RSS | ATOM | SEARCH
講演会や集会の目的を達成するための“戦略と企画”

JUGEMテーマ:ビジネス

 

かなり古い話題で恐縮ですが、小泉内閣(20012006年)時代に「タウンミーティング 小泉内閣の国民対話」という場がありました。

ご存知の方も多いと思いますが、タウンミーティングの目的は、

・閣僚や有識者と一般市民が対話する

・閣僚との直接対話を通じて、市民が政策の形成に参加する機運を盛り上げる

というものでした。

 

しかし、実際には、

・教育基本法改正などをテーマに行われたタウンミーティングで“やらせ”があった

・内閣府が青森県教育庁を通じ、教育基本法改正に賛成する質問をするよう参加者に依頼した

・質問の原稿を作成した上、“やらせ”であることを悟られないよう質問方法を指示した

・別府のタウンミーティングでは、大分県教育委員会の職員4人が一般県民になりすました

・一般県民になりすました職員は、賛成の意見を述べていた

・全タウンミーティング中、15回のやらせ質問が行われた

・裁判員制度について議論された司法制度改革タウンミーティングでは6回のやらせがあった

・全71回で、参加者を確保するため、国や地方自治体などが、職員を大量動員していた

・タウンミーティングにおける質問者の一部に謝礼金が支払われていた

・入場者の中に問題を起こす者がいる場合、作為的に選別していた

といった「意図的な操作」がされていた問題です。

 

日本は「国民主権」、「民主主義」の国ですから、一般論としては、国民の多数派意見に従って、政治は運営されるべきものでしょう。

ただ、そこに至るまでの過程には、様々な意見があって、喧々諤々の議論をするのは当然であり、「反対意見を述べそうな人を入場者から排除する」、「謝礼を払って都合の良い質問をさせる」、「一般県民のふりをして質問させる」・・・という内閣のとった措置は、「異常」だといえます。

 

ただ、逆の主張をしますが、政府や自治体などでない「民間主催の講演会や集会」は、「主催者が誘導したい方向に進行するような会の企画や運営が必要」だと思います。

講演会や集会を開催する場合、主催者は、色々な思惑があると思います。

多くの場合は、「普及・推進」だと思いますが、「制度や製品の紹介」に終始する講演会では、あまり開催の意味がありません。

制度や製品など講演会の主題について、世の中にもっと普及させ、「本来こうあるべきだ」という主張やメッセージがなければ、その業界の話題として盛り上がりに欠けるし、普及・推進が促進することもないでしょう。

要は、多少、疑問や反論も出るような講演会や集会にしなければ、「単なる講演会」で終わってしまうのです。

 

少し、具体的に言えば、ある制度や製品の説明や予想されるQ&Aが完璧なテキストや資料が渡されていたら「ふ〜ん」「なるほど」で終わりです。

だから、主催側は、質問があまり出ない場合は、質問を事前に用意したり、「質問者の仕込み」をして会を盛り上げ、「テーマに対する参加者の関心」を盛り上げるわけです。

 

こうしたことを企画して講演会を運営しないと「質問ありますか?」「ないようなので、次の話題に行きます」とメリハリのない会となって終わりです。

ある程度の参加者がいる規模の大きな会では、業界誌などメディアも取材に来ていますが、議論伯仲でなければ「〇〇の会が開催されました」という単なる記事で終わりです。

よく、講演会開催の「成功、失敗」を「参加者数」や「参加者アンケート」で評価している事例がありますが、本来はそれに加えて、「業界や世間に対するインパクト」、「制度や製品のその後の普及への貢献度」を評価すべきです。

しかし、事なかれ主義の人が会を催すと「無難に終了する」ことを求めがちです。

「講演会企画には会を進行する単なる段取りだけでなく、目的に沿った戦略が必要」ということを理解して開催して欲しいと思います。

(※ 自分を変える“気づき”ロジカル・シンキングのススメ メルマガ641号より)

 

【好評発売中!】
『ISOの復権 マネジメントシステム認証制度が社会的価値を持つために必要なこと

(ブイツーソリューション刊)

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4434262858/bloglogcom-22/ref=nosim/

 

“できるビジネスマンのマネジメント本”(玄武書房)

https://www.amazon.co.jp/dp/4909566066/

 

【よかったらメルマガ読者登録お願いします♪】
(パソコンでアクセスしている方)

author:有賀正彦, category:経営・ビジネスに関する話, 08:53
comments(0), -, - -
Comment