RSS | ATOM | SEARCH
NHKスペシャル拡大版“よみがえる美空ひばり”視聴後の感想

JUGEMテーマ:芸能

 

AI美空ひばりさん紅白出場」に関するNHK的番組宣伝をまた見てしまいました。

NHKのウェブサイトでは、

「令和初の紅白歌合戦への出場に先駆けて、9月のNHKスペシャルに未編集素材を加えた拡大版を放送します」

発表していたので、「前回と違った印象になるかなぁ」と思って視聴したのです。

 

20199月に放送された前回放送を、ホテルで仕事をしながらの「ながら視聴」でしたが、私は見ました。

その時の率直な感想は、「全然、美空ひばりさんじゃない」、「AI技術は、まだ発展途上だな」と感じました。

 

・美空ひばりさんをAIでよみがえらせる企画と挑戦

・豪華なスタッフ陣(秋元康氏、森英恵氏、天童よしみ氏)

AIを駆使した最新技術

これらについて、私は、否定する点は全くなく、むしろ、かなり期待していました。

しかし、繰り返しますが、AI美空ひばりは、

・明らかに動きがロボット

・形態模写の美空ひばりモノマネタレントよりはるかに似ていない

・声帯模写の美空ひばりモノマネタレントよりはるかに似ていない

・歌詞が聞き取りにくい

・そもそも、似てさな過ぎて、動きもぎこちなく気持ち悪い

のです。

 

私たちは、ボーカロイド(ヤマハが開発した音声合成技術)で作成された音楽に感動したり、楽しまさせてもらったりしています。

番組でも、これまでの美空ひばりさんの音源からサンプリングして、何千何万ものパターンをデータ化し、「美空ひばりさんなら、このように抑揚をつけて歌唱するだろう」というパターンをAIに覚え込ませる作業を技術スタッフが取り組んでいました。

 

初期タイプの試作版を、美空ひばりファンクラブ?の人たちに聞かせると、案の定、酷評されていました。

その後、改良を重ねて、AI美空ひばりコンサートで新曲「あれから」を披露するのです。

しかし、正直なところ、リアルタイムで美空ひばりさんの歌を(テレビを通じてですが)聞いていた世代としては、試作版と比較すれば、遥かに出来栄えはよいのですが、それでも、明らかに「美空ひばりとは程遠い」出来栄え。

けれども、美空ひばりファンクラブの人、天童よしみさんを始め、美空ひばりさんとリアルに関係の深かった関係者が、涙するのです。

 

AI活用による故人を復活させる企画」について、倫理面に関する議論は省き、横に置いておきますが、技術面だけを見ても、関係者の血の滲むような努力は認め、称賛しますが、結果的には、見た目(表情、しぐさ)も声質や歌唱法も「美空ひばりさんとは全く言えないシロモノ」なのです。

少なくとも、美空ひばりファンクラブの人たちには、「まだまだ、ひばりさんの歌声には遠いけど、AI技術の可能性を感じる結果でした」程度の感想にとどめて欲しかったと思います。

 

だって、視聴されていない方や美空ひばりさん自体をそんなに知らない方には、なかなか伝わりにくい話ですが、とにかく、ひとこと「全然ひばりさんじゃない」なのに、この企画に関わった関係者が、みな「よかった」という番組の〆は違和感でしかありません。

関係者の多くが「よかった」と言っているので、「よかった」といわなければ、その場が成立しないのかもしれませんが、なんだか「裸の王様」みたいに感じました。

 

ただ、個人的には、面白いチャレンジだったと思います。

紅白で披露された時、Twitterでリアルタイムの世間の声をチェックして、私が感じた違和感が少数派なのか否かを確認したいと思います。

 

【好評発売中!】
『ISOの復権 マネジメントシステム認証制度が社会的価値を持つために必要なこと

(ブイツーソリューション刊)

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4434262858/bloglogcom-22/ref=nosim/

 

“できるビジネスマンのマネジメント本”(玄武書房)

https://www.amazon.co.jp/dp/4909566066/

 

【よかったらメルマガ読者登録お願いします♪】
(パソコンでアクセスしている方)

author:有賀正彦, category:スポーツ・芸能に関する話, 12:04
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: トラックバック機能は終了しました。