RSS | ATOM | SEARCH
運輸業界の課題“片荷輸送”の解消だけでは問題は解決しない

JUGEMテーマ:ビジネス

 

 

運送会社や物流会社の業務改善指導をしていて、必ず話題になるのは、

「片荷輸送」

です。

片荷輸送とは、「物流において、往路または復路のどちらか一方にしか荷物を積まないこと」を意味します。

 

ふつうに考えれば、ビジネス的に、片道が「空」にならないわけですから、業務効率が良いし、当然、売上も上がります。

また、環境的に捉えれば、他の会社やメーカーと協力して、共同配送などにより片荷輸送を解消すれば、トータル的には「環境に優しい輸送」ということにもなります。

つまり、一般的には、「片荷輸送解消」は、運輸業界において、永遠の課題なのです。

 

しかし、「片荷輸送解消」は、ケースによっては経営を圧迫する、と捉えている人もいます。

前述したように、片荷輸送は、トラックは行きも帰りも荷物を積めるので、売り上げは上がり理想的です。

しかし、積み荷を集約して片荷を減らし効率化を図っただけでは、ダメなケースがあるそうです。

具体的な問題は、

・ドライバーの長時間労働

・ドライバーの車中泊の助長

・小口荷物の場合、手積み作業が増える

といったケースです。

 

この結果、ドライバーの負担が増え、採用面で問題が出てくるそうです。

働き方改革の影響もあり、厚生労働省が策定した「自動車運転者の労働時間等の改善のための基準」によるとトラックドライバーの拘束時間は1日13時間が基本となります。

(注:状況によっては上限16時間までOK。ただし15時間を超えての拘束は週に2回まで。1ヶ月の拘束時間は293時間(書面による労使協定を結んだ場合は最大で320時間まで拘束可能))

 

オートメーション化が進んだ工場において「業務効率化」といえば、即利益アップにつながることが多いです。

しかし、人間が作業する部分が多い運輸業界では、業務効率化とともに労働環境にも配慮しないと「労働強化」になってしまうのです。

 

鉄道のように、長距離運行の場合は、途中で「乗務員が代わります」方式がトラック輸送の場合もできるといいのですが、難しいのでしょうね。

(※ 自分を変える“気づき”ロジカル・シンキングのススメ メルマガ649号より)

 

【好評発売中!】
『ISOの復権 マネジメントシステム認証制度が社会的価値を持つために必要なこと

(ブイツーソリューション刊)

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4434262858/bloglogcom-22/ref=nosim/

 

“できるビジネスマンのマネジメント本”(玄武書房)

https://www.amazon.co.jp/dp/4909566066/

 

【よかったらメルマガ読者登録お願いします♪】
(パソコンでアクセスしている方)

author:有賀正彦, category:経営・ビジネスに関する話, 07:25
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.logcom.jp/trackback/868005