RSS | ATOM | SEARCH
新“岡山の奇跡”は渋野日向子プロだ!

JUGEMテーマ:スポーツ

 

女子プロゴルフの5つの海外メジャー大会のひとつである「AIG全英女子オープン」で、プロ2年目の渋野日向子選手が、1977年「全米女子プロ選手権」の樋口久子以来となる日本勢42年ぶり2人目のメジャー制覇となった。

私は、ゴルフについては門外漢だが、女子プロゴルフ界としては42年ぶりの快挙なので備忘録的に残しておきたい。

 

2019年8月5日付のゴルフダイジェスト・オンラインによれば、

・渋野選手の最終日は、2打差の単独首位でスタート

・7バーディ、1ボギー、1ダブルボギーの「68」(パー72)でプレー

・通算18アンダー(66、69、67、68)としてメジャー初出場初優勝を遂げた

・前半に1つ落としたが、得意のバックナインで巻き返した

・最終18番で6mのバーディパットをねじ込んで振り切り、笑顔で栄冠を手にした

・ホールアウト後のインタビューで

 「(最後のパットは)打った瞬間はちょっと強かったと思った」

 「決めたかったので『入れ!』と思っていた」

 「泣きそうになったが、涙は出なかった」

 と話した

という。

 

ちなみに、渋野選手は、

・1998年11月15日生まれで、岡山市出身の20歳

・岡山県作陽高等学校出身

・あだ名は「しぶこ」

・中学までソフトボールもやっていた

・両親は陸上投てきの選手(父:円盤、母:やり)

・2018年7月にプロテストに合格(14位)

・2019年の国内メジャー「ワールドレディスサロンパスカップ」(5月9日〜12日)で初優勝

・「資生堂アネッサレディス」(7月4〜7日)で2勝目

・1998年度生まれの女子プロゴルファーは黄金世代と呼ばれる

・・・

というような選手です。

 

私が、渋野選手の存在を知ったのは、5月のサロンパスカップでの初優勝です。

この時、メディアが「遅れてきた黄金世代」と紹介していたので、「笑顔が特徴的だし、今後が楽しみな選手だな」とひそかに注目していました。

(黄金世代の選手例:畑岡奈紗、勝みなみ、新垣比奈、小祝さくら、原英莉花など)

すると、6月末の賞金ランキングで、4位に滑り込み、全英女子オープンの出場権を獲得。

この数ヶ月で、一気にスターダムにのし上がりました。

 

今回の全英女子オープンは、テレビ朝日が中継していたので、2日目以降は、ちらちらとテレビを見ていました。

メディアの報道でも言われていますが、

・プレイ中なのに笑顔が絶えない(オンとオフを切り替える)

・おにぎりや駄菓子(よっちゃん食品工業の「タラタラしてんじゃねーよ」)をよく食べる

・プレイ中なのに、ファンサービス(写真撮影、グローブプレゼント、握手)が多い

・キャディのコーチと談笑シーンが多い

といった、これまでの選手には見られないピリピリムードがあまりありません。

 

そして、プレースタイルも強気です。

全英の最終日も、パー4を刻まずにワンオン狙いとか、パットも思い切り打つシーンが多くショートが殆どありません。

もちろん、強気の攻めはリスクもあるので、ダメな時はダメ、なんでしょうけれど、今回の快挙はこの思い切りの良さもひとつの勝因でしょう。

 

話は全く変わりますが、

・岡山出身

・名前が「ひなこ」

という共通点でいえば、1997年生まれの女優「桜井日奈子」さんも頭に浮かびます。

桜井さんは、「岡山の奇跡」と呼ばれ、芸能界入りし、上京され、現在は大学に在籍しながらドラマやCMで活躍されています。

これからは、渋野さんが「岡山の奇跡」と呼ばれるに違いないですね。

 

【好評発売中!】
『ISOの復権 マネジメントシステム認証制度が社会的価値を持つために必要なこと

(ブイツーソリューション刊)

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4434262858/bloglogcom-22/ref=nosim/

 

【よかったらメルマガ読者登録お願いします♪】
(パソコンでアクセスしている方)

author:有賀正彦, category:スポーツ・芸能に関する話, 07:54
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.logcom.jp/trackback/867883