RSS | ATOM | SEARCH
千葉市長熊谷俊人氏のリーダーシップ

JUGEMテーマ:ニュース

 

2020227日付の朝日新聞デジタルが、

「千葉市長「低学年、学校で預かる方向」 政府休校要請で」

という見出しの記事を報じていました。

記事によれば、

・政府が全国の小中高校に3月2日からの臨時休校を要請した

・それを受け、千葉市の熊谷俊人市長は27日夜にツイッターを更新

・ツイッターに、

「全国一斉春休みまで休校…いくらなんでも…。社会が崩壊しかねません」

「医療関係者や福祉関係者、警察・消防など社会を支える職種で、親等に

預けられない事情を抱える方々を何とかしなければ…」

などを書き込んだ

・また、

「低学年と特別支援学級を中心に、保護者が対応できないケースについて学校で、 

感染防止に十分配慮した上で預かる方向で検討します」

とした。

・千葉市教育委員会の担当者は「いま上層部が対策を協議しているとコメントした

そうです。

 

32日から学校の臨時休校」のやや衝撃的な政策決定のニュースがひとり歩きしていますが、他の報道をチェックすると、「厚労省管轄の保育園は臨時休校の対象外」のようです。

したがって、臨時休校措置により取り残されるのは「小学校低学年」です。

おそらく、千葉市の熊谷市長の発言は、医療関係者と協議し、早急に小学校低学年がいる家庭で預けられない世帯に対する対応方針をツイッターで発信したのでしょう。

これは、対象家庭の親御さんからすれば、心強い声明です。

 

熊谷市長は年齢的には、2月生まれなので、私よりちょうど10歳年下ですが、リーダーシップを発揮しているなぁ、と感心します。

私がこの立場にいたら、おたおたして、指示が後手後手になると思います。

 

それにしても、「青春の巨匠知事」の危機的状況時の存在感の薄いこと。

子どもの頃は、あのドラマの中の熱血漢ぶりに憧れたものですが・・・寂しい限りです。

(※ 自分を変える“気づき”ロジカル・シンキングのススメ メルマガ687号より)

 

【好評発売中!】
『ISOの復権 マネジメントシステム認証制度が社会的価値を持つために必要なこと

(ブイツーソリューション刊)

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4434262858/bloglogcom-22/ref=nosim/

 

“できるビジネスマンのマネジメント本”(玄武書房)

https://www.amazon.co.jp/dp/4909566066/

 

【よかったらメルマガ読者登録お願いします♪】
(パソコンでアクセスしている方)

author:有賀正彦, category:ニュースを題材にした話, 07:48
comments(0), -, - -
Comment