RSS | ATOM | SEARCH
“シャープ”ブランドに対する国民の信頼は予想以上に高い

JUGEMテーマ:ニュース

 

※本コラムは2020424日に配信したメルマガの記事です。

 

2020423日に、シャープは、個人消費者向けに販売を開始した不織布マスク「MA-1050」について、販売方式を抽選式に変更したことを発表したそうです。

 

各メディアの報道によると、

・シャープは、421日の午前10時より販売を行なった

・しかし、アクセスが集中し販売サイトにつながらず、購入ができない問題が発生

・そのため、抽選方式に切り替え、427日に応募を開始し、28日に抽選を行なう

・販売数量は30,000(150枚入り)で、価格は12,980

・お一人様1点かぎり

・販売サイトは、他のシステムと分離

・抽選応募用の専用サーバーを新たに設置した

・・・

とのことだそうです。

 

私は、シャープ製のAIoT家電を利用したことがないので、実感がわきませんが、マスク販売によるアクセス集中で、スマホからのAIoT家電の制御ができなくなっているそうですし、その他のシャープのITサービスに不具合が出ているのであれば、

・専用サーバーを設置した

・早い者勝ちではなく抽選方式とした

ことは、適切な対応だと思います。

 

話はそれますが、私もマラソン大会のエントリーでは、「先着形式」と「抽選形式」をよく経験します。

先着形式の方が、出場者にとっては、交通手段や宿泊予約が早々とできるので助かります。しかし、「販売(エントリー)開始時間帯」によっては非常に問題があり、例えば、平日の午前10時や12時開始といった大会の場合は、「どうやって仕事を抜け出そう?」ととても苦労します。

また、「アクセスが集中した場合、ネットがつながるコツ(裏技)」を知っている人とそうでない人では、結果が違い「抽選方式の方が恨みっこなしだよな」と最近は感じています。

 

それにしても、そもそも、マスク製造には門外漢の筈のシャープ製マスクに人気が集中するのはなぜでしょうか。

月並みですが、

・国内生産拠点での生産であること

・電気・電子製品製造の実績があり、国民の信頼が高いこと

・シャープブランドへの国民の信頼が高いこと

が挙げられるでしょう。

 

「おひとり様1点限り」をきっと無視して購入する人が出てくると思いますが、こういう時は、譲り合い精神を守って欲しいものだよな、と思います。

(※ 自分を変える“気づき”ロジカル・シンキングのススメ メルマガ695号より)

 

【好評発売中!】
『ISOの復権 マネジメントシステム認証制度が社会的価値を持つために必要なこと

(ブイツーソリューション刊)

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4434262858/bloglogcom-22/ref=nosim/

 

“できるビジネスマンのマネジメント本”(玄武書房)

https://www.amazon.co.jp/dp/4909566066/

 

【よかったらメルマガ読者登録お願いします♪】
(パソコンでアクセスしている方)

author:有賀正彦, category:ニュースを題材にした話, 07:44
comments(0), -, - -
Comment