RSS | ATOM | SEARCH
新型コロナ後の企業は工夫だけでは乗り越えられない産業も増える

JUGEMテーマ:ニュース

 

2020515日付の毎日新聞が、

「観光バス車内で一人カラオケ」 コロナ苦境のバス会社が発案 新潟」

という見出しの記事を報じていました。

 

記事によれば、(以下、筆者要約)

・新潟第一観光バスは、県内の学校送迎や校外学習、県外への合宿の送迎が主な業務

3月の休校措置でスクールバスはなくなり、4月からは県外への送迎もほぼゼロ

・売り上げは前年同期から約95%落ち込んだ

11人いる従業員は2月後半から自宅待機中

・経費を抑えるため、国土交通省の特例措置を使い、バス9台を9月末まで休車扱い

・特例による休車扱いは、保険、車検や3カ月点検などの法定検査が免除になる

7月からは校外学習の予約などが入っているが、県外の往来は運行できない

・バス会社は休業要請の対象ではなく、県や市の休業協力金は出ない

・同社の小林常務が発案したのが、「観光バス内での一人カラオケ」

・カラオケ店などが休業しており、バスのカラオケ機器で一人2時間限定

・予約は電話での完全予約制で、無料で歌ってもらう

・小林常務は、「事態が収束したら、また乗車してほしい」との想い

だそうです。

 

うーん、小林常務の取組みと「事態が収束したら乗車して欲しい」という気持ちは嬉しいですが、この状況はすぐには変わらないと思うので、時間の問題のように思います。

 

知り合いの運送会社の経営者に直接聞いた話ですが、路線バス会社は、大丈夫だが、観光バスは壊滅的だそうです。

確かに、普通に考えれば、緊急事態宣言が解除されても、多くの人は「ウイルスとの共生社会確立に向けて、慎重に行動する」でしょうから、「観光産業」が元に戻るのは、相当時間がかかるでしょう。

内部留保があって、体力のある観光バス会社はともかく、体力のない会社は、国交省の特例があっても、持ちこたえることはほぼ無理でしょう。

 

ただ、前述した運送会社の経営者の話では、「観光バスの運転手が一般貨物輸送の業界に流れてきている」そうです。

近年は、タクシー、バス、宅配、一般貨物など運送業界のドライバーは「全体的に不足傾向」でした。

働き方改革もあって、勤務時間体制に余裕を持たせる必要が生じ、仕事量は増えているのに、募集してもドライバーが集まらなくて仕事のできるドライバーの取り合いが起きていたそうです。

 

緊急事態で多くの産業が、ほとんど止まっていますが、生活維持産業は動いているので、製品の供給者と受給者をつなぐ物流産業は、仕事量は減っていますが、休業とは無縁の世界なのです。

ふつうに考えれば、観光バス産業は、ドライバーを一部解雇し事業縮小するか、別の許認可を受けて新規事業に取り組むしかありません。

 

ちなみに、札幌のタクシー業界は、「札幌出前タクシー」(通称:食べタク)サービスの実証実験が2020417日から始まっています。

しばらく様子見として、食べタクの実証実験をするとともに、雇用調整助成金等で経営をつなぐとしても、観光だけでなく、タクシーは、仕事のリモートワーク化も進むことが予想されるので、今後仕事量は減少し、現状態勢のままでは窮地に立たされるでしょう。

 

AIによって10年後には「なくなる仕事」、「なくならない仕事」が経済紙等で発表され、自動運転化で、輸送産業も縮小することは予想されていましたが、まさか、こんなにも急に変革の必要性が訪れるとは。。。

東日本大震災の時に「いつ何か起きるかわからない」と実感したはずなのに。

今度こそ、真剣に「いざ」を考えて組織のトップは経営しないとまずい時なのでしょう。

(※ 自分を変える“気づき”ロジカル・シンキングのススメ メルマガ698号より)

 

【好評発売中!】
『ISOの復権 マネジメントシステム認証制度が社会的価値を持つために必要なこと

(ブイツーソリューション刊)

http://www.v2-solution.com/booklist/978-4-434-26285-2.html

 

“できるビジネスマンのマネジメント本”(玄武書房)

https://www.amazon.co.jp/dp/4909566066/

 

【よかったらメルマガ読者登録お願いします♪】
(パソコンでアクセスしている方)

author:有賀正彦, category:ニュースを題材にした話, 09:21
comments(0), -, - -
Comment