RSS | ATOM | SEARCH
徳がないと部下はついてこない

JUGEMテーマ:ビジネス

 

「徳」について、ウィキペディアでは、以下(抜粋)のように説明されています。

 

◆徳とは人間にとって均整のとれた精神の在り方を指すものである

◆徳は天分、社会的経験や道徳的訓練によって獲得し、善き人間の特質となる

◆徳を備えた人間は他の人間からの信頼や尊敬を獲得しながら、人間関係の構築や組織の運営を進めることができる

◆徳は人間性を構成する多様な精神要素から成り立っており、気品、意志、温情、理性、忠誠、勇気、名誉、誠実、自信、謙虚、健康、楽天主義などが個々の徳目と位置付けることができる

 

また、江戸時代後期に「滝沢馬琴」によって著わされた大長編読本「南総里見八犬伝」では、「八徳」がでてきます。

ここでいう所謂(いわゆる)「八徳」は、「仁・義・礼・智・忠・信・孝・悌」です。

 

すなわち、

 

  仁・・・思いやり、慈(いつく)しむこと

  義・・・人道に従うこと、道理にかなうこと

  礼・・・社会生活上の定まった形式、人の踏み行なうべき道に従うこと

  智・・・物事を知り、弁えていること

  忠・・・心の中に偽りがないこと(主君に専心尽くそうとする真心)

  信・・・言葉で嘘を言わないこと、相手の言葉をまことと受けて疑わないこと

  考・・・思いはかること、工夫をめぐらすこと、親孝行すること

  悌・・・兄弟仲がいいこと

 

です。

 

「経営の神様」といわれた松下幸之助氏のことばに、

「徳がないと、部下はついてこない」

があります。

 

松下幸之助氏の側近で秘書でもあった江口克彦氏によれば、

「徳がない」と。。。

 

「経営者、指導者は、社員の納得する事業計画を精密に立て、規則を明確にし、組織を整えるだけでは、経営を進めていくことはできない。

ここに書いてあるだろう、あのとき、諸君も同意しただろう、と言っても、経営者の思いは空回り。

年度が終わってみれば、最悪の数字。

経営者の思うほどに、部下や社員は動いていない。

まさに、笛吹けども踊らず」

 

だといっています。

当たり前ですが、従業員は「生活の糧のため」に働きますし、その立場を守るために職務命令に従います。

しかし、よしやるぞ、と気合を入れて、モチベーションを高めるためには、経営者や上司に「徳」がなければ、従業員は頑張れません。

 

よく、一見すると「頼りになるなぁ」「会社経営を大局的にみる人だなぁ」「ものごとを俯瞰して捉える力がある方だなぁ」「懐が深いなぁ」などと信頼できる経営者がいます。

しかし、表面的ではなく、真の意味で「徳がない」と「限りなくビジネスライク」な関係になるでしょう。

 

「ビジネスライク上等じゃん」と開き直る経営者もいるかもしれませんが、経営が低調傾向になると、「徳が無ければ部下は離れていく」わけです。

 

月並みですが、経営者の度量は「ヤバい時」に発揮されます。

(逆に言えば、ヤバい時がないと、うまく装うことができる経営者は、度量の深さや真の性質が見えてきません)

「すごい経営者だなぁ」と思える経営者でも、「ヤバい時」に「担当に聞いてくれ」とか「俺は細かい話はわからん」と逃げる経営者がいます。

「大まかなことはわかった、最終的に、俺が責任を取るから、最善を尽しなさい」といえる経営者は実は、意外と少ないです。

 

私は、仕事でも、趣味などプライベートでも「大きな組織を束ねるリーダーになりたい」という願望はありませんが、「徳がある人になりたい」し、成れるように常日頃の思考や行動を振り返り努力していきたい、と思います。

(※ 自分を変える“気づき”ロジカル・シンキングのススメ メルマガ543号より)

 

【好評発売中!】
『ISOの復権 マネジメントシステム認証制度が社会的価値を持つために必要なこと

(ブイツーソリューション刊)

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4434262858/bloglogcom-22/ref=nosim/

 

“できるビジネスマンのマネジメント本”(玄武書房)

https://www.amazon.co.jp/dp/4909566066/

 

【よかったらメルマガ読者登録お願いします♪】
(パソコンでアクセスしている方)

author:有賀正彦, category:経営・ビジネスに関する話, 09:30
comments(0), -, - -
Comment