RSS | ATOM | SEARCH
札幌の2夜連続の熱帯夜は1961年以降初

JUGEMテーマ:日記・一般

 

20197月は、全国的に「過ごしやすい気温」でした。

しかし、7月後半から、異常な暑さに。

731日の北海道では、暑さが続いており、朝になっても最低気温が札幌で26.0度、余市で25.0度と2日連続で熱帯夜となりました。

気象庁の発表では、札幌で2日連続の熱帯夜となったのは、1961年以降では、初めてのことだそうです。

私は、もともと関東人なので、寝苦しい夜には慣れている方ですが、睡眠が浅くなり、もともと胃腸の状態を崩していたせいか、暑さと睡眠不足で疲れが十分に取れず、日に日に体力が落ちていくのを実感しました。

 

ちなみに、72628日は釧路に滞在していましたが、気温が32を超える暑さでした。

釧路は、北海道の中でも、1年中「涼しい」地方都市で、アスファルト路面など実際の気温を

別にして、少なくとも気象観測用の百葉箱の観測では、30を超えること自体が滅多にない町です。

 

したがって、釧路の飲食店など商業施設は、クーラーがない施設が数多くあります。

実際、ビジネスホテルにおいても、内装や建物の外装をリニューアルして都内だったら11万円を超えるようなビジネスホテルでも、「冷房はありません」と宿泊予約時に明記されているホテルは、今でも結構あります。

ただ、経験上、釧路でビジネスホテルに滞在するのは、陽が落ちてからなので、窓を開ければ、逆に肌寒いぐらいなので、冷房が無くても「不快」に感じることは殆どありません。

けれども、私の中では、「はじめて」でしたが、今回は「夜になってもそこそこ暑い釧路」でびっくりでした。

 

「観測史上初」的な異常気象が発生すると、「人為的な影響による地球温暖化」と直結させたい人が、必ずいます。

しかし、「観測史上」の観測は、日本のみならず、世界的にもせいぜい100年です。

また、地球誕生46億年はスケールが大きすぎるにしても、ホモサピエンス誕生が20万年前ですから、20万年レベルで捉えたとしても、この程度の気温の変化は別の要因(例:太陽活動の変化)で今までにもあったと個人的には思います。

 

話題を「猛暑」に戻しますが、最近の悩みは「眠りが浅いこと」です。

20代までは、寝不足が続いたある休みの日は「気づいたら20時間以上寝ていた」というようなこともありましたが、今では、からだが相当疲れていても、35時間で一度目が覚めてしまいます。

私の場合、目が覚めても、数分あればすぐに寝られるのですが、いずれにせよ、夜中に何度か目覚める状態は、「疲労が抜けていない」を実感します。

深い睡眠をとるための秘訣をご存知の方がいたら、教えて欲しいです。

(※ 自分を変える“気づき”ロジカル・シンキングのススメ メルマガ657号より)

 

※異常な暑さのせいか、訪問先の空調が効きまくっていたせいか、金曜の夕方から高熱でうなされています。

市販薬を飲んでじっと熱が下がるのを待っていますが、扁桃腺は腫れ、しんどいです。

 

【好評発売中!】
『ISOの復権 マネジメントシステム認証制度が社会的価値を持つために必要なこと

(ブイツーソリューション刊)

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4434262858/bloglogcom-22/ref=nosim/

 

【よかったらメルマガ読者登録お願いします♪】
(パソコンでアクセスしている方)

author:有賀正彦, category:一般コラム, 12:01
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.logcom.jp/trackback/867881