RSS | ATOM | SEARCH
“ノートパソコン”、“東京オリパラ2020延期決定”など今週の出来事

JUGEMテーマ:日記・一般

 

私が今週、実際に経験したことや見聞きしたことを備忘録代わりに残しておきます。

 

《東京オリパラ2020延期決定》

号外ニュースも出た通り、2020324日に、安倍晋三首相は、東京オリンピック・パラリンピックの開催を1年程度延期することでIOC(国際オリンピック委員会)のトーマス・バッハ会長と合意したことを明らかにした。

報道によると、遅くとも「2021年夏までに開催を目指す」ことをバッハ会長と合意したそうです。

 

「中止でなく延期」は、スポーツファンとして、かつ、私の残りの寿命を考慮すれば「夏の五輪が日本で開催されること」は、まずないことでしょうから、ひとまず安心しました。

ただし、気になるのは、「2021年夏までに開催を目指す」という日程です。

20207-8月開催の東京五輪を目指していたアスリートにとっては、選手寿命やピークを考えれば、「1年程度の延期」は、普通に考えれば妥当でしょう。

しかし、「SARS」(全世界で約8000人(32の地域))を振り返れば、

20021116日に、中国南部の広東省で非定型性肺炎の患者が報告された

2003年3月12日にWHOから「グローバルアラート」が出された

200375日に終息宣言が出された

と発生が認知されてから、9か月弱の歳月がありました。

 

新型コロナウイルスは、現在(3/26)の感染者数は、全世界で40万人を超え、死者数は2万人を超えています。

2021年の夏に、新型コロナが「終息」には至らずとも、全世界的に、「感染者数のピークは過ぎ、落ち着いた」、「手洗い、うがいの実施と“ノー3密”に注意すればまず大丈夫」といえる状態に、はたして1年後はなっているのか、はなはだ疑問です。

 

IOC委員の中には、呑気に「桜五輪もいいかも」とおっしゃっている委員もいるようですが、仮に1年後に「まだ、五輪のように世界中の人が移動する超大規模イベントは、新型コロナがぶり返す可能性がある」とWHOが見解を示したら、どうするのでしょう。

再延期はあり得ないでしょうから、今度こそ中止でしょう。

アスリートファーストではないですが、「東京オリパラの開催を第一」に考えたら、「2021年夏までの開催」は、個人的には「ちょっとタイトじゃない?!」という気がするのですが、私の杞憂になることを祈りたいです。

 

《ノートパソコン》

201612月に購入したノートパソコン(surface Pro)の調子が悪くなり、新規でノートパソコンを購入することにしました。

前回の買い替えは、それまで使用していた東芝(当時)のDynabookのキーボードが壊れ、ざっくりと修理の見積を依頼すると「げっ、こんなに(修理費が)掛かるの?!新規に購入した方がオトクじゃん」ということがわかり、「早く買い替えなければ仕事に支障が出る」とヨドバシカメラに慌てて駆け込みました。

(余談ですが、このDynabookは、パソコンの機能自体にトラブルはないので、外付けのキーボードを付けて使用可能状態にして、持ち運び可能なスペアノートパソコン機としています)

 

ただ、201612月の購入時の反省は「持ち運びの便利さ」、「価格」という点では、「購入前にイメージを固めていた」のですが、「必要なメモリ容量」、「必要なストレージ容量」、「必要なポート(例USBポート)」などをイメージしていなかったため、ヨドバシカメラのパソコンコーナーで吟味していたら、メーカー派遣のスタッフさんが、やさしく忍び寄ってきて、「後には引けない状況」に追い込まれスタッフさん推奨のマシン(surface)を購入してしまいました。

surface自体には、現在を含めて、使い勝手がよく大満足なのですが、メモリ容量が購入後に「増設できないこと」を知り、そして「Dynabookと比較してストレージ容量が少ない機種」だったため、日常的に必要なデータを外付けハードディスクに落として持ち運ぶという不便さに後で気づきました。

また、ポートがUSBポート一カ所なので、有線でLANやプリンターと接続する際は、アダプタが必要になり、「ノートパソコンのはずなのに、全然コンパクトじゃないじゃん」という状態になってしまった反省があります。

 

そこで、今回は、しっかりとノートPCの使用目的を再認識し、ネット情報で各社のPCを吟味し、ウェブ経由で、メーカー直販サイト(富士通:LIFEBOOK WU2/D22in1)から購入しました。

新型コロナの影響もあるせいか、注文から納品までは数週間かかるので、家電量販電でサクッと選んで購入し、その日のうちに使用できる、というお手軽さと比較すれば、その点はやや劣りますが、緊急性を要していないので、全然問題なしです。

 

納品まで間がまだあるので、データのお引っ越し作業や各種設定作業は、これからです。

データのお引越しは、クラウドのバックアップデータを使用するより、パソコン同士の接続か、ハードディスクによるデータ移行が便利です。

しかし、設定を現在使用中のPCと同じにする作業は、結構時間がかかります。

また、各ウェブ会員のログイン情報やWi-Fi情報もいくつも登録アドレスやパスワードがあるので(統一したいのですが、再設定する際に以前登録のパスワードから変更せよの指示があり、もう訳が分からなくなっています)、PCに記憶させるまで、しばらく不便を強いられそうです。

(※ 自分を変える“気づき”ロジカル・シンキングのススメ メルマガ691号より)

 

【好評発売中!】
『ISOの復権 マネジメントシステム認証制度が社会的価値を持つために必要なこと

(ブイツーソリューション刊)

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4434262858/bloglogcom-22/ref=nosim/

 

“できるビジネスマンのマネジメント本”(玄武書房)

https://www.amazon.co.jp/dp/4909566066/

 

【よかったらメルマガ読者登録お願いします♪】
(パソコンでアクセスしている方)

author:有賀正彦, category:一般コラム, 08:28
comments(0), -, - -
Comment