RSS | ATOM | SEARCH
“改善のトヨタ”は職場環境を改善する能力は低かった

JUGEMテーマ:ニュース

 

20191119日付の読売新聞が、

「「学歴ロンダリングだ」上司が侮辱…自殺したトヨタ社員、適応障害で労災認定」

という見出し記事を報道していました。

 

記事によると、

2017年にトヨタ自動車の男性社員(当時28歳)が自殺した

・自殺の原因は、上司のパワーハラスメントで発症した適応障害が原因だったとして、豊田労働基準監督署が労災認定した

・遺族側は「トヨタ側の対応が不十分だった」として損害賠償を求めることも検討している

・労災認定は2019911日付

・遺族側代理人の立野嘉英弁護士によると、男性は東大大学院修士課程修了後の20154月に入社

20163月に車両設計を担当する部署に配属されたが、直属の上司から暴言を浴びせられた

・また、地方の大学を卒業して東大大学院に進んだことを「学歴ロンダリングだ」と侮辱された

・その結果、適応障害を発症し、20167月から3か月間休職した

2016月に復職した後は社内の別のグループに異動したが、席はこの上司の近くにされた

・仕事でプレッシャーがかかった時などに手足が震えたり、ミスが増えたりすることが続いた

・周囲に「死にたい」などと漏らすこともあった

20171030日に、社員寮の自室で自殺した

・トヨタ自動車広報室は、心からご冥福をお祈りし、ご遺族にはお悔やみを申し上げる

・労基署の決定を真摯に受け止め、労災の防止、社員の健康管理に一層努める

ということだそうです。

 

「世界のトヨタ」、「品質のトヨタ」、「改善のトヨタ」ですが、職場環境の問題点を見つけ、再発防止する能力は低かったようです。

世間一般で知られているように、トヨタ自動車では、改善活動が活発です。

以前の職場に、トヨタ自動車のエンジン開発部門から出向(のちに転籍)していた方がおり、職員に対して年間の提案件数の目標があるという話を聞いたことがあります。

改善には、問題が顕在化して、その原因を究明し、再発防止し、かつ、他の事例や他部門でも同様のことがないか、水平展開する活動や問題が発生する前に問題の予兆を見つけ、その原因を究明して対策を打つ活動があります。

今回の「パワハラや侮辱による適応障害の発症」は、「適応障害」という問題が顕在化しているケースで、最終的に「自殺」という最悪の結果を迎えたのですから「再発防止は効果的でなかった」ということになります。

 

このように考えていくと「改善のトヨタなんて嘘っぱちだ!」と思えてしまうほど職場環境に関する再発防止のプロセスが機能していません。

適応障害の原因が「上司のパワハラ、侮辱」であるのなら、将来を嘱望されて入社した新人を異動させるのではなく、上司を異動させるべきでしょう。

トヨタほどの会社が、管理職人材に困っているとは思えません。

長い目で見たら、技術的素養がある若手を育てた方が組織としてメリットがあったはずです。

 

仮に、この「パワハラ・侮辱上司」は、現状、「余人をもって代えがたい」との判断であるならば、新人の異動先をこの上司とはほとんど関りのない部署へ異動させるべきでしょう。

しかも、異動した後も自殺した男性は周囲の人に「死にたい」と漏らしていたのですから、「自殺という最悪の結果」につながる予兆はあったわけです。

しかし、トヨタは、それを知っていたとしたら、労務管理部門や男性の異動先上司は「無能・無策であった」としか言いようがありません。

また、「適応障害が異動後にも発生しているとは知らなかった」というのであれば、内部通報や内部監査など男性が異動した後の職場環境が正常化しているかどうかを監視する仕組みや能力に不備があった、ということになります。

 

トヨタは、言わずと知れた日本を代表する企業ですが、職場環境に関する管理体制レベルは、こんなものか、と感じてしまうニュースです。

 

自殺した男性は、地方大学から東大大学院に進学し、おそらく修士課程を修了してトヨタに入社したのでしょう。

私の同級生にも博士課程は東大大学院に進学した友人がいますが、まわりが「学部から東大ではない」ことを知っているのだから、「学歴ロンダリング」ではありません。

また、ノーベル物理学賞を受賞した梶田教授は学部は埼玉大学ですし、「学部から東大ではない人の能力が劣る」ということは言えません。

「素行が悪い」など新人社員に問題がなければ、部下を育てられないこの上司や職場環境、企業風や価値観に重大な問題があるわけです。

 

それにしても、偏差値50ぐらいの高校から一流大学に進学した場合は褒めたたえられるのに、地方や二流・三流大学から一流大学大学院に進学した場合は、少しバカにされるのでしょう。

たぶん、前者は「入試」、後者は「推薦」という印象があるからだと思いますが、今の時代、前者も多くが推薦やAO入試なんですけどね。

 

【好評発売中!】
『ISOの復権 マネジメントシステム認証制度が社会的価値を持つために必要なこと

(ブイツーソリューション刊)

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4434262858/bloglogcom-22/ref=nosim/

 

“できるビジネスマンのマネジメント本”(玄武書房)

https://www.amazon.co.jp/dp/4909566066/

 

【よかったらメルマガ読者登録お願いします♪】
(パソコンでアクセスしている方)

author:有賀正彦, category:ニュースを題材にした話, 10:26
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.logcom.jp/trackback/867992