RSS | ATOM | SEARCH
マスクの品薄解消とパソコンの顔証

JUGEMテーマ:ニュース

 

2020年5月27日付の朝日新聞デジタルが、

「マスク値崩れ、50枚1300円「赤字」 1カ月で激変」

という見出し記事を報じていました。

 

記事によれば、

・品薄が続いていたマスクが徐々に大手のスーパーやコンビニで見かける機会が増えた

・繁華街では、4月に異業種が続々とマスク販売を開始し、マスクビジネスが活況だった

・5月下旬の東京・大久保では1カ月前は3500円前後だったが50枚で1300円になっていた

・(記者の取材中)マスクを買う人はほとんどいないようだった

・男性店員は「仕入価格が高かったので価格を下げられない。赤字で売ることもある」とこぼす

・その他の店舗では50枚で2千〜3千円と先月より1千〜1500円ほど安かった

・韓国コスメを扱う店の男性店員によると、5月に入ってほとんど売れなくなったという

・上野のアメ横商店街では、居酒屋など約20店でマスクを扱っていた

・値段は50枚入りで1600〜4千円ほどだった

そうです。

 

通称「アベノマスク」は、ようやく、多くの国民の手元に届きつつあるようですが、政府の発表だと、全世帯に配り終えるのは、6月末になる見込みだそうです。

私は、外出時にマスクをつけるようになったのは、2月下旬以降と比較的、遅かったですが、元々「ガーゼマスクが2枚、使い捨ての不織布マスクが4〜5枚」あったので、ニュースで「マスクがどこにも売っていない」と報道されていても、全く慌てていませんでした。

 

しかし、3月に北海道で緊急事態宣言が出され、「こりゃ長期化するからマスクが足りない」と思ってドラッグストラ、コンビニ、スーパーをまわりましたが、どこにもない。

そこで、ネットで探すと、「100枚4000円(送料込み)」(納品は3〜4日後)があり、3月下旬には、マスクは十分に調達していました。

 

時間のある人は、朝からドラッグストアやスーパーに並んで購入したと思いますが、たぶん、仕事をしている人は、多くの人が「ネットショッピング」で各自、調達していたのではないでしょうか。

 

そのように考えると、医療機関、飲食店などビジネス上、一般人より遥かにマスクを使用する必然性があるところへの品薄は深刻であったものの、ほとんどの一般人にとっては、「ネットで購入すれば何の問題もないのに、多くの世帯で5〜6月に配達されるアベノマスクに何の意味があるの?」という想いではないでしょうか。

ちなみに、数日前の状況ですが、私の近所のドラッグストアでは、いまは、普通に店内在庫がありました。

 

話しは、がらっと変わって、・・・マスクといえば、私はパソコンのログイン画面が「顔認証」です。

顔認証のための「パソコンへの顔登録」は、「メガネなし」でした。

しかし、「メガネを掛けていても」顔認証はされます。

また、「メガネなしでマスク着用」でも顔認証されます。

私は、仕事でよく会う人がマスクをしていたら、印象が違って一瞬「誰だか分らなかった」のですが、「顔認証システム」は、ちゃんと見分けるので、すごいですね。

 

【好評発売中!】
『ISOの復権 マネジメントシステム認証制度が社会的価値を持つために必要なこと

(ブイツーソリューション刊)

http://www.v2-solution.com/booklist/978-4-434-26285-2.html

 

“できるビジネスマンのマネジメント本”(玄武書房)

https://www.amazon.co.jp/dp/4909566066/

 

【よかったらメルマガ読者登録お願いします♪】
(パソコンでアクセスしている方)

http://www.mag2.com/m/0000218071.html
(携帯でアクセスしている方)
http://mobile.mag2.com/mm/0000218071.html
Twitter:https://twitter.com/ariga9001

author:有賀正彦, category:ニュースを題材にした話, 12:27
comments(0), -, - -
Comment