の開催頻度である「4年」を最低基準として、コロコロ変更しないことが大事だと思います。

 

今回の「基礎点を元に戻す」で、懸念されるのは、

・自国の選手のためにルール変更に圧力をかけた(例;ロシア)

・ジャッジの裁量が大きい

ことです。

 

前者の「自国の選手に有利」については、論外ですが、GOE(出来栄え点)が大きく左右する採点は、客観性、公平性に欠ける採点です。

現在、国際体操連盟は体操競技の採点で「AI自動採点システム」を採用しているそうです。つまり、AIにより、ひねり技などの出来栄えを判定するシステムです。

しかし、ISUでは、いまだに「人の目」で出来栄え点を判定しています。

1演技の中で何度も出来栄え評価する技があり、それを瞬時に判断するのは、いくらその競技に精通して採点になれていたとしても、採点者の場所や選手の見える角度によって、同じ審判でもばらつきが出るはずです。

どこかの体育大学の研究者が実験しているかもしれませんが、大会で実際に判定されたフィギュアの出来栄え点を、画像処理して、誰の演技なのか特定できないようにして、複数の審判に採点させたら、実際の点数と差が結構出るのではないかと思います。

 

選手たちが、どんなに頑張っても、強豪国の有力者の発言に左右される採点基準では、選手が哀れです。

客観性、公平性に欠く採点競技であれば、スケートファンはもちろん、一般からも「採点によって結果が大きく左右される競技でしょ」とメダリストになっても価値は下がるし、ファンも離れると思います。

少なくとも五輪種目は、競技団体にすべてを任せるのではなく、他の競技団体との相互監視システムが必要ではないかと思います。

(※ 自分を変える“気づき”ロジカル・シンキングのススメ メルマガ706号より)

 

【好評発売中!】
『ISOの復権 マネジメントシステム認証制度が社会的価値を持つために必要なこと

(ブイツーソリューション刊)

http://www.v2-solution.com/booklist/978-4-434-26285-2.html

 

“できるビジネスマンのマネジメント本”(玄武書房)

https://www.amazon.co.jp/dp/4909566066/

 

【よかったらメルマガ読者登録お願いします♪】
(パソコンでアクセスしている方)

http://www.mag2.com/m/0000218071.html
(携帯でアクセスしている方)
http://mobile.mag2.com/mm/0000218071.html
Twitter:https://twitter.com/ariga9001

author:有賀正彦, category:スポーツ・芸能に関する話, 09:46
comments(0), -, - -
Comment