RSS | ATOM | SEARCH
新大阪名物「10円自販機」

JUGEMテーマ:ニュース

 

2020128日付で「まいどなニュース」が、

「大阪の謎…「10円」でペットボトル飲料が買える自販機」

と題した記事を掲載していました。

 

記事では、

・ペットボトルの清涼飲料が10円で購入できる自販機が大阪にある

・「太っ腹自販機」は大阪市福島区玉川3丁目にある「大阪地卵」の前

・自販機の運営と商品の補充はこの会社が行っている

・釜坂晃司社長曰く、「採算は取れるわけがない(笑)」

・賞味期限が12カ月前まで近づいてきた商品は、そのまま売れ残る

・処分するとなるとお金がかかるから、だったらたとえ10円でも、売ったほうがいい

・釜坂社長の会社は食品卸業の傍ら、大阪と神戸を中心に約500台の自動販売機を展開

・ほとんどの自販機が5080円の価格帯での販売

10円の自販機は会社の前にある2台だけ

・この2台だけでは採算割れするが、他の自販機も合わせた全体で利益はある

・売れ行きは季節に左右され、冬は売れ行きが鈍くなる多くの売れ残りが出る

・したがって激安自販機は、売れたらすぐ補充できる

・ただ「売れ残った商品」を売るため、商品の種類が一定ではない

・自販機には敢えて目隠しをして、どんな商品が入っているか分からないようにしてある

・激安自販機の販売が厳しいのは夏。10円で売る商品が不足する

といったことがレポートされていました。

 

私自身は、2018129日に、この自販機を利用しました。

自販機には、

「大阪新名物おいでにゃ」

「なんの飲み物が出るかお楽しみ」

と書かれています。

確かに、この記事にあるように、購入するまで、どんなペットボトルが出てくるか、わからないのです。

ちなみに、私は「ミント香る麦茶」。

冬でなくても、日本では「売れ残りそうな商品」(笑)です。

 

記事では、

「夏は、あんまり売れ残らないんです。それでも、自販機をカラにしたらお客さんが離れてしまうから、採算割れを承知で賞味期限に余裕のある商品を投入することがあります」

とあったので、「新大阪名所」をキープするために、夏場は、やや元々の目的と本末転倒気味の努力をしているようです。

 

でも、今の時代、「フードロス」が社会問題ですから、あらかじめ「自販機のペットボトルの賞味期限は1週間未満のものしかありません」と表示されていても、自販機購入の商品は「すぐに飲む」のが基本なので、「わざわざ10円自販機を訪問した人」であれば、問題ないと思います。

 

「消費期限切れ商品のフードロス」を減らすには、消費者の意識と行動を変えていくしかないでしょう。

多くの人の「習慣」として、スーパーで品物を選ぶときに、棚の奥にある消費期限が少しでも長い商品を取り出してしまいます。

しかし「買ってすぐに食べたり調理する」のであれば、「手前の消費期限が短いもの」を取り出してレジに行けばいいだけです。

そもそも「1/3ルール」と言われるスーパーや倉庫での処分ルールを変えるためには、消費者である私たちの認識が変わらないとです。

なかなか、こうしたひとりひとりの行動意識の変化スピードは遅いと思いますが、地道に「当たり前の行動」として自覚してやっていくしかないんでしょうね。

(※ 自分を変える“気づき”ロジカル・シンキングのススメ メルマガ683号より)

 

 

 

【好評発売中!】
『ISOの復権 マネジメントシステム認証制度が社会的価値を持つために必要なこと

(ブイツーソリューション刊)

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4434262858/bloglogcom-22/ref=nosim/

 

“できるビジネスマンのマネジメント本”(玄武書房)

https://www.amazon.co.jp/dp/4909566066/

 

【よかったらメルマガ読者登録お願いします♪】
(パソコンでアクセスしている方)

author:有賀正彦, category:ニュースを題材にした話, 06:32
comments(0), -, - -
Comment