RSS | ATOM | SEARCH
テレビからネットに視聴習慣が移行する理由を実感する日々

JUGEMテーマ:日記・一般

 

20年ぐらい前のことですが、1週間ほど出張に出かけ帰宅すると、「出張の間に自宅にたまった新聞を隅から隅までくまなく読む」のが、私の習慣でした。

そして、気になる記事があると、読みながらサインペンで新聞のページにマーキングして、まとめて気になる記事を切り抜き、スクラップ帳にペタペタ貼り付けていました。

 

具体的な時期は忘れてしまいましたが、いつの日からか、この「たまった新聞をチェック→印をつける→切り抜いてスクラップ帳にする」という習慣を自然と止めてしまいました。

その理由は、新聞記事は、ネットニュースでタイムリーに見られるようになったことが大きいです。

また、気になる記事があれば、スクリーンショットで保存すればいいし、さらに気になった記事は、その記事に関するコラムを備忘録代わりにブログにすればよくなったからだと思います。

 

テレビに関しては、高校生までは、両親から徹底して時間と番組制限(11時間以内&原則NHK以外の視聴禁止)がされていたので、大学生になった後は、その反動で、しばらく「テレビ三昧」の日常習慣時代が社会人になるまで続きました。

社会人になった後は、仕事が楽しかったこともありますが、(自分なりには)激務になりテレビ視聴習慣がなくなった時期があり、そのため、1990年代中盤から2000年代後半に放送されたテレビドラマは殆どリアルタイムで見ていません。

その頃は、とりあえず、テレビドラマは録画しまくっていましたが、殆どいる機会がなく、録画した番組を見ることなく上書き録画予約していました。

 

この30年弱の間の新聞とテレビに対する私の接し方をざっくりと振り返りましたが、ネット動画の世界は、2016年のピコ太郎の「ペンパイナッポーアッポーペン(PPAP)」あたりから、(自分の中では)よく見るようになりました。

 

2000年代にネット動画(主にYouTube)を初めてみようとおもったのは、元々は「歌」と「ドラマ」です。

地上波での音楽番組が減り「流行っている歌を見てみたいな」という想いとから、YouTubeを検索しだしました。

印象深いリピートソングは、AKB48の「ポニーテールとシュシュ」、Not yet の「週末Not yet」です。

・ポニーテールとシュシュ https://www.youtube.com/watch?v=SwXtaahxjls

(※519秒付近の“♪恋のしっぽは捕まえられない”の大島優子さんの振り付けが繰り返し再生)

・週末Not yet  https://www.youtube.com/watch?v=rrQfrPKEkRc

(※129秒付近の大島優子さんの蹴り上げダンスは何度も再生しました)

 

しかし、このころは、動画に関しては、アカウント登録はしていたものの、チャンネル登録せずにスポットで見ていました。

チャンネル登録したのは、「エガちゃんねる」が、実は、初めてです。

https://www.youtube.com/channel/UCL6JY2DXJNDOIqCP1CRADng

チャンネル登録すると通知がうざいな(設定を止めればいいのですが)という理由で登録していませんでしたが、エガちゃんねるを皮切りに、徐々にチャンネル登録するようになりました。

最近、スポットで見て、面白かったのは「女性が歌うofficial髭男dism」です。

 

特に、「プリテンダー」、「I LOVE」は、自分の好きな声質の女性が歌うと「癒し」です。

・「コバソロ&こぴ」の「I LOVE…」 

https://www.youtube.com/watch?v=UCoYugncYIc

・「こぴです!YouTubeはじめました!」

 https://www.youtube.com/watch?v=VZCg3r2Dxw8

 

私の中では、皮肉なことですが、新型コロナウイルスと年度末の番組改編期が「YouTube視聴」が増える契機になりそうです。

新型コロナ情報は、ネットニュースやAbemaTVの記者会見の方が真実がわかりますし(地上波ニュースは、政権忖度報道ばかりですし)、番組改編期は、テレビは超つまらないですから。

若い方が「見たいときに見られる」、「見たい番組が見られる」といった理由でネット動画をよく視聴する理由がよくわかります。

それにしても、若い方は、シロウト(ユーチューバーは実質プロ?)でも、セルフプロデュース力が高くてすごいですね。

 

【好評発売中!】
『ISOの復権 マネジメントシステム認証制度が社会的価値を持つために必要なこと

(ブイツーソリューション刊)

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4434262858/bloglogcom-22/ref=nosim/

 

“できるビジネスマンのマネジメント本”(玄武書房)

https://www.amazon.co.jp/dp/4909566066/

 

【よかったらメルマガ読者登録お願いします♪】
(パソコンでアクセスしている方)

author:有賀正彦, category:一般コラム, 11:00
comments(0), -, - -
Comment