RSS | ATOM | SEARCH
連帯責任(前編)

JUGEMテーマ:日記・一般

 

辞書によると「連帯責任」とは「複数の者が連帯で負担する責任」と定義されている。

 

例えば、スポーツの世界。

2018年は「日大アメフト部」の「悪質タックル問題」がありました。

この際にどうなったのかを振り返ると、「2018年シーズンのリーグ戦への不参加」という処罰になりました。

また、枚挙にいとまがありませんが、高校野球では所属部員が窃盗事件を起こしたり、部室で複数の選手の喫煙が発覚する・・・といった問題があると「直近の大会への不参加」という処分が高野連から発表されます。

 

これらは、まさに「連帯責任」の事例でしょう。

「何をもって組織ぐるみ」と定義するかは別にして、「組織ぐるみの問題」は、組織全体の責任であり、組織全体で処罰を受けるのは当然です。

しかし、日本においては「個人の不祥事でも団体全体が責任を取る」ことが、半ば常識化しています。

なぜ、そうせざるを得ないのかは、

・その団体に苦情が多数寄せられる

・報道されることで組織全体のイメージが損なわれるのを懸念して活動を自粛する

といった理由でしょう。

 

また、「日本の管理方式」もその理由かもしれません。

昔の事例なのでピンと来ない方も多いかもしれませんが、プロ野球の世界で、かつて「常勝軍団」といわれた時代の西武ライオンズを率いていたのは、「広岡達朗監督」や「森祇晶監督」でした。

彼らの特徴は「管理野球」です。

広岡監督が実施した管理野球は、

「徹底して選手の夜遊びや飲酒を禁止し、自然食を取り入れる」

といったことを実施したわけです。

広岡監督以前は、「フィジカル管理は勘や経験」の時代。

そこに「科学的な視点を取り入れた」ことは「大きな改革」でした。

 

しかし、例えば、

・白米より玄米の励行

・肉の大量摂取禁止

・守備や打撃練習では、口うるさいほど基本の徹底

・門限の設定

・オフの過ごし方

・・・

などグランド内はもちろん、ユニフォームを脱いでからも選手を管理しました。

この「管理野球の賛否」は別の機会に譲りますが、要は、

「君が問題を起こせば、チームのみんなに迷惑をかけるよ」

という考えのもとで「選手を管理」すれば、組織としてのリスクは極めて低いものとなり、管理はしやすくなります。

広岡監督の例はプロ野球ですが、学校スポーツにおいては「スポーツは教育の一環」という観点から「私生活を含めて指導者の責任、学校の責任」が問われます。

つまり「問題を誰かが起こした時は組織全体の責任」となるわけです。

(後編に続く)

(※ 自分を変える“気づき”ロジカル・シンキングのススメ メルマガ637号より)

 

【好評発売中!】
『ISOの復権 マネジメントシステム認証制度が社会的価値を持つために必要なこと

(ブイツーソリューション刊)

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4434262858/bloglogcom-22/ref=nosim/

 

“できるビジネスマンのマネジメント本”(玄武書房)

https://www.amazon.co.jp/dp/4909566066/

 

【よかったらメルマガ読者登録お願いします♪】
(パソコンでアクセスしている方)

author:有賀正彦, category:一般コラム, 09:54
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.logcom.jp/trackback/868002