RSS | ATOM | SEARCH
東海道山陽九州新幹線の荷物事前予約制

JUGEMテーマ:ニュース

 

若干、旧聞の属する話題ですが。。。

最近話題の「東海道山陽九州新幹線の荷物事前予約制」について、少し触れておきます。

 

8月下旬に、JR東海、JR西日本、JR九州が20205月中旬から東海道、山陽、九州新幹線に特大の荷物を持ち込む場合は事前予約制とすることを発表しました。

ご存知の方も多いと思いますが、「荷物事前予約制」とは、

 

・近年、訪日外国人による大きな荷物の持ち込みが増えている

2020年夏の東京五輪・パラリンピックの際にはさらに増加が見込まれることを踏まえた措置

・各客室車両の最後部座席後方のスペースを専用置き場に設定

・最後部座席の指定席とセットで予約することが必要で、先着順

小さな荷物でも、最後尾の荷物スペースに置きたい場合は事前予約が必要になる

・事前予約なく荷物(3辺の合計が160センチ)を持ち込んだ場合は、手数料として1000円を支払う

3辺の合計が250センチを超える場合は、これまで通り持ち込めない

 

・・・というものです。

 

私の記憶では、以前から、JR東海(東海道新幹線)には、「大型荷物用置場設置」を望む声が、多くの利用者から上がっていました。

しかし、JR東海は、「東海道新幹線の利用者は、ビジネス層が中心なので大型荷物置場設置は不要」というスタンスを取ってきました。(と私は認識しています)

しかし、近年は、明らかに東海道新幹線のインバウンド需要が増え、大型荷物を持ち込む利用者が格段に増えています。

 

結果論になってしまいますが、「原因と結果」で考えれば、「ビジネス層以外の海外旅行者が増えた」、「ビジネス層でも昔より大型荷物を持ち運ぶ利用者が増えた」のが「網棚に乗せられない荷物の置場不足の原因」ですから、利用者の状況に合わせて、新車両を投入する際に、車両仕様(荷物置場スペース確保)の変更を、今回の対応策(荷物事前予約制)以前にしておくべきだったと思います。

 

それから、荷物事前予約に関するインフラ整備ですが、下記の点に現状問題・対策案があります。

 

・大型荷物は、主に外国人旅行者ですが、外国人旅行者が気軽に予約できる環境が弱い

(例:エクスプレス予約など)

・最後尾は普通車で5席あるが、仕切り線等がないため「5人の客同士で置場の陣地問題」が起きる

・最後尾予約は、窓口での当日販売のみにする

 

また、「荷物持ち込み料として1000円支払った」場合、利用者には「お金を払っている」という意識が働くはずです。

つまり、「専用置場」や「損傷・盗難」といった責務を利用者はJR側に求めると思います。

20205月から「いきなりルール変更・運用」とするのではなく、JRは、運用テストを繰り返し、想定される問題を整理して、対処しておくべきと思います。

 

【好評発売中!】
『ISOの復権 マネジメントシステム認証制度が社会的価値を持つために必要なこと

(ブイツーソリューション刊)

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4434262858/bloglogcom-22/ref=nosim/

 

【よかったらメルマガ読者登録お願いします♪】
(パソコンでアクセスしている方)

author:有賀正彦, category:ニュースを題材にした話, 09:49
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.logcom.jp/trackback/867913