RSS | ATOM | SEARCH
会社がひとつ上のステージに上がるために経営者が覚悟すべきこと

JUGEMテーマ:ビジネス

 

経営コンサルタントを仕事としていると、「なんでもこちらがやってくれる」と勘違いされていることがよくあります。

もちろん、「経営コンサルティング」と呼ばれる範囲は広いので、「役所に提出する申請書類」のような「行政手続き」であれば、「代行業務」がありますから、「専門コンサルタントにほぼおまかせ〜」ということもあります。

 

しかし、通常の企業からの経営課題は、「企業自身が最終的には身に着けて解決しなければいけないこと」が多いです。

要は、経営コンサルタントは「家庭教師」のようなものであり、「コンサルタントが生徒に変わってドリルを解く」ことはなく、「ドリルが正確に解けるよう教育したりアドバイスすること」が仕事ですから「すべておまかせ」されることは、そもそもおかしいわけです。

 

普通に考えれば、「あたりまえのこと」なのですが、人から紹介されて、クライアント候補の企業経営者や担当者と打ち合わせをしていると、「なんだかすべてお任せされている??」とあれれ???と感じることがあります。

 

若いころは、「せっかく、○○さんから紹介された話だし、ビジネスとしてお金にはなるし、指導に入っているうちに考え方も変えてくれるだろう」と「極めて希望的観測」で仕事を受けたことも多々ありました。

(※今なら、少し話してみて著しく勘違いされている経営者からのお話は、さりげなくスルーします。こちらが頑張って解説したところで状況は変わりませんので)

しかし、このようなケースでは、まず、クライアントとうまくいきません。

仮に、結果だけは一時的に出しても、効果が継続することはないです。

 

また、「経営コンサルタントは、私たちにこうするべきですよ、とアドバイスするのが役目で、その方法を最終的に選択するのは自分たちで、そのためには、自分たちの組織にあった仕組み構築して運用し、関係者に理解させて、教育して定着させることが大事だ」と理解していても、うまくいかないケースがあります。

 

それは「現状理解と分析→マネジメントシステムの構築→仕組みの理解と運用→継続的な改善と定着」というような過程を経ていくわけですが、その過程で生じる「マンパワー(労力)」に対する計画を確保していないからです。

 

簡単に言えば、定員ギリギリで休みなくフル稼働している企業に対して、コンサルティングをするとなると、「現状分析」や「仕組みの構築」「仕組みを理解させるための教育」・・・といったことは「企業のスタッフ自身がコンサルタントの指導の下、実施すること」なので、「時間が必要」です。

「普段の仕事もしっかりやって、コンサルタントのアドバイスも受けて指示に従って頑張れ」は、どう考えても無理です。

「ボーナスや査定にも影響する営業目標が課せられているスタッフにコンサルタントの指示にも従って作業をしてください」といったところで、日常業務の優先順位が高くなるのは、自明です。

 

「現状のままではだめだ、組織を変えなければ」と真剣に経営者が考えるのであれば、「次のステップ(ステージ)に行く(上がる)ための経営資源」を確保する覚悟と決意を経営者はしてほしいものだと思います。

(※ 自分を変える“気づき”ロジカル・シンキングのススメ メルマガ548号より)

 

【好評発売中!】
『ISOの復権 マネジメントシステム認証制度が社会的価値を持つために必要なこと

(ブイツーソリューション刊)

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4434262858/bloglogcom-22/ref=nosim/

 

【よかったらメルマガ読者登録お願いします♪】
(パソコンでアクセスしている方)

author:有賀正彦, category:経営・ビジネスに関する話, 07:12
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.logcom.jp/trackback/867909