RSS | ATOM | SEARCH
吉本興業は下請法または独禁法に抵触する懸念がある

JUGEMテーマ:ニュース

 

所属タレントの闇営業問題(反社会的組織のパーティ)に端を発した吉本興業HD関連の報道が連日続いています。

 

闇営業→反社会的組織のパーティに出席→パワハラと話題は変遷していますが、その流れにおいて、吉本興業HD(吉本興業など子会社も含めた意図で以下記述)として「コンプライアンス違反の懸念」がささやかれています。

 

ポイントとなるのは、ひとことで言えば「紙(電子媒体含む)の契約書、発注書がないこと」に尽きるでしょう。

以前から、吉本興業所属タレントはバラエティ番組などで、ネタとして「うちは、契約書がないんです。だから売り上げの何パーセントが取り分かわかりません」という話をよくしています。

 

それを受けて、記者から質問を受けた吉本興業HDの大崎洋会長も、

・吉本のポリシーとして、芸人、アーティスト、タレントとの契約は専属実演家契約

・吉本の場合は口頭でやっている

・今後も契約書は作成しない

旨を明言しています。

 

つまり、文書化された契約書も発注書もないわけです。

これについて、弁護士で、コンプライアンスの専門家でもある郷原信郎氏は、

「下請法違反の疑い」

をコラムで述べています。

このコラムでは、

・直接の発注者である吉本興業は資本金1000万円以下である

(下請け法上は適用外)

・しかし、実質的な親会社は吉本興業HDで大企業である

・下請法では、発注書面交付義務があり、吉本の場合も適用されるのではないか

という主張です。

 

私は法律家でないので、適用解釈と実務はわかりませんが、一般的な市民感情でいえば、コンプライアンスは「社会の要請に基づくこと」であり、その点で考えれば、郷原信郎氏の主張に同意です。

 

また、郷原氏は、経済法学者の楠茂樹上智大学教授の主張である

・下請法は独占禁止法の優越的地位乱用規制の補完的立法である

・資本金等の要件から下請法が適用されないケースにおいては、独占禁止法がダイレクトに適用されることになる

との主張を支持しています。

 

つまり、

・契約書を交わすのは、商取引の基本である

・契約書がなく、発注書を渡さないのは、吉本興業側が自由に条件を変えたいから

・つまり、独禁法の「優越的地位の濫用」にあたる

と述べています。

 

私の疑問は、

・なぜ、かつては上場企業であった吉本興業HDが上場審査にパスしたのか

・デビュー前のタレントとは契約書を交わしていないジャニーズ事務所の扱いはどうなるのか

2点です。

 

前者については、公正取引委員会が動いているようなので、各方面からの圧力などがなければ、いずれ調査されることになるでしょう。

気になるのは、ジャニーズ事務所です。

吉本興業に関しては、一部の在京放送局が「露骨な吉本擁護」をしていますが、基本的には、コンプライアンス面からの非難系の報道です。

しかし、ジャニーズ事務所については、私の知る限り大手メディアは、一切触れていません。

やはり、政治家、テレビ局等は密接なつながりがあり、忖度が働いているのでしょうか。

(※ 自分を変える“気づき”ロジカル・シンキングのススメ メルマガ656号より)

 

【好評発売中!】
『ISOの復権 マネジメントシステム認証制度が社会的価値を持つために必要なこと

(ブイツーソリューション刊)

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4434262858/bloglogcom-22/ref=nosim/

 

【よかったらメルマガ読者登録お願いします♪】
(パソコンでアクセスしている方)

author:有賀正彦, category:ニュースを題材にした話, 05:34
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.logcom.jp/trackback/867875