RSS | ATOM | SEARCH
スズキ“スイフト”(父娘編)のCM効果

JUGEMテーマ:日記・一般

 

お正月のテレビ番組は、当然ですが、特番ばかりです。

面白い番組もあるのですが、放送時間が長いので、視聴するかどうか、非常に迷います。

「何もすることがなく、テレビでも見てのんびり過ごすか」

という心境の時なら、だらだらと視聴してしまいそうですが、仕事で気になっていることがあると「時間がもったいない」という気持ちがつのって「思い切って見るのをやめよう」という選択になります。

 

2020年の3が日のテレビは、ニューイヤー駅伝、箱根駅伝は、ほぼ視聴してしまいましたが、それ以外で見た番組は、「出川哲朗の充電させてもらえませんか」のみ。

駅伝の放送時間が長いので、「テレビばっかり見ているじゃん」と言われそうですが、家に引きこもっていた割には、テレビを観ませんでした。

 

話題は全く変わりますが、長時間テレビを見ていると、いつのまにか、フレーズが頭の中にすり込まれたり、タレントさんの一瞬の表情が脳裏に刻み込まれるコマーシャル(CM)があります。私の中でこうした「2020年お正月に特に印象に残ったナンバーワンCM」は、自動車メーカーの「スズキ スイフト」です。

ポイントは、

・「嘆かわしい」のフレーズ

・「・・・とか言うんだよ」のタレント(山田杏奈さん)の表情

です。

《山田杏奈さんが出演するSUZUKIのスイフトのCM

https://www.youtube.com/watch?v=45pQwzRq_ds

 

CMを見ていただければ、説明するまでもないですが、「15秒間」の展開としては、

・スマホで車のサイトを主役(山田杏奈さん)が見ている

・男友達がスマホをのぞき込んで「車ってどれも同じに見える」とつぶやく

・その場面を思い出しながら、父と娘(山田杏奈さん)で「嘆かわしい」という

・車(スイフト)の特性(走り爽快コンパクトなど)と走行映像を紹介

・父と娘で海岸沿いの道をドライブする

・助手席で娘が「これでしょ」と視聴者に向かってつぶやく

という流れです。

 

CM自体は、20199月から流れているようですが、短時間に何回も流れると、さすがに頭に残ります。

また、前述したように「山田杏奈さんの表情とフレーズ」が気になって、世間の人は、どんな印象を持っているんだろう?とチェックしたくなります。

そこで、Twitterで、「スイフト、CM、嘆かわしい」をチェックすると、

「スイフトのCM 嘆かわしい〜 が気に入っている」

「スイフトは良い車だし山田杏奈も可愛いと思うが、嘆かわしい〜ってあのCMは嫌い」

「スイフトのCMで、父娘で 「嘆かわしい〜」 って二人で言うの結構好きだな」

「スイフトのCMの「嘆かわしい〜」ってやつ見る度に、何とも言えないむず痒い不快感」

・・・

といった「つぶやき」がたくさん出てきます。

 

アンチ派のつぶやきを整理すると、

・「嘆かわしい」っていう言葉の選択がおかしい

・「嘆かわしい」は友達に使う言葉ではない

・「嘆かわしい」は、車に関心が薄い人を小馬鹿にしている印象がある

といった点がポイントのようです。

 

辞書で【嘆かわしい】を調べると、

・悲しく情けなく感じられる

・残念に思う

とあります。

つまり、このCMのストーリー展開としては、「スイフトの良さがわからないなんて残念だ」と父娘がつぶやくシーンなので、「嘆かわしい」は言葉の用法として間違っていません。

 

たぶん、日常的な場面で考えれば、「娘が友達とのシーンを回想した後」のお父さんの反応は「そうなんだぁ、それはスイフトの良さが○○くんには伝わっていなくてもったいないね」と娘のボヤキをなだめるのが普通の日常会話でしょう。

したがって「父と娘で車に無知な友達を“嘆かわしい”とぶった切るのは何事だ」というのが、アンチ派の感情なのでしょう。

 

マーケディング戦略や宣伝・広告に関する知見が私は乏しいので、しっかりとした分析は出来ませんが、このCM、結果的には「嘆かわしい」とつぶやくフレーズにインパクトがあって、スイフトの宣伝効果としては、成功だと思います。

もちろん、賛否があるので、「否」が多すぎると、メーカー、車種、タレント・・・に対して大きなマイナスですが、「否」を気にし過ぎて万人受けする内容だと、印象も薄くなるので、「この車の特徴って何?調べてみよう!」、「スズキの販売店に行ってみよう!」という動機づけになることは間違いありません。

 

車を購入する立場で考えると、「莫大なCM制作料が車の価格に付加されている」と考えると「嘆かわしい」(笑)のかもしれませんが、メーカーやCM制作者、出演タレントにとっての「宣伝効果は大」といえるのでしょうね。

(※ 自分を変える“気づき”ロジカル・シンキングのススメ メルマガ679号より)

 

【好評発売中!】
『ISOの復権 マネジメントシステム認証制度が社会的価値を持つために必要なこと

(ブイツーソリューション刊)

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4434262858/bloglogcom-22/ref=nosim/

 

“できるビジネスマンのマネジメント本”(玄武書房)

https://www.amazon.co.jp/dp/4909566066/

 

【よかったらメルマガ読者登録お願いします♪】
(パソコンでアクセスしている方)

author:有賀正彦, category:一般コラム, 07:11
comments(0), -, - -
Comment