RSS | ATOM | SEARCH
2020年7月1日からスタートするレジ袋有料化の動向

JUGEMテーマ:ニュース

 

経済産業省のウェブサイトに、

「2020年7月1日よりレジ袋有料化がスタートします」

というタイトルの広報ページがあります。

https://www.meti.go.jp/policy/recycle/plasticbag/plasticbag_top.html

 

本コラムでも何度か触れていますが、この制度の狙いは、

(※経産省のウェブページより、筆者編集)

・プラスチックはあらゆる分野で私たちの生活に貢献している

・しかし、廃棄物・資源制約、海洋プラスチックごみ問題、地球温暖化などの課題もある

・私たちは、プラスチックの過剰な使用を抑制し、賢く利用していく必要がある

・そこで全国でプラスチック製買物袋の有料化を実施する

・普段何気なくもらっているレジ袋を有料化し、本当に必要かを考えていく

つまり、この制度は「私たちのライフスタイルを見直すきっかけ」とすることにあります。

 

この制度の対象となる事業者は、「プラスチック製買物袋を扱う小売業者すべて」で、経産省のウェブページの解説によれば、

例)製造事業者や卸売業者が、製品をショッピングモールや百貨店で販売する場合

例)美容サロンで、美容グッズを販売する場合

は対象となるそうなので、要は、「本業は製造業等、小売業以外の別事業であっても、小売販売を実施していれば対象となる」のです。

 

したがって、新型コロナの影響で2020年3月以降、飲食店における持ち帰り(テイクアウト)販売が増えましたが、事業としては「飲食業」でも、テイクアウト販売は「小売業」という分類で捉え、対象となるのでしょう。

 

なお、この制度では、以下の条件に当てはまるものを「有料化の対象外となる買い物袋」としています。

1)プラスチックのフィルムの厚さが50マイクロメートル以上のもの

→繰り返し使用が可能であるため、プラスチック製買物袋の過剰な使用抑制に寄与する

2)海洋生分解性プラスチックの配合率が100%のもの

→微生物によって海洋で分解されるプラスチック製買物袋は、海洋プラスチックごみ問題対策に寄与する

3)バイオマス素材の配合率が25%以上のもの

→植物由来がCO2総量を変えない素材であり、地球温暖化対策に寄与する

 

確かに、上記1)におそらく該当するであろう衣料品店や本屋さん、空港のお土産物屋さん(BLUE SKY(JAL系)、ANA FESTA(ANA系))で買い物をした時に入れてくれる厚手のプラスチック製の袋は、出張先で手荷物が増えた時や着替えを入れるために、私は常にキャスターバックに4〜5枚折りたたんで入れてボロボロになるまで使用するので、「繰り返し利用」しまくっています。

 

しかし、1分1秒が貴重な駅構内にあるキオスク等で、

・レジ袋の要不要を店員さんに伝えるプロセス

・両手に持ちきれないほどの品物を購入したが「レジ袋不要」とした場合

は、余計な時間がかかるので、私が、レジ待ちをしている客だった場合は、相当「イライラする」だろうな、と思います。

 

また、2020年6月3日付の読売オンラインでは、

「コンビニ3社は、7月1日からレジ袋1枚3円」

とすることに決定したそうです。

記事によれば、3社(セブンイレブン、ファミリーマート、ローソン)は、バイオマス素材配合30%以上のレジ袋を使用するそうなので、経産省の説明では「有料化の対象外となる買い物袋」です。

有料化の対象外なのに、有料化とする理由は、「消費者にマイバッグの持参を促し、環境負荷の軽減を目指す」ことのようですが、そうであれば、

・マイバック持参専用レジ

・マイバック利用者が商品を詰める専用台

といった準備をしなければ、レジ待ちの客は、イライラすること確実です。

コンビニは「スーパーより割高だけど、気軽に入って、短時間でパッと用事を済ます」ことが利用者にとっての一番の魅力です。

したがって、今までの店内レイアウトやレジ打ち体制で「客と店員のプロセス(活動)が増えることは、「サービス低下」なのです。

 

マイバック推進のために、「一律3円」とコンビニ3社が足並みをそろえたことは、環境負荷軽減社会のためには評価(当然)できますが、それにともなうリスク想定と対応策をどのように取っているか、7月以降チェックしてみたいと思います。

単に「レジ袋一律3円の有料化」をしただけでは、衛生面、商品の品質面、サービス面のクレーム含め数々の問題が発生すると思うので、今後のコンビニの動向に注目したいと思います。

 

そういえば、コンビニ業界第4位のミニストップでは、千葉市内にある2店舗で、「千葉市が指定する可燃ごみ袋(10・8円/枚)をレジ袋として使用する実験」をしていたはず(実験期間:3月2日から5月31日まで)です。

個人的には、「レジ袋がゴミ袋として利用できて、便利なので良いサービス」と思っていたので、ミニストップの取組結果も知りたいところです。

 

【好評発売中!】
『ISOの復権 マネジメントシステム認証制度が社会的価値を持つために必要なこと

(ブイツーソリューション刊)

http://www.v2-solution.com/booklist/978-4-434-26285-2.html

 

“できるビジネスマンのマネジメント本”(玄武書房)

https://www.amazon.co.jp/dp/4909566066/

 

【よかったらメルマガ読者登録お願いします♪】
(パソコンでアクセスしている方)

http://www.mag2.com/m/0000218071.html
(携帯でアクセスしている方)
http://mobile.mag2.com/mm/0000218071.html
Twitter:https://twitter.com/ariga9001

author:有賀正彦, category:ニュースを題材にした話, 09:58
comments(0), -, - -
Comment