RSS | ATOM | SEARCH
プロセスの運用に必要なインフラストラクチャ

JUGEMテーマ:ビジネス

 

組織の仕事の仕組み(マネジメントシステム)が国際規格に適合し、有効に機能しているかを第三者が審査し、世間に公表するISOマネジメントシステム認証制度がある。

 

このISOマネジメントシステムについて、最近、個人的に気になっている点を備忘録代わりに、何回かに分けて少しまとめておきたい。

 

今回のテーマは、「プロセスの運用に必要なインフラストラクチャ」について。

 

品質マネジメントシステム規格(ISO9001:2015年版)では、「インフラストラクチャ」について、次のように要求事項が規定されています。

 

(以下、規格から引用)

組織は、プロセスの運用に必要なインフラストラクチャ、並びに製品及びサービスの適合を達成するために必要なインフラストラクチャを明確にし、提供し、維持しなければならない。

注記  インフラストラクチャには、次の事項が含まれ得る。

a)建物及び関連するユーティリティ

b)設備。これにはハードウェア及びソフトウェアを含む。

c)輸送のための資源

d)情報通信技術

(引用、ここまで)

 

マネジメントシステムを構築する際に、組織と議論になるのは、「どこまで管理すればいいのでしょうか?」という点です。

ISO認証審査を何年も受審し、認証機関といい意味で信頼関係が出来上がっていると、組織は、あまり慎重になりません。

しかし、認証審査をこれから初めて受審するというような組織の思考としては、

「できるだけ管理する範囲を狭くしたい」

という発想になるようです。

確かに、管理する範囲が増えると、審査で見られる範囲が増えるので、嫌だなぁ、という気持ちなのかもしれません。

 

では、管理対象の線引きをどう考えるか?

言わずもがなですが、規格要求事項でいえば、

「プロセスの運用に必要なインフラストラクチャ、並びに製品及びサービスの適合を達成するために必要なインフラストラクチャ」

の部分を組織としてどのように主張するか、でしょう。

 

私の今までの経験では、建設会社において、

「本社から車で5分程度の場所にある資材倉庫とそこにある資機材をマネジメントシステムの対象から外したい」

(フレコン、ブルーシート、土嚢袋、工事用看板、工事用コーンなど)

というような事例は、ゴマンとあります。

 

結論から言えば、

・組織がマネジメントシステムに影響しないことをどのように主張するか

・認証機関の組織の主張をどのように理解して判断するか

という点から、「対象にする場合」と「対象にしないことを認めてもらう場合」のいずれのケースもあります。

 

コンサルタントとしての立場であれば、

・土木構造物そのものの品質には影響を与えないが施工プロセスでは必要なインフラである

・資材の養生や安全管理、緊急事態における備品はプロセスの運用に必要なインフラである

という理屈で「対象にするべき」と組織にアドバイスするでしょう。

 

しかし、組織の中には、

「コンビニで容易に購入できる文具を管理対象にしますか?それと一緒で、ブルーシートや工事用コーンは特別な仕様のものを使用することはなくホームセンターで購入できるレベルなので管理は必要ない(対象とする必要がない)んです」

と主張される組織もあります。

 

理屈のつけ方が難しいのは、「品質マネジメントシステムでは対象にしていないけど、環境マネジメントシステムでは対象にしている」ケースです。

個人的には、環境マネジメントシステムに影響があるなら品質マネジメントシステムに影響がないという理屈は、一般論的には無理があるんじゃないだろうか?と思います。

また、認証審査の実務レベルでいえば、対象に入れたところで、審査上、特段の影響はないですから、「マネジメントシステムの対象外です」という理屈を主張する方が骨が折れるし、審査としても常識的な管理方法(例:責任部署、倉庫のセキュリティなど施設管理、清掃、数量確認など)を説明するだけなので、「対象にしておけばいいのに」と思います。

(※ 自分を変える“気づき”ロジカル・シンキングのススメ メルマガ655号より)

 

【好評発売中!】
『ISOの復権 マネジメントシステム認証制度が社会的価値を持つために必要なこと

(ブイツーソリューション刊)

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4434262858/bloglogcom-22/ref=nosim/

 

【よかったらメルマガ読者登録お願いします♪】
(パソコンでアクセスしている方)

author:有賀正彦, category:ISOマネジメントシステム全般, 07:03
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.logcom.jp/trackback/867880