RSS | ATOM | SEARCH
主語が欠落するメールやリスナーのコメント

JUGEMテーマ:日記・一般

 

緊急事態宣言が出され、外出自粛期間中は、テレビの報道は「新型コロナ関連一色」でしたし、ドラマは撮影がストップし「再放送特別番組」ばかり。

最初は、いち早く新型コロナに関する情報を知るため、ニュースや情報番組をハシゴしてみていましたが、徐々に食傷気味になりました。

そこで、YouTube、インスタライブ、ツイキャス、17Liveといった「配信」を視聴する機会が増えて行きました。

 

配信の最大の特徴は、視聴者(リスナー)が、即時に感想を配信者に文字で伝えることができることです。

ライブ配信を視聴していて、すぐに気づいたことは、

・配信者は、よく、多くのリスナーからのコメントを瞬時に上手くさばくなぁ

・リスナーのコメントはどうしても主語が無くなるよなぁ

ということです。

 

私は、ネットで配信者となったことがないので、想像ですが、一般的なテレビ番組や講演会では、話し手は視聴者や受講者に対して、一方的にものごとを伝えます。

しかし、配信では、視聴者が、コメントできるので、配信者は、そのコメントを元に、番組を進めます。

もちろん、視聴者からのコメントは一切スルーして、一方的に歌ったり、主張を展開することも可能ですが、それでは、なかなか多くの視聴者は獲得できないでしょう。

 

ちなみに、私の視聴スタイルは、

・配信者とリスナーで会話が盛り上がっている時はおとなしくしている

・配信者がネタに困った時は、コメントを挟む

・他のリスナーが番組を盛り上げている時は、労いのコメントを入れる

・流れ作業でできる仕事(例:会計処理や書類整理)はラジオのように聞く

・集中しなければできない仕事の時は、無音で視聴したり、無言でサイトから落ちる

といった感じです。

 

配信を見ていると、「これから仕事に行くので落ちます」、「移動中なのであとでお邪魔します」と配信者に状況をお知らせするリスナーさんが多いです。

私も、当初は、会話が盛り上がっている時に、突然いなくなるのは失礼かな、と思って挨拶していた時も有りました。

しかし、あるシンガーソングライターさんの配信で「自分語りは必要ない」、「聞きたくなったら来てくれればいいし、忙しかったらだまって落ちてくれればいい」とおっしゃっていて、「そりゃそうだよな」と思いました。

 

もちろん、配信者の中には、「誰かに話を聞いてもらいたい」、「かわいい、きれい・・・と褒めてもらいたい」・・・といった「構ってちゃん」系の配信者もいるでしょう。

しかし、配信者とリスナーは「1対1」ではなく「1対多数」ですし、「配信したいからしている」というスタンスの配信者が多いので、リスナーも礼節を持った言動に心掛けあとは「自由」でいいわけです。

 

よく、配信者が一方的に自分の主張を話し続けている番組があります。

リスナーからコメントが入るのですが、バッサバッサと否定するのです。

 

私は、この時、「配信者」さんは、

・配信者の方が、立場が強いことを理解しているのかな?

・リスナーは、中途半端でしか、意見できないんだけど・・・

と思わずにいられません。

 

というのも、配信者は、「会話」で語れますが、リスナーは「文字入力」です。

一般的には、話す方が書くことより何倍も速いので、情報量は、話す人の方が圧倒的に多い。つまり「立場が強い」わけです。

一方、リスナーは、配信者の発言に即対応するとしても、丁寧に状況説明する時間が無いので、「主語が無い不十分な主張」となります。

そうなると、配信者は、リスナーの主張を「誤解して理解」したり、「言ってる意味が分かんないんですけど」と反応するケースがありますが、「どう考えても配信者の方が立場が強い」ので、その辺を理解して配信して欲しいのです。

 

ただ、リスナーの中にも、酷い人はいます。

「コメントをスルーされた」、「誤解して酷い」と配信者を傷つけるようなコメントをする人です。

配信経験のある知人に聞くとこうしたコメントは、「結構、傷つく」そうです。

配信は「1対1」ではなく「1対多数」ですから、リスナーが多ければ、送ってくれたコメントすべてを読むことはできないし、悪気はなく読み飛ばしてしまうこともあるでしょう。

 

いずれにせよ、メディアが、かつてのラジオ、テレビ主体からインターネットの出現により、SNSやネット配信へと広がってきた今、「配信の特性」を知らないで参加すると、配信者もリスナーもストレスを抱えることになるでしょう。

 

話題は少し変わって、ウェブ会議やLINEなどでは、

「発せられた言葉がどういう感情で送られてきたのか」

がよくわからないという問題があるようです。

最近、iPadを使い始めた甥と姪(小学校3年生と1年生)から、しょっちゅうメールが送られてきます。しかし、こちらが想像しないと「意味不明な文章(笑)」ばかりです。

例えば、甥は「今日も負けた」と送ってきますが、「プロ野球のジャイアンツファン」であることを私が知っているから返信メールが書けますが、普通なら「何が負けたの?」という返信を書くことになるでしょう。

 

先日、多人数で参加しているウェブ会議で、一部の人で議論が展開されている時に、傍でそのやり取りを見ていた私は「議論がかみ合っていないな」と感じたことがありました。

 

イメージがわきやすいように、一般的な事例を挙げると、「気の置けない」は、

・気を使ったりする相手ではない

・警戒しなければならない

という全く逆の意味で使うケースがあります。

 

商談ごとの話題で、「A社のB部長は気の置けない人だから」と話し手が語った時に、前提として、「話し手とB部長が以前、ある会社でライバル関係だった」という背景が会議の参加者全員が知っていれば、後者の意味で捉えるでしょう。

しかし、会議に出ていた人が、それを知らなければ「話し手とB部長は仲がいいんだ」と誤解して捉えるでしょう。

 

ものごとをスピーディに進める時、また、関係者のコンテクストが高いと思っていると、ついつい、会話から主語欠落し、説明不足になります。

ことばによっては、全く別の意図になることも、理解しておかないととんでもないことになるので、気を付けたいですね。

(※ 自分を変える“気づき”ロジカル・シンキングのススメ メルマガ704号より)

 

【好評発売中!】
『ISOの復権 マネジメントシステム認証制度が社会的価値を持つために必要なこと

(ブイツーソリューション刊)

http://www.v2-solution.com/booklist/978-4-434-26285-2.html

 

“できるビジネスマンのマネジメント本”(玄武書房)

https://www.amazon.co.jp/dp/4909566066/

 

【よかったらメルマガ読者登録お願いします♪】
(パソコンでアクセスしている方)

http://www.mag2.com/m/0000218071.html
(携帯でアクセスしている方)
http://mobile.mag2.com/mm/0000218071.html
Twitter:https://twitter.com/ariga9001

author:有賀正彦, category:一般コラム, 11:26
comments(0), -, - -
Comment