RSS | ATOM | SEARCH
台風19号による教訓を行政はもちろん私たちも認識し検討しなければならない

JUGEMテーマ:ニュース

 

20191012日に日本列島を直撃した台風19号の被害状況が、徐々に明らかになってきました。

20191013日(2045分)配信の「AERA dot.」の情報だと、

総務省消防庁の発表(13日午後6時時点)では、

・全国で死者は14人、行方不明者は11人、重軽傷者は180人を超す大きな被害となっている

・避難者数は1013日正午時点で約23万人

だそうです。

 

当初、メディアでは、最悪の場合、死傷者は数千人規模(8000人と予測した記事も確かあった)と報じていたので、その予想と比較すれば、ことばは不謹慎ですが「不幸中の幸い」レベルで被害はおさまったといえるのかもしれません。

 

また、この「AERA dot.」では、

「「コンビニの棚は空」「動物を置いて避難できない」台風19号で露呈した東京のもろさ〈週刊朝日〉」

という見出し記事を報じていますので、概要を記しておきたいと思います。

 

《北陸新幹線》

・長野市内の車両基地が冠水し、10編成、計120両が水につかった

・全車両の約3分の1が被害に遭うという異常事態

・北陸新幹線の運転再開の見通しは立っていない

JR東日本によると「水につかった車両は最悪の場合、使えなくなる可能性がある」という

 

《東京の影響と災害に対する脆さ》

・交通機関の計画運休によって住民が孤立化した

・都内の人は、移動手段は鉄道やバスに頼っているため、運休が始まると身動きがとれなくなる

12日から13日夕方まで段階的に続いた運休により従業員らが出勤できないこともあった

・その結果、都心のほとんどの小売店や飲食店が臨時休業した

・タクシー運転手らも移動できないためタクシーの台数もまばらとなった

・物流がマヒし、営業している一部のコンビニでもお弁当やおにぎりなどの棚は空っぽ

 

《東京の避難体制》

・都心の住民には、地域との関わりが薄く、訓練に参加しない人もたくさんいる

・東京23区では避難指示や避難勧告が多数出された

・しかし、ネット上では「そもそも避難場所がわからない」という声があった

・携帯・スマホの緊急速報メールで避難情報を知らされても、どうしていいかわからない

・ペットの対応はバラバラで、同じ区内でも受け入れた避難所と、だめなところがあった

・災害を経験している自治体では、こうしたケースに職員が臨機応変に対応しやすい

・台東区では、「ホームレス」とみられる人が、避難所での受け入れを12日に拒否された

・台東区では避難所を開設したことが少なく、住民以外にどう対応するかの観点がなかった

・今回の台風では駅や地下鉄施設などが早い段階で閉鎖され、雨風をしのげる場所が少なかった

・避難では外国人観光客らへの対応も課題となる

・来年の東京五輪・パラリンピックも控えている

・日本語が通じず災害情報が届きにくい外国人へのケアが課題となる。

(記事の概要(引用)、ここまで)

 

北陸新幹線の車両冠水については、1013日付のコラムで触れましたが、水没車両が合計120両になっているとはショックです。

個人的には、仕事で、1011日に北陸新幹線を利用したので、その時乗車した車両ももしかしたら、車両基地で浸水してしまったのかも、と考えるととても残念で、感慨深いものがあります。

 

食料調達、都内の移動手段については、今回の台風のように「12日程度でおさまる」災害に対しては、「都内がゴーストタウンと化してもしょうがない」という気持ちを私たちが持つしかないのでは、と思います。

要は、お店が臨時休業し、公共交通機関は計画運休、タクシーもまばら、という状態を「災害時は当然」と捉えた生活や行動をとる必要があるでしょう。

 

対策の検討が必要なのは、外国人はもちろん、日本人を含め出張者や旅行者、ホームレス、ペットなどへの対応でしょう。

 

表現は不適切ですが、今回の台風は、当初予測された最悪の予想より被害規模は小さかったと思います。この台風19号で得られた知見を自治体はもちろん、政府レベルでしっかりと検証と対応をして行かなければ、災害規模が大きい場合、都心は大パニックに陥ることになるでしょう。

 

【好評発売中!】
『ISOの復権 マネジメントシステム認証制度が社会的価値を持つために必要なこと

(ブイツーソリューション刊)

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4434262858/bloglogcom-22/ref=nosim/

 

【よかったらメルマガ読者登録お願いします♪】
(パソコンでアクセスしている方)

author:有賀正彦, category:ニュースを題材にした話, 07:50
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.logcom.jp/trackback/867955