RSS | ATOM | SEARCH
ステマ広告に対する京都市と吉本興業の認識と再発防止策

JUGEMテーマ:ニュース

 

20191028日に京都新聞が、

「吉本漫才コンビ、ツイートは「ステマの疑い」 京都市の広告と明示なし、識者「アンフェア」」

という見出し記事を報じ、ワイドショーやネットでちょっとした騒動になっています。

 

京都新聞の記事によると、

・京都市が、市の施策を吉本興業に所属する地元出身の漫才コンビにツイッターでPRしてもらった

・ツイート1回につき、50万円を支払う契約を2018年度に吉本興業と結んでいた

・ツイートに京都市の広告であることを示す記述はない

・漫才コンビ(人気芸人のミキ)が自発的につぶやいているようにみえる

・口コミを装ったステマ広告が社会問題化する中、識者は自治体広報として「不適切」と指摘する

・・・

ということのようです。

 

そもそも「ステマ」とは、

・ステルスマーケティングの略称

・消費者にマーケティングや宣伝と分からないように、秘かに宣伝行為をすること

を指します。

 

ステマが倫理的に問題なのは、

SNSなどでのクチコミを装った宣伝により消費者が騙される可能性があること

です。

確かに、お笑いコンビのミキが自発的に郷土愛からツイッターで京都の魅力をつぶやけば、「観光してみたい」となるかもですが、対価をもらって宣伝していることを隠せば、クチコミに対する評価は確かに変わります。

したがって、業界団体のガイドライン(JIAAWOMJ)にしたがって、「#提供」、「#協賛」、「#PR」といったハッシュタグ表記をすることは当然なのでしょう。

 

しかし、記事にもありましたが、京都市は、

「ツイートを市の委託だと理解できる人は少ないだろうが、隠そうという意図はない。必ずしも(市が広告主と)明記しなければいけないという意識はない」

という認識です。

 

報道では、吉本興業は、京都市に対して、

・京都市盛り上げ隊 広報活動 出演費 200万円

・京都市盛り上げ隊 SNS発信 50万円×2件 100万円

・京都市交通局コラボポスター 120万円

という請求書を発行しているそうです。

つまり、京都市の「京都市盛り上げ隊」に関する吉本興業所属芸人の一連の広報活動契約には、「SNSでの発信」が含まれており、明らかに「ミキが自主的にツイートしたもの」ではないわけで、「明記しなければならないという認識はない」という認識がそもそも間違っている気がします。

 

それにしても、京都市担当者のステマ広告に対する認識の不理解も問題ですが、出演芸人を管理する吉本興業もなぜ、京都市発注の「京都市盛り上げ隊」に関わる芸人に対して「SNSで情報発信する際には、ハッシュタグでツイートする場合は“提供、協賛、PR”等の表示をしなさいよ」と指示・管理していなかったのか、です。

 

今回の問題の再発防止は、

・京都市担当者がステマに対する理解を再認識する

・京都市は吉本興業に発注する際に、タレントのSNS発信情報への表示をしっかり指示する

・吉本興業は関係タレントにしっかり指示を伝える

・吉本興業の所属タレントへの業務指示内容の管理方法とステマに対する認識を見直す

といった対策が必要な騒動だといえるでしょう。

 

【好評発売中!】
『ISOの復権 マネジメントシステム認証制度が社会的価値を持つために必要なこと

(ブイツーソリューション刊)

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4434262858/bloglogcom-22/ref=nosim/

 

【よかったらメルマガ読者登録お願いします♪】
(パソコンでアクセスしている方)

author:有賀正彦, category:ニュースを題材にした話, 15:00
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.logcom.jp/trackback/867970