RSS | ATOM | SEARCH
ファミリーマートの“フラチキ”と“ファミチキ”

JUGEMテーマ:日記・一般

 

今さらですが、ファミリーマートの“フラチキ”と“ファミチキ”の違いを知りました。

「そんなことも知らなかったの?」

という声が多そうですが、

「フラチキもファミチキも一緒じゃないの?」

という方もわずかにいるかもしれないことに期待して(笑)、結論から説明すれば、

◆フラチキ:フライドチキン(愛称フラチキ)は「骨付きチキン」

◆ファミチキ:骨なしチキン

のことを指します。

 

私は、「鶏肉好き」なので、比較的、出張中にコンビニで「フライドチキン」を購入する機会が多いです。

しかし、「骨付き」は、ゴミが出るので、宿泊先のホテルの部屋が臭くなるのを恐れ、自然と「骨なし」を購入しています。

したがって、「ファミチキ」に「骨なしと骨付きの2種類」があると勘違いしていました。

 

ちなみに、ファミリーマートのフラチキは、「沖縄県発祥」だそうです。

沖縄県のファミリーマートの本部運営をしているのは「沖縄ファミリーマート」です。

ウェブで会社の沿革を調べると、1987年に設立されています。

確か、設立当初は、本州のファミリーマートと同じ商品アイテムを揃えていたはずです。

 

詳しいことはわかりませんが、ここからはよくある話で、沖縄県のファミリーマートの売上がイマイチ伸び悩み、沖縄ファミリーマートは、「県民が本当に望んでいる商品は何か」という点を調査研究したそうです。

要は「地域密着型商品」の開発ニーズが発生したわけです。

 

その結果、2000年頃に、今では本州のファミリーマートでも見かける「ポーク玉子」や「油味噌おにぎり」などの商品を開発し、いまでは「逆輸入」されています。

その商品開発の過程で、「フライドチキン(骨付き)」が開発されたそうです。

沖縄の祝い事では「ヤギ汁」や「豚肉料理」のイメージが内地人にはありますが、沖縄では日常的に「フライドチキンを食べる」習慣があったそうです。

しかし、例えば、学校帰り、仕事帰りに気軽に購入できるお店がない。

そこで、コンビニ商品として開発したそうです。

 

それにしても、ファミリーマートの契約がどのようになっているのかわかりませんが、商品開発権をエリアフランチャイズ本部である沖縄ファミリーマートに、ファミリーマート本部が許可したことが、沖縄のファミリーマートが成長した大きな理由のひとつであることは、間違いないでしょう。

 

なお、沖縄では、骨なしのファミチキより骨付きのフラチキの方が、人気が高いといわれています。

沖縄出張の際に、ファミマの店員さんに、チキンの売れ行きは、どっちが多いですか?と直接聞いてみたいと思います。

 

【好評発売中!】
『ISOの復権 マネジメントシステム認証制度が社会的価値を持つために必要なこと

(ブイツーソリューション刊)

http://www.v2-solution.com/booklist/978-4-434-26285-2.html

 

“できるビジネスマンのマネジメント本”(玄武書房)

https://www.amazon.co.jp/dp/4909566066/

 

【よかったらメルマガ読者登録お願いします♪】
(パソコンでアクセスしている方)

http://www.mag2.com/m/0000218071.html
(携帯でアクセスしている方)
http://mobile.mag2.com/mm/0000218071.html
Twitter:https://twitter.com/ariga9001

author:有賀正彦, category:一般コラム, 15:38
comments(0), -, - -
Comment