RSS | ATOM | SEARCH
フルマラソン100回に到達したプロランナー川内優輝選手

JUGEMテーマ:スポーツ

 

元公務員ランナーで、今年の4月からプロランナーとなった川内優輝選手が、2019年12月15日に開催された第50回防府読売マラソンで、節目の「フルマラソン100回」となったそうです。

 

スポニチアネックスの報道によると、

・100回目のマラソンは、2時間14分17秒で7位に終わり、3連覇を逃した

・20キロ手前で先頭集団から脱落し、過去4度優勝の大会でワーストの成績

・初出場で女子5位の侑子夫人(34)に順位でも劣った

・「節目の大会で自分でも恥ずかしい結果。申し訳ない」と肩を落とした

・4月にプロ転向した今季は10月の世界選手権(ドーハ)29位など不振続き

・世界選手権に備えて高地トレなどを避けた

・「スピードが凄く落ちている。心肺機能が落ちたのか、少しペースが変化すると苦しくなって前半でもついていけない。相当深刻な状態」と明かした

(記事より、筆者が引用編集)

 

4月のプロ転向激励会、5月の河北新聞錦秋湖ハーフマラソンでお会いした時は、「世界選手権までには調子を上げて行けると思う」とおっしゃられて、いちファンとしても期待していましたが、全盛期の川内さんからは程遠い結果となっています。

世界陸上後は、季節も涼しくなってこれからが川内さんの季節だろうなぁ、と思っていましたが、福岡国際、今回の防府読売と、川内さんの相性が良い大会でもタイムが出ていないので「異変」を感じていました。

記事にもあるように「スピード変化に心肺がついて行かない」は深刻な状況です。

来年は高地合宿も計画されているそうなので、「復活」そして、念願の2時間7分台を達成して欲しいです。

 

2019年12月15日付の日刊スポーツによると、川内さんの「100回」の内訳は以下の通りだそうです。

優勝41度、2位9度、3位8度、4位6度、5位0度、6位6度、7位4度、8位5度、9位4度、10位2度、11位2度、12位1度、13位3度、14位1度、15位0度、16位1度、17位1度、18位2度、19位2度、20位1度、21位以下1度(29位)。

 

