RSS | ATOM | SEARCH
MGCと3枠目の展開

JUGEMテーマ:スポーツ

 

2020年東京五輪代表選考会「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」が2019915日に、五輪のマラソンコースとほぼ同じコースで開催されました。

 

男子は、850分のスタート直後に、元日本記録保持者で2時間611秒の設楽悠太選手が、冬場のレースのようなハイペースで「大逃げ」し、女子は、出場10選手のうち最年少22歳のワコールの一山麻緒選手が、これまた日本記録ペースで飛び出し、盛り上がりの序盤となりました。

 

個人的な感想ですが、結論から言えば、

・設楽選手、一山選手ともに、積極的なレースを選択し、あっぱれだった

・女子は特に「代表狙い」ではなく、「東京五輪でメダルを獲得する」という決意があった

・代表が決まった男子のレース展開では、東京五輪ではアフリカ勢に前半でふるい落とされてしまう

・女子の前田穂南選手の走りなら、東京五輪でも30キロまではトップ集団について行けそう

MGCは、代表選考プロセスが、わかりやすくて選手も納得しそう

・・・

と感じました。

 

ニュース報道では、プロジェクトリーダーの瀬古利彦氏は、「MGCは東京五輪限定の制度」、「東京五輪で結果が出なければ2020以降はない」と語っているそうです。

確かに、マラソン界は、スポンサーに支えられており、代表選考レースと言われる男子であれば、福岡国際、別府大分、東京、びわ湖毎日、女子でいえば、さいたま国際、大阪国際女子、名古屋ウィメンズは莫大な放映料が陸連には流れます。

したがって、五輪のたびに、毎回、MGCを採用すると、きっと各方面の調整が大変なのでしょう。

 

けれども、女子はともかく、男子は、リオ五輪当時と比較すると、MGC基準で比較すると、MGC基準クリアの対象者が倍増している、かつ、日本記録が2回も更新されたことを考えると、東京五輪で結果が出るか否かは別にして、少なくとも、日本のマラソン男子のトップ層を厚くしたことには間違いありません。

 

東京五輪が終わらなければ、結論は出ませんが、MGCにデメリットがあるとすれば、

・事実上、MGC一発選考なので、同じようなレース展開に強い選手が選ばれる

・いろんなタイプの選手を選ぶなら、複数大会から選考した方がいい可能性がある

という点でしょう。

 

今回、「3枠目」は、2019-2020シーズンに開催されるレースで、

・男子は2時間549秒以内

・女子は2時間2222秒以内

をクリアした選手の最上位選手、該当者がいない場合は、MGC3位選手が、「3枠目」に決定するというシステムです。

 

タイムを眺めてみれば、男子の「2時間549秒」は、今回「大逃げ」に失敗した設楽選手は狙ってくるでしょうし、マラソンの玄人ファンから「イチオシ」されていたにもかかわらず、完走選手中最下位に終わった井上大仁選手も、もちろん狙ってくるでしょう。

また、その展開を予想して、3位だった大迫選手も出場を検討するでしょうし、男子は「ハードルは高い」ですが、3枠目の設定タイムを超えてくる選手がいるかもしれません。

 

女子ですが、タイム的には、自己ベストで捉えると、忍者走りの安藤友香選手(2時間2136秒)、MGC5位で代表を逃した松田瑞生選手(2時間2223秒)、リオ五輪代表の福士加代子選手(2時間2217秒)、今回のMGCは故障で欠場したダイハツの前田彩里選手(2時間2248秒)、関根花観選手(2時間237秒)あたりは、当然、再チャレンジしてくるでしょうし、現実的にもクリアできる可能性は高いでしょう。

クリアする選手が出てくると、MGC女子4位の小原怜選手は、リオ五輪の「1秒の悲劇」と同じで「4秒の悲劇」と言われるでしょう。

 

さて、本日のMGCで代表を決めた4選手を称え、挙げておきたいと思います。

東京五輪男子代表(内定)

・中村匠吾選手 2時間1128

・服部勇馬選手 2時間1136

東京五輪女子代表選手(内定)

・前田穂南選手(天満屋)2時間2516

・鈴木亜由子選手(日本郵政グループ)2時間2906

 

選手の皆さん、暑くて湿度の高いレース、お疲れさまでした。

 

【好評発売中!】
『ISOの復権 マネジメントシステム認証制度が社会的価値を持つために必要なこと

(ブイツーソリューション刊)

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4434262858/bloglogcom-22/ref=nosim/

 

【よかったらメルマガ読者登録お願いします♪】
(パソコンでアクセスしている方)

author:有賀正彦, category:スポーツ・芸能に関する話, 16:17
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.logcom.jp/trackback/867926