RSS | ATOM | SEARCH
ISO認証制度:FSSC22000 Quality

JUGEMテーマ:ビジネス

 

組織の仕事の仕組み(マネジメントシステム)が国際規格に適合し、有効に機能しているかを第三者が審査し、世間に公表するISOマネジメントシステム認証制度がある。

 

このISOマネジメントシステムについて、最近、個人的に気になっている点を備忘録代わりに、何回かに分けて少しまとめておきたい。

今回のテーマは、「FSSC22000 Quality」について。

 

食品安全マネジメントシステム規格として著名な規格にFSSC22000があります。

https://www.fssc22000.com/?lang=en

 

FSSC22000は、「食品安全」を目的とした認証規格ですが、FSSC22000を取引の要件としている組織(例:コカ・コーラ)から、「食品安全」だけではなく「品質管理を認証範囲に含めて欲しい」という強い要望があるそうです。

そこで、FSSC22000のステークホルダー委員会(BoS)は2015224日に「FSSC22000 Quality 」というFSSC 22000認証スキームにISO 9001を追加し、「FSSC 22000ISO 9001を組み合わせた認証を提供すること」を決定しています。

 

これが「FSSC22000 Quality」が誕生した背景です。

確かに、認証取得を取引と要件とする組織にとっては「食品が安全なのは当たり前で、品質も当然継続的に向上させるシステムがある組織と取引を望む」のは当然でしょう。

 

ただ、少しマニアックな話になりますが、「FSSC22000 Quality」を取得しても、「FSSC22000」と「ISO9001」を取得した表明はできないと思います。

実際、いくつかの認証機関に雑談レベルでお聞きすると、「日本国内の認証機関は、FSSC22000 Qualityの認証サービスは実施しないだろう」とおっしゃっていました。

その一番の理由は、

FSSC22000 Qualityの認証プロセスを構築する手間がかかる」

ことです。

また、「FSSC22000 Quality」について、認定マークを使用する場合は、認定を取得する必要が出てきます。また、FSSC22000認定を持っている機関が、認定マーク無でFSSC22000 Qualityの認証サービスを開始(つまり認定マーク無の登録証を発行)すると、おそらく認定基準違反となるでしょう。

さらにいえば、「FSSC22000」と「ISO9001」をダブルで取得している組織が「FSSC22000 Quality」に流れると認証機関としての売上も減る、というジレンマも生じます。

 

その他に、FSSC22000Ver.5)は、ISO22000:2018の要求事項があるので、当然のごとく「経営システムとマネジメントシステムの統合」が基本概念です。

しかし、FSSC22000は原則、「事業所単位の認証」なので、マネジメントシステム規格全体が「経営システムとマネジメントシステムの統合」という方向性があるのに、逆行している気がします。

例えば、事業所や工場単位でマネジメントシステムを構築すると、どうしても組織として大きな決定(経営事業戦略、販売戦略、経営資源の投入計画等)は、事業所や工場以外の組織(例:本社機能や経営企画部門)が担っているので、事業所単位の認証だと「与えられた資源の中でやるしかないです」ということになって、どうも、その事業所に関係する顧客や利害関係者のニーズを満たす仕組みは構築できないんです。

なかなか悩ましい話です。

(※ 自分を変える“気づき”ロジカル・シンキングのススメ メルマガ687号より)

 

【好評発売中!】
『ISOの復権 マネジメントシステム認証制度が社会的価値を持つために必要なこと

(ブイツーソリューション刊)

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4434262858/bloglogcom-22/ref=nosim/

 

“できるビジネスマンのマネジメント本”(玄武書房)

https://www.amazon.co.jp/dp/4909566066/

 

【よかったらメルマガ読者登録お願いします♪】
(パソコンでアクセスしている方)

author:有賀正彦, category:ISOマネジメントシステム全般, 07:02
comments(0), -, - -
Comment