RSS | ATOM | SEARCH
ロシアは新型コロナ感染者数は世界3番目であるが死亡率は世界平均よりかなり低い

JUGEMテーマ:ニュース

 

2020511日付のロイターの報道で、

「ロシアのコロナ感染者、世界で3番目の多さに 1日で1.1万人増」

という記事が報じられていました。

 

記事では、

(以下、筆者が記事より要約)

511日にロシアで新型コロナウイルス感染者の累計が221344人となった

・公表されている感染者数では、イタリアとイギリスを抜いて世界で3番目に多い

・感染者が過去24時間で11656人増え、1日当たりの増加数がこれまでの最多

・感染者と死者の半数以上がモスクワに集中している

・モスクワの11日の新規感染者は6169人増加し、累計で115909

・ロシア国内の死者は94人増えて、累計で2009

・ロシアはPCR検査を累計560万件以上実施している

・・・

と報道していました。

 

単純計算ですが、上記数字より

・検査実施数当たりの陽性率:約4%

・感染者数あたりの死亡率:約0.9%

なので、511日時点の日本の死亡率と比較すると、

・感染者数(クルーズ船含む):16680

・死亡者数(クルーズ船含む):670

・感染者数あたりの死亡率:約4%

となり、日本における死亡率はロシアより相当高いことになります。

 

もちろん、日本の場合は、これまで「37.5℃が4日」という検査実施の目安があったので、周知のとおり、検査者数が抑えられてきたのは明白なので、「徹底して検査しまくる」という方針のロシアより日本の検査実施数当たりの陽性率(※筆者は日本の最新データを確認できていません)や死亡者率が高くなるのは当然かもしれません。

 

ちなみに、ざっくりした数字ですが、(※筆者算出)

「人口10万人当たりのこれまでの検査実施件数」

・ロシア:約3700

・日本:約188

「人口100万人当たりの死者数」

・ロシア:約13

・日本:約5

・世界平均:約36

となるので、「数字上」では、日本とロシアの100万人当たりの死者数は、世界的に見て、相当低水準といえるでしょう。

 

「感染者数は検査者実施基準の設定や検査キャパシティに因る」ところが多いので、「あてにならない数字」だが、「死者数はごまかしようがない」から「信頼性の高い数字」と一般的には言われています。

もちろん、単なる肺炎死と考えられていた人がPCR検査を実施しておらず実は、新型コロナ感染者だったという例もあるとは思いますが、何百単位で死者数に誤差が出るとは考えずらいので、100万人当たりの死者数で捉えると、「BCG接種の重症化予防説」は、まだ「あり得る話」ではないかと思います。

相関関係は明らかにある話なので「因果関係があるかもしれない」として、感染学者は解明のたねの研究を進めて欲しいと思います。

 

【好評発売中!】
『ISOの復権 マネジメントシステム認証制度が社会的価値を持つために必要なこと

(ブイツーソリューション刊)

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4434262858/bloglogcom-22/ref=nosim/

 

“できるビジネスマンのマネジメント本”(玄武書房)

https://www.amazon.co.jp/dp/4909566066/

 

【よかったらメルマガ読者登録お願いします♪】
(パソコンでアクセスしている方)

author:有賀正彦, category:ニュースを題材にした話, 07:57
comments(0), -, - -
Comment