RSS | ATOM | SEARCH
新型コロナ対策で“班体制”に変更したNHK朝のニュース

JUGEMテーマ:日記・一般

 

2020420日から、NHKの朝のニュース番組「おはよう日本」の平日午前67時台のメインのキャスターが新型コロナ対策で、週替わり担当になるという情報を419日に入手し、早速、桑子キャスターではなく、中山果奈アナウンサー担当の「おはよう日本」を視聴してみました。

トータルで6時台の放送を20分ほどしか見ませんでしたが、高瀬アナ、中山アナコンビバージョンも違和感なく、良い感じです。

 

中山果奈アナの存在を私が知ったのは、ちょうど1年前の20194月です。

20194月から、中山アナは、関東ローカルの夕方のニュース番組「首都圏ネットワーク」のキャスターに合原アナから交代して担当になったのです。

 

ちなみに、首都圏ネットワークは、メインキャスターが、男女1人ずつの2人体制で、ここ数年は、23年間隔でメインキャスターが変わっていました。

また、男性アナ、女性アナのキャスター担当開始年が、1年ズレていたので、年度が替わるたびに、下記のようにどちらか1人が交代するパターンでした。

2014年度、2015年度 橋本奈穂子アナ

2015年度、2016年度、2017年度 山田大樹アナ

2016年度、2017年度、2018年度 合原明子アナ

2018年度、2019年度、田所拓也アナ

2019年度 中山果奈アナ

2020年度〜 高井正憲アナ、林田理沙アナ

 

20203月に、「おはよう日本」の4月からのキャスターが発表された時に、「あれ?中山アナは首都圏ネットワークを1年で交代しておはよう日本(サブ)とは、局内での評価が高いんだなぁ」と感じました。

 

なお、この「週替わり体制」は、NHKによれば、

「キャスターの1人が万が一、感染した場合、全員が濃厚接触者になることを避けるための“班分け”」

だそうです。

このような「もしも」に備えた出演体制に関しては、各帯番組が取り組み始めており、フジ系の「めざまし」も行っています。

http://blog.logcom.jp/?day=20200412

 

プチ情報ですが、現在の「おはよう日本」平日版の主な担当キャスターは、

メインの高瀬耕造アナ、桑子真帆アナ以外に、佐藤克樹アナ、塩田慎二アナ、利根川真也アナ、中山果奈アナ、森下絵理香アナがいますが、高瀬アナ、桑子アナ、佐藤アナ、中山アナの4人がNHK広島放送局の勤務経験があります。

広島放送局は、中国地方のNHKキー局なので、きっと中国地方にお住まいの方には、今のおはよう日本のキャスター陣は、「馴染みのある顔」なのでしょうね。

 

【好評発売中!】
『ISOの復権 マネジメントシステム認証制度が社会的価値を持つために必要なこと

(ブイツーソリューション刊)

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4434262858/bloglogcom-22/ref=nosim/

 

“できるビジネスマンのマネジメント本”(玄武書房)

https://www.amazon.co.jp/dp/4909566066/

 

【よかったらメルマガ読者登録お願いします♪】
(パソコンでアクセスしている方)

author:有賀正彦, category:一般コラム, 07:51
comments(0), -, - -
Comment