RSS | ATOM | SEARCH
アマゾンから撤退するナイキ

JUGEMテーマ:日記・一般

 

20191114日付のWWWジャパンが、

「「ナイキ」がアマゾンから撤退」

という見出し記事を報じていました。

 

記事によると、

1113日、今後アマゾンで自社製品の販売を行わないことを明らかにした

・理由は、「消費者とより直接的で緊密な関係を築いていくため」としている

・その他の小売業者や販売のプラットフォームとは引き続き独自の関係強化に努めていく

・販売公式サイトとアプリでの一連のサービス促進目的でアマゾン ウェブ サービス維持予定

・近年、数多くの小売企業が事業コントロールの喪失を恐れてアマゾンでの販売を止めている

2017年夏にナイキとアマゾンは、偽造品の流通や不正販売業者に対する監視を強化

・限定モデルのシューズやアクセサリー、衣服を販売した

Amazonからの撤退の大きな理由は、当初の目論見が外れたため(証券アナリストによる)

・いまだ第三者によって大量のナイキ製品が販売されており、偽造品の販売も横行している

・そういった販売業者はアマゾンにとって大きな収入源であるため、今後も排除を期待できない

ということのようです。

 

アマゾンからのメーカーや小売企業の撤退は、これからも、ケースバイケースで増えていくでしょう。

最近は、自社ブランド力がある企業は、自社のECサイトや配送網が充実しつつあるので、Amazonに頼る必要はないのでしょう。

また、アマゾンも、「高品質・低価格」を掲げる独自ブランド「Amazon Basic」を打ち出していますので、家電、衣類などについて、同様の商品を売るメーカーとは益々客層が被ります。

 

ナイキについては、自社のブランドイメージを高めることに今は、力を注いでいるので、同じアマゾンのサイト内で、模造品販売や正規販売店でない販売業者がいること自体が「価値を下げる」と捉えているのでしょう。

 

話はそれますが、ランニングの世界では、ナイキ旋風が吹き荒れています。

市民マラソンレベルでも、日本の場合、アシックス、アディダス、ミズノを履く市民ランナーが多かったですが、アスリート志向が強い市民ランナーは、今ではすっかりナイキです。

現在の私のように、月間100キロ未満の「なんちゃって市民ランナー」にとっては、タイム的には、たいして差が出ないと思いますが、最近はフルマラソン後の疲労蓄積が激しいので「厚底で軽量」なら、とうとう重い腰を上げて(笑)「履いてみようかな」という気になります。

ただ、経年変化や劣化が価格の割に激しい、という話を履いている知人たちから聞くと、若干二の足を踏みますね。

(※ 自分を変える“気づき”ロジカル・シンキングのススメ メルマガ672号より)

 

【好評発売中!】
『ISOの復権 マネジメントシステム認証制度が社会的価値を持つために必要なこと

(ブイツーソリューション刊)

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4434262858/bloglogcom-22/ref=nosim/

 

“できるビジネスマンのマネジメント本”(玄武書房)

https://www.amazon.co.jp/dp/4909566066/

 

【よかったらメルマガ読者登録お願いします♪】
(パソコンでアクセスしている方)

author:有賀正彦, category:一般コラム, 05:42
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.logcom.jp/trackback/867989