《100回の全成績一覧》

 <2009年>

 (1)2月1日 別府大分毎日 20位 2時間19分26秒

 (2)3月22日 東京 13位 2時間18分18秒

 (3)12月6日 福岡国際 13位 2時間17分33秒

 <2010年>

 (4)2月28日 東京 4位 2時間12分36秒

 (5)12月5日 福岡国際 10位 2時間17分54秒

 <2011年>

 (6)2月27日 東京 3位 2時間8分37秒

 (7)9月4日 世界選手権大邱大会 18位 2時間16分11秒

 (8)10月30日 大阪 4位 2時間14分31秒

 (9)12月4日 福岡国際 3位 2時9分57秒

 (10)12月18日 防府読売 2位 2時間12分31秒

 <2012年>

 (11)2月26日 東京 14位 2時間12分51秒

 (12)4月15日 かすみがうら 優勝 2時間22分38秒 ※

 (13)4月29日 デュッセルドルフ 8位 2時間12分58秒

 (14)7月1日ゴールドコースト 4位 2時間13分26秒

 (15)8月26日 北海道 優勝 2時間18分38秒 ※

 (16)9月16日 シドニー 優勝 2時間11分52秒

 (17)10月21日 ちばアクアライン 優勝 2時間17分48秒 ※

 (18)12月2日 福岡国際 6位 2時間10分29秒

 (19)12月16日 防府読売 優勝 2時間10分46秒 ※

 <2013年>

 (20)1月18日 エジプト国際 優勝 2時間12分24秒

 (21)2月3日 別府大分毎日 優勝 2時間8分15秒 

 (22)3月17日 ソウル国際 4位 2時間8分14秒

 (23)4月21 長野 優勝 2時間14分27秒

 (24)6月2日 千歳JAL国際 優勝 2時間18分29秒 ※

 (25)7月7日 ゴールドコースト 優勝 2時間10分1秒

 (26)8月13日 世界選手権モスクワ大会 18位 2時間15分35秒

 (27)10月13日 メルボルン 2位 2時間11分40秒

 (28)11月3日 ニューヨークシティ 11位 2時間12分29秒

 (29)12月1日 福岡国際 3位 2時間9分5秒

 (30)12月15日 防府読売 2位 2時間9分15秒

 <2014年>

 (31)2月16日 熊本城 優勝 2時間10分14秒

 (32)3月2日 びわ湖毎日 4位 2時間10分38秒

 (33)4月6日 さが桜 優勝 2時間13分2秒 ※

 (34)4月20日 とくしま 優勝 2時間15分25秒 ※

 (35)5月4日 ハンブルグ 9位 2時間9分36秒

 (36)6月1日 千歳JAL 優勝 2時間15分57秒

 (37)7月6日 ゴールドコースト 3位 2時間11分27秒

 (38)8月31日 シティトゥサーフパース 優勝 2時間12分55秒

 (39)10月3日 仁川アジア大会 3位 2時間12分42秒

 (40)11月3日 ニューヨークシティ 11位 2時間12分29秒

 (41)11月23日 福知山 優勝 2時間12分59秒 ※

 (42)12月7日 NAHA 優勝 2時間13分43秒 ※

 (43)12月21日 防府読売 優勝 2時間9分46秒 ※

 <2015年>

 (44)1月11日 いぶすき菜の花 優勝 2時間24分10秒

 (45)2月8日 延岡西日本 8位 2時間15分16秒

 (46)2月15日 高知龍馬 優勝 2時間15分6秒

 (47)3月15日 ソウル国際 16位 2時間13分33秒

 (48)4月19日 チューリッヒ 2位 2時間12分13秒

 (49)5月24日 黒部名水 優勝 2月17分57秒 ※

 (50)7月5日 ゴールドコースト 8位 2時間16分23秒

 (51)8月30日 シティトゥサーフパース 優勝 2時間16分23秒

 (52)9月20日 ケープタウン 9位 2時間16分33秒

 (53)10月11日 いわて北上 優勝 2時間13分21秒

 (54)11月1日 ニューヨークシティ 6位 2時間13分29秒

 (55)12月6日 福岡国際 8位 2時間12分48秒

 (56)12月20日 防府読売 2位 2時間12分24秒 ※

 <2016年>

 (57)1月10日 いぶすき菜の花 優勝 2時間15分14秒

 (58)3月6日 びわ湖毎日 7位 2時間11分53秒

 (59)3月20日 萬金石 2位 2時間14分12秒

 (60)4月24日 チューリッヒ 優勝 2時間12分4秒

 (61)7月3日 ゴールドコースト 2位 2時間9分1秒

 (62)9月27日 ベルリン 13位 2時間11分3秒

 (63)11月6日 ポルト 2位 2時間14分32秒

 (64)12月4日 福岡国際 3位 2時間9分11秒

 (65)12月18日 防府読売 3位 2時間12分45秒

 <2017年>

 (66)2月12日 愛媛 優勝 2時間9分54秒

 (67)4月2日 大邱国際 6位 2時間13分4秒

 (68)5月7日 プラハ 6位 2時間10分13秒

 (69)6月3日 ストックホルム 6位 2時間14分4秒

 (70)7月2日 ゴールドコースト 3位 2時間9分18秒

 (71)8月6日 世界選手権ロンドン大会 9位 2時間12分19秒

 (72) 9月16日 オスロ 優勝 2時間15分58秒

 (73)10月1日 別海町パイロット 優勝 2時間13分43秒

 (74)11月5日 ニースカンヌ 6位 2時間15分2秒

 (75)11月12日 さいたま国際 優勝 2時間15分54秒

 (76)12月3日 福岡国際 7位 2時間10分53秒

 (77)12月17日 防府読売 優勝 2時間10分3秒

 <2018年>

 (78)1月1日 マーシュフィールドロードランナーズニューイヤーズデイ 優勝 2時間18分59秒

 (79)2月11日 北九州 優勝 2時間11分46秒

 (80)3月18日 萬金石 優勝 2時間14分12秒

 (81)4月16日 ボストン 優勝 2時間15分58秒

 (82)6月3日 ストックホルム 4位 2時間22分57秒

 (83)7月1日 ゴールドコースト 9位 2時間14分51秒

 (84)8月26日 ニューカレドニア国際 優勝 2時間18分18秒

 (85)9月2日 日本最北端わっかない平和 2位 ※

2時間24分55

 (86)10月7日 シカゴ 13位 2時間16分26秒

 (87)10月28日 ベニス 7位 2時間27分43秒

 (88)12月2日 福岡国際 10位 2時間12分3秒

 (89)12月16日 防府読売 優勝 2時間11分29秒

 <2019年>

 (90)1月13日 いぶすき菜の花 優勝 2時間14分21秒

 (91)2月24日 静岡 優勝 2時間13分41秒 ※

 (92)3月10日 びわ湖毎日 8位 2月9分21秒

 (93)4月15日 ボストン 17位 2時間15分29秒

 (94)5月5日 バンクーバー 優勝 2月15分1秒

 (95)7月7日 ゴールドコースト 13位 2時間15分32秒

 (96)8月25日 ニューカレドニア国際 優勝 2時間17分24秒

 (97)9月1日 日本最北端わっかない平和 優勝 2時間20分28秒 ※

 (98)10月5日 世界選手権ドーハ大会 29位 2時間17分59秒

 (99)12月1日 福岡国際 12位 2時間12分50秒

 (100)12月15日 防府読売 7位 2時間14分17秒

 

ちなみに、このうち2012年のかすみがうら(私のフル4レース目)から数えて「15レース」(※印の大会)で川内選手と同じフルマラソンを走っています。

奥さまの川内侑子さんがスポーツ報知に手記を寄せていました。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191216-12150196-sph-spo

馴れ初めなど、ほのぼのエピソードですね。

 

【好評発売中!】
『ISOの復権 マネジメントシステム認証制度が社会的価値を持つために必要なこと

(ブイツーソリューション刊)

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4434262858/bloglogcom-22/ref=nosim/

 

“できるビジネスマンのマネジメント本”(玄武書房)

https://www.amazon.co.jp/dp/4909566066/

 

【よかったらメルマガ読者登録お願いします♪】
(パソコンでアクセスしている方)

author:有賀正彦, category:スポーツ・芸能に関する話, 07:47
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: トラックバック機能は終了しました。