RSS | ATOM | SEARCH
重たく考えずに「是正処置」を実施しよう!(前編)

JUGEMテーマ:ビジネス

 

 

「是正処置」をざっくり説明すれば、「不適合原因を除去して、再発防止対策を実施すること」となります。

 

日常生活に例えれば、

 

《風邪をひいて高熱が発生した》→不適合

《風邪薬を飲んで熱を平熱に戻した》→修正処置

《風邪の原因を調査したら寝冷えによるものだった》→不適合原因

《室内温度が12℃以下になったら布団を重ねて寝冷えを防ぐ仕組みにした》→再発防止

 

という感じになります。

 

では、是正処置のトリガー(きっかけ)となりうるものには、どんなものがあるでしょう。

是正処置は、「不適合」が「出発点」になります。

では、この出発点となる不適合ですが、ざっくりと説明すれば「不適合とは要求事項を満たさないこと」です。

 

では、要求事項には、どんなものがあるかといえば、

・明示された要求事項

・暗黙の要求事項

・ニーズ、もしくは期待

があります。

 

このような観点で捉えると、

・市場(顧客/ユーザー)からの苦情

・利害関係者からの苦情

・内部監査による指摘

・外部監査による指摘

・法規制等の逸脱

・組織に該当する法規制等を主管する当局からの指摘

・提供する製品、サービスの不具合、ミス

・業務プロセスにおける手順の逸脱

・目標や目標達成手段の逸脱

・業務プロセスを実行、確認する上で気づいた不具合、ミス

・製造プロセスや業務プロセスの管理値からの逸脱

・会議やマネジメントレビュー等、内部コミュニケーションからの指示事項

・リスクマネジメントや改善活動等にて発生した情報

・システムや規定要求事項からの逸脱

・安全管理など事故の発生

・修正レベルの事象が頻発した場合

・その他上記以外の逸脱情報

といったものが、トリガーとして考えられます。

 

しかし、

・苦情

・監査での不適合

・製品不良

・法規制からの逸脱

・事故

以外は、あまり、「不適合」として認識されず、したがって、是正処置の必要性が評価されていないケースが多いです。

 

また、「間違いやミスに気づいたらすぐにやるから、それらは是正処置として扱っていない」と言われる方もいます。

「気づいたらただちに修正いている」・・・それ自体は、立派なことです。

しかし、それでは、間違いやミスの原因の除去になっていないので、仕組み上、また、間違いやミスが発生する可能性が懸念されてしまいます。

(後編に続く)

(※ 自分を変える“気づき”ロジカル・シンキングのススメ メルマガ658号より)

 

【好評発売中!】
『ISOの復権 マネジメントシステム認証制度が社会的価値を持つために必要なこと

(ブイツーソリューション刊)

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4434262858/bloglogcom-22/ref=nosim/

 

“できるビジネスマンのマネジメント本”(玄武書房)

https://www.amazon.co.jp/dp/4909566066/

 

【よかったらメルマガ読者登録お願いします♪】
(パソコンでアクセスしている方)

 

author:有賀正彦, category:ISOマネジメントシステム全般, 07:56
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.logcom.jp/trackback/868007