RSS | ATOM | SEARCH
柴田淳さんの24時間ライブ配信

JUGEMテーマ:日記・一般

 

シンガーソングライターの柴田淳さん。

ご存知の方も多いと思いますが、私が、柴田さんの歌を最初に聞いたのは、2002年10月にリリースされた「片想い」という作品です。

たぶん、はじめて聞いたのは、リリース直後ではなく、2003年とか2004年頃に車の運転中にカーラジオから流れてきました。

当時は、「歌ネット」や「うたまっぷ」といった歌詞のフレーズを、ネット検索で調べることができるサービスがなかったので、柴田さんの名前を認識したのは、さらに後のことです。

 

柴田淳さんのコアなファンの方には「違う」と言われてしまうかもしれませんが、私の中での「柴田淳」評は「女性の感情をえぐるように歌詞にされ、聞きやすいメロディと歌唱力で魅せる本格化シンガー」です。

 

1ヶ月ほど前に、たまたまツイキャスを見ていたら「柴田淳」のタイトルがついたライブ配信を見つけました。

「えっ、まさか、ご本人??」と思ってライブ配信に訪問すると、柴田さん本人が配信されていました。

 

柴田さんのライブ配信の特徴は、

・基本的に顔出ししない

・画面は、基本的に、柴田さんの写真が映されている

・話題によっては、自宅などのリアル画像(例:ごはん)が映される

・視聴者目線で、感覚的には、「深夜ラジオ」を聞いている感じ

・柴田さんの気分次第の気まぐれ配信で、時間帯と時間は決まっていない

・どんな時間に配信してもコアなファンが多く、視聴者数が大きく増減しない

・柴田さんが話している話題に合わないコメントはスルー

・空気を読めないコメントにはガチで怒る

・視聴者は勝手に訪問、配信者は勝手にしゃべりたいテーマをしゃべる、が基本

・場が不穏な空気になったときは、「柴田さんの恋バナ」を振ると急に明るくなる

・結構、政治など時事ネタについても忖度なく発言する

・話題が非常に豊富

・・・

といった点が挙げられます。

 

ツイキャスを視聴されている方はご存知のように、ライブ配信は、最大4時間です。

30分までは、誰でも配信でき、その後は、コンティニューコインを視聴者が投入しなければ、配信が一旦途切れる仕組みです。

柴田さんのライブ配信は、本人が「そろそろ今日は止めるね」と言わない限り、最長の「4時間」(通称、完走)配信になります。

今週は、ツイキャスの「最大24時間ライブ配信(申込制)」のキャンペーン期間中で、柴田さんは、特に告知もなく深夜1時ごろに配信開始し、24時間配信を達成されました。

途中、6時間ぐらいの「しばじゅんさんの睡眠タイム」がありましたが、起床、食事、郵便局など外出・・・と「ほぼ丸1日の密着ラジオ」です。

私は、開始直後とお昼前後、夕方から配信終了までを視聴したが、話題が豊富なので、仕事のメールを返信したり、原稿の手直しなど「ながら」で飽きることなく聞けちゃうんです。

 

私は、無音、無照明で寝られるタイプですが、人によっては、ラジオのボリュームを最小にして就寝されるかたも多いようです。

そんな方には、ツイキャス( https://twitcasting.tv/ )で「自分の趣向にあった声質や話題のライブ配信」を見つけて聞くのもいいかもしれません。

(※ 自分を変える“気づき”ロジカル・シンキングのススメ メルマガ699号より)

 

【好評発売中!】
『ISOの復権 マネジメントシステム認証制度が社会的価値を持つために必要なこと

(ブイツーソリューション刊)

http://www.v2-solution.com/booklist/978-4-434-26285-2.html

 

“できるビジネスマンのマネジメント本”(玄武書房)

https://www.amazon.co.jp/dp/4909566066/

 

【よかったらメルマガ読者登録お願いします♪】
(パソコンでアクセスしている方)

http://www.mag2.com/m/0000218071.html
(携帯でアクセスしている方)
http://mobile.mag2.com/mm/0000218071.html
Twitter:https://twitter.com/ariga9001

author:有賀正彦, category:一般コラム, 08:41
comments(0), -, - -
Comment