RSS | ATOM | SEARCH
神戸市教諭いじめ問題の懲戒処分はアンバランスだ

JUGEMテーマ:ニュース

 

2020年2月28日付の毎日新聞が、

「神戸教諭いじめ 激辛カレー食べさせた加害者ら2人を懲戒免職 女性1人は停職3カ月」

という見出しの記事を掲載していました。

 

記事によれば、(以下、概要)

・神戸市立東須磨小学校で男性教諭(25)が同僚教諭4人からいじめや暴行を受けた問題で、神戸市教育委員会は、関係者8人の処分を発表した

 

・蔀俊教諭(34)と柴田祐介教諭(34)の2人を懲戒免職、女性教諭(45)は停職3カ月、男性教諭(37)は減給3カ月(10分の1)、女性教諭(40)は文書訓戒処分

 

・管理監督責任を問い、芝本力前校長(55)を停職3カ月、仁王美貴校長(55)を減給3カ月(10分の1)の懲戒処分、前々校長(62)は戒告とした

 

・教育行政の信頼を失墜したとして、長田淳教育長は給与20%(3カ月)、教育委員4人は給与10%(同)を自主返納する

 

・神戸市教育委員会が設置した調査委員会は最終報告書で、加害4教諭について、計4人の教員に対する計123件のハラスメント行為を認定し、このうち、激辛カレーを無理やり食べさせ、性的なメッセージを女性教員に送信させるなど最も多い89件が認められた蔀教諭と、性的な言動を繰り返すなど34件が認定された柴田教諭の2人について「極めて悪質なセクハラ」と指摘した。

 

・停職の女性教諭は、ハラスメント行為13件の他、児童の椅子を引いて転倒させる不適切指導もあり、最も少ない7件で減給となった男性教諭とともに、「当面は教壇に立たせることは不適切」とされた。学校以外に配置される。

 

 ・加害4教諭は無給の分限休職処分となっていたが、28日付で終了。懲戒処分は2月28日付とされた。加害4教諭については、兵庫県警が暴行などの容疑で捜査している

(記事の概要ここまで)

 

この報道を知った時の率直な感想は、

「ちょっと処分が甘いんじゃないの?」

「4人の加害教員の処分内容に差があり過ぎないか?」

「校長等管理職の処分が軽すぎないか」

「加害教員の反省が薄いな」

・・・

というものでした。

 

これまでの報道では、もともと、45歳の女性教諭は、25歳の男性教諭に対して、先輩教員としてよく面倒をみていたが、途中から女性教諭に恋愛感情が芽生え、25歳の男性教諭に彼女がいることがわかり、嫉妬心から「いじめ」が始まった、というものでした。

それが導火線となり、もともと、上司に対しては要領がよく、後輩に対してはいじめ体質のあった懲戒免職処分を受けた34歳の2教諭のいじめがエスカレートしていったわけです。

 

パワハラと認定された123の事案のうち、90以上が蔀教諭で、内容的にも素人目にも懲戒免職処分が相当と思いますが、プロセスを考えれば、いじめの発端となった女性教諭のゆがんだ恋愛感情やいじめが一部の職員間でエスカレートしていったにも関わらず、放置した前校長や現校長の責任は重大です。

それなのに、わずかの停職や減給処分とは、「甘すぎる処分」といわれても仕方がありません。

また、縁故就職が多いといわれる兵庫県の教職員採用ですが、こうした現場で起きている問題点を教育委員会がしっかり把握するマネジメントシステムが確立していなかったことに対する教育委員会の責任も重く、減給処分だけでなく、しっかりとした問題情報が上がり、適切な対応処置がとれる仕組みや体質に変えていく今後についても、教育委員会は、記者会見では触れて欲しかった気がします。

 

私は、単なる一市民として、このように感じるだけですが、神戸市民、あるいは、兵庫県民は、もっとこの処分に対して「おかしい」と声を上げて欲しいと思います。

 

【好評発売中!】
『ISOの復権 マネジメントシステム認証制度が社会的価値を持つために必要なこと

(ブイツーソリューション刊)

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4434262858/bloglogcom-22/ref=nosim/

 

“できるビジネスマンのマネジメント本”(玄武書房)

https://www.amazon.co.jp/dp/4909566066/

 

【よかったらメルマガ読者登録お願いします♪】
(パソコンでアクセスしている方)

author:有賀正彦, category:ニュースを題材にした話, 07:08
comments(0), -, - -
Comment