RSS | ATOM | SEARCH
吉村洋文府知事が示した“大阪モデル”の外出自粛・休業要請解除基準

JUGEMテーマ:日記・一般

 

202055日に、大阪府の吉村洋文知事が、「大阪モデル」と言われる自粛解除基準を示しました。

吉村知事の会見の様子をテレビ報道で見ましたが、

「(政府は)トンネルの出口の指標をきっちり示すのが政治の役割。それを示さずに(緊急事態宣言)延長と言うのは無責任。本来ならば国に示してほしかった」

と政府に対する憤りを強い口調で訴えていたのが印象的でした。

 

ご存知の方も多いと思いますが、吉村知事が示した「自粛解除基準」は、以下の3項目です。

1)新たに感染した人のうち感染経路不明者の人数が10人未満

2)PCR検査で陽性になった人の割合が7%未満

3)重症患者用の病床使用率が60%未満。

 

なお、1)と2)は1週間の平均で判断し、この3項目を1週間連続でクリアすれば、「自粛解除」となるそうです。

大阪府は、各メディアのこれまでの報道で、「PCR検査数が他県より多い」、「その日毎の検査数と陽性者数がしっかり集計されている」ことが知られています。

しかし、1)と2)を「1週間の平均」としたのは、おそらく、日々の「検査数の増減幅があるため日毎の結果だと誤差が出る→したがって1週間の平均値」と考えたからでしょう。

 

吉村知事は、会見で、「解除する業種の優先順位は今後決めていく」としていますが、とりわけ商売をしている人にとっては「基準が示されたことで、そこを目標に頑張れる」と感じたことでしょう。

 

私たちの日常に置き換えれば、「鬼コーチに俺がやめろというまでやり続けろ」と言われるのと「腕立て伏せ100回、ランニンググランド50周をやれ」と目標が示されれば、「よし、やるぞ!」とモチベーションがあがるのは明白です。

 

それにしても、東京都(東京以外にも10数県がタイムリーに数字が出ないらしいですが)がリアルタイムに陽性率が出てこないのはなぜでしょう。

ワイドショー等の情報に基づき私なりの理解では、

PCR検査の結果がリアルタイムで更新されていない

・公的、民間の医療機関の結果が各保健所を経由して都が取り纏めるためタイムラグがある

・新規感染者数と退院前の陰性確認の検査数の振り分けが十分にできていない

・・・

などと考えられます。

しかし、こうした説明は、「本当ですか?」というのが私を含めて、世間の多くの思いではないでしょうか。

今の時代に、この程度のデータ集計と分類・分析ができないとしたら、一生懸命仕事をされている当事者の方には申し訳ないですが「都の担当部局は無能」としか言いようがありません。

 

都職員の方は、公務員試験を突破して現職につかれている能力の高い方たちですから、ふつうに考えれば、「何かの意図があって実態を隠している、あるいは、わざとタイムラグを作っているのでは?」と勘ぐってしまいます。

 

当たり前ですが、「新型コロナの感染状況を国民が理解するため」には、人口の10分の1が密集している東京都のデータがタイムリーかつ適切に集計・分析されなければ、正しい判断ができないのは明白です。

3月末に東京五輪の延期が発表され、その時点では「五輪のために検査数を意図的に増やしていないのでは」、「PCR検査が保険適用でないため検査数が増えないのでは」などといった憶測が流れていましたが、延期が決まった今も、依然として「タイムリーではないもやもやした数字」しか東京都から上がってこないのは、なぜなんだろう??と思います。

 

インフルエンザ検査のように「検査を受けたい」と医療機関を訪問した人のほぼすべてが検査を受けられなければ、感染状況の実態がわからないことは当然です。

また、そもそも、東京都をはじめ、現在、各都道府県の「1日あたりのPCR検査実施最大件数」と「1日あたりの検査実施数(実数)」、「新規陽性者数」、「再検査陽性者数」は、しっかり集計できているのでしょうか。

 

少なくとも各都道府県の検査キャパと実際の検査数がわからなければ、「人口当たりの感染者数」や「陽性率」は、「単なる数字」で、各都道府県のデータを比較して「特定地域とそうでない地域」を区分けしても「なんとなく感覚的に多い少ないで地域を分けました」というモヤモヤしたものとなってしまいます。

厚労省が各都道府県に指示を出して、こんなにもバラついた(と思われる)データしか五輪延期が決まった後も上がって来ない日本って先進国なの?、政府はもっとリーダーシップが取れないの?だって大阪は出来ているじゃん、と思っている国民は、新型コロナの件で相当増えたに違いありません。

 

【好評発売中!】
『ISOの復権 マネジメントシステム認証制度が社会的価値を持つために必要なこと

(ブイツーソリューション刊)

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4434262858/bloglogcom-22/ref=nosim/

 

“できるビジネスマンのマネジメント本”(玄武書房)

https://www.amazon.co.jp/dp/4909566066/

 

【よかったらメルマガ読者登録お願いします♪】
(パソコンでアクセスしている方)

author:有賀正彦, category:一般コラム, 13:27
comments(0), -, - -
Comment