RSS | ATOM | SEARCH
ディズニー・ジャパンの“感想漫画企画”

JUGEMテーマ:ニュース

 

2019125日付の朝日新聞デジタルが、

「アナ雪2のPR漫画投稿でステマ指摘 ディズニーおわび」

という見出し記事を報じていました。

 

記事によれば、

・問題となったのは、7人のツイッターのアカウントから123日午後に投稿された漫画の画像

・いずれの漫画も「アナ雪2」に登場するキャラクターなどを描き、好意的な感想をつづっていた

・投稿時間がほぼ同じだったことなどから、ステマを疑う声がSNSなどで上がった

・一部の投稿者らは124日午前にPRであったことを明かし、謝罪する文言を投稿した

・ディズニー・ジャパン側は「感想漫画企画」として7人の漫画家に作画を依頼(対価契約あり)

・ディズニー・ジャパンは、広告であることを明示してもらう予定だったと説明した

・「コミュニケーションに行き届かない部分があり、明記が抜け落ちる結果となった」と釈明した

(記事の概要、ここまで)

 

同種の問題として、201911月には、京都市がイベントや施策をPRするため、吉本興業と業務委託契約を結び、所属芸人がツイッターで投稿する問題があったばかりです。

この時は、広告主の京都市は「ステマではない」と言い切ってしまい炎上となりましたが、それと比較するとディズニー・ジャパンの対応は、素早いといえるでしょう。

 

ちなみに、ディズニー・ジャパンは、2019125日付で、

“「『アナと雪の女王2』感想漫画企画」に関するお詫び”

と題したお詫び文をウェブサイトで発表しています。

https://www.disney.co.jp/corporate/news/2019/20191205.html

 

謝罪文の中では、

「今後このような事がないよう、関係者一同、深く反省するとともに、コミュニケーション体制を見直し、再発防止策を講じてまいります」

と明記されています。

おそらく、契約書(または発注書)に、「SNS投稿の際には、「♯提供」、「#協賛」、「#PR」といったハッシュタグ表記をしてください」と明記し、依頼者の投稿内容をチェックする体制を確立させて、再発防止を図るのでしょう。

 

話題は変わりますが、先日、私のメールアドレスに、「ありがさんの生きざまや主張を取材し記事し、ウェブで公開したい」という連絡が飛び込んできました。

しかし、この手の連絡は、基本的に「裏」があり、注意が必要です。

すぐに、発信者やその会社をウェブでチェックすると、「有料PR会社」のようです。

つまり、「無料で掲載します」といいつつ、大手のメディア(テレビや雑誌)に有料で売り込みをかけることで対価を得るのが目的なわけです。

もちろん「情熱大陸」や「プロフェッショナル」のような有名番組に万が一(可能性としたら、億が一より低いでしょう(笑))取り上げられれば、お金を払ってでも出演したい!と思うかもしれませんが、それ以外は、お金の無駄遣いです。

また、世間的にも「どうせお金を支払ったPR記事(番組)でしょ」とバレバレです。

 

冒頭の話題に戻りますが、今の時代の宣伝は、そのものずばりのCMや広告よりも有名人のSNSを使った「クチコミマーケティング」が主流になった時代なんだなぁ、とつくづく感じ、「発信力のある人は対価がいただけてうらやましいなぁ」と感じる次第です。

(※ 自分を変える“気づき”ロジカル・シンキングのススメ メルマガ675号より)

 

【好評発売中!】
『ISOの復権 マネジメントシステム認証制度が社会的価値を持つために必要なこと

(ブイツーソリューション刊)

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4434262858/bloglogcom-22/ref=nosim/

 

“できるビジネスマンのマネジメント本”(玄武書房)

https://www.amazon.co.jp/dp/4909566066/

 

【よかったらメルマガ読者登録お願いします♪】
(パソコンでアクセスしている方)

author:有賀正彦, category:ニュースを題材にした話, 13:57
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: トラックバック機能は終了しました。