RSS | ATOM | SEARCH
現政権が世間感覚とズレが生じる理由

JUGEMテーマ:ニュース

 

2020219日付の文春オンラインが、

「「大坪氏とちゃんと付き合え」和泉洋人首相補佐官「圧力音声」に内閣法違反の疑い」

という見出し記事を報じていました。

 

記事によれば、

・和泉洋人首相補佐官と大坪寛子厚労省大臣官房審議官の公私混同疑惑が拡大している

・週刊文春は、和泉氏の公私混同疑惑を深める音声を入手した

・音声によれば、和泉氏は独法の幹部に「大坪氏とちゃんと付き合え」旨を強く要求

・この独法は、AMED(日本医療研究開発機構)。

・当時、大坪氏は、内閣官房の健康・医療戦略室次長として、AMEDを担当していた

・しかし、大坪氏の高圧的な言動や調整能力不足もありコミュニケーション不全になった

・大坪氏は昇進させるとする一方で、AMEDに対しては人事権をちらつかせた

・和泉氏は、首相補佐官の強大な権力を背景に、独法に“圧力”をかけていた

・独法の人事権は大臣にあるので、そこに介入することは内閣法違反の疑いがある

・補佐官は総理の命を受けて内閣の重要政策の企画について総理を補佐するのが役割

・総理の指示を、補佐官が伝言・代弁することはある

・しかし、『総理に代わって』指揮するのであれば、内閣法に違反となる

(引用ここまで)

だそうです。

 

和泉補佐官の直属の上司は、官房長官である菅義偉氏。

このような事実(音声データであるから、間違いなく事実であろう)があるのだから、菅官房長官は、和泉補佐官に説明させる責任があるはずなのに、なぜ、菅氏は説明をさせないのでしょう。

何をやっても平気、マスコミは圧力をかけて抑えられるから大丈夫、とでも考えているのでしょうか。

 

ふつうに考えれば、政権トップが、やりたい放題だから、自分も何をやっても大丈夫と思っているのでしょう。

和泉氏には申し訳ないですが、自らのキャリア晩年期を「色ボケ補佐官」というイメージにして晩節を汚したとしか言えないでしょう。

 

私たち世間一般は、いまの日本の政治を「おかしい」と思ってみています。

しかし、本人たちは、「ちょっとやり過ぎだったかな」という感覚すら全くないのでしょう。

話題は少しずれますが、よくテレビ番組で、「セレブ育ち」と言われる金持ちの子どもや著名芸能人の子どもが出演する番組を目にします。

パターンとしては、世間との感覚が超ずれているエピソードを紹介して見せるのがこの手の番組のウリです。

私たち一般人からすると「この人たちは、演出上、オーバーに演じているのかも」と少し感じながら見ていますが、実は、演出でもなんでもなくて、本当にそう思っているのです。

生まれたころから家にお手伝いさんが居たり、食事は常に高級レストランを利用し、学校の送り迎えは運転手付きの車、夏休みや冬休みは海外旅行に出かける、自分がわがままを言ってもまわりが自然と忖度してがまんする・・・といった状況下で育てば、世間感覚とずれるのは当然かもしれません。

 

今の政権はトップが駄々をこねれば、まわりが忖度する・・・北や巨大な隣国を「独裁的でとんでもない国」と日本国民の多くが考えていますが、現実的には、今の日本もそう変わらない状況なのかもしれません。

(※ 自分を変える“気づき”ロジカル・シンキングのススメ メルマガ686号より)

 

【好評発売中!】
『ISOの復権 マネジメントシステム認証制度が社会的価値を持つために必要なこと

(ブイツーソリューション刊)

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4434262858/bloglogcom-22/ref=nosim/

 

“できるビジネスマンのマネジメント本”(玄武書房)

https://www.amazon.co.jp/dp/4909566066/

 

【よかったらメルマガ読者登録お願いします♪】
(パソコンでアクセスしている方)

author:有賀正彦, category:ニュースを題材にした話, 07:54
comments(0), -, - -
Comment