RSS | ATOM | SEARCH
ISO認証制度(認証審査における不適合指摘の修正処置の検証)

JUGEMテーマ:ビジネス

 

 

組織の仕事の仕組み(マネジメントシステム)が国際規格に適合し、有効に機能しているかを第三者が審査し、世間に公表するISOマネジメントシステム認証制度がある。

 

このISOマネジメントシステムについて、最近、個人的に気になっている点を備忘録代わりに、何回かに分けて少しまとめておきたい。

 

今回のテーマは、「認証審査における不適合指摘の修正処置の検証」について。

 

コンサル先の組織が、ISO認証機関の定期審査を受け、認証機関から不適合指摘があったので、その結果をチェックしていました。

指摘事態は、軽微な不適合で、実質的に顧客に提供する製品に影響を与えるものではなかったのですが、「指摘された要求事項(認証規格の審査基準)が実態と違うのではないか」と思いました。

 

詳細は、差し障りがあるので伏せますが、指摘概要は、

「製造パラメーターの管理値を外れた設定基準で製造をしていた」

というものでした。

 

普通に考えれば、

・修正→管理値を外れた設定基準で製造された製品の検証とそれに関する処置

・原因究明→なぜ、管理値から外れた設定基準で製造していたのか

・再発防止策→原因を除去する改善策とその実施、効果の検証

を実施しなければ、是正処置になりません。

 

しかし、組織が認証機関に提出した「修正」は、

「設定されていた設定基準が正しかったので管理値を見直した」

というもの。

そもそも、管理値が正(正しい)ならば、外れた設定で製造された製品への影響を検証しなければなりません。

また、仮に管理値から外れた設定基準が正(正しい)とするなら、実態の管理値が正しかったことをどのように検証したのかの説明が必要です。

それらに一切触れず、「現状の運用に合わせました」というのは、乱暴な回答なので「よくこれで、認証機関は修正内容をOKしてくれたね」と話しました。

 

ただ、組織の事務局にもっと確認すると、どうやら、製造現場に貼られていた管理値が旧基準だった、ということらしく、製造基準書(QC工程表など)では、すでに管理値は改訂されていたそうです。

そうなると、認証機関の指摘がよいものではなく、単なる「文書管理の不備」ですので、指摘する要求事項が誤っている、ということになります。

 

認証機関内部で、不適合指摘や審査報告書に対するレビューがどのようになされたのかはわかりませんが、もともとの指摘通りなら「製品への影響を検証していない回答」を容認するのは間違っているし、文書管理上の不備ならば「指摘する根拠」が間違っており、担当審査員に確認すれば、こうした矛盾には気づけたのではないかと思います。

(※ 自分を変える“気づき”ロジカル・シンキングのススメ メルマガ652号より)

 

【好評発売中!】
『ISOの復権 マネジメントシステム認証制度が社会的価値を持つために必要なこと

(ブイツーソリューション刊)

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4434262858/bloglogcom-22/ref=nosim/

 

【よかったらメルマガ読者登録お願いします♪】
(パソコンでアクセスしている方)

author:有賀正彦, category:ISOマネジメントシステム全般, 16:15
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.logcom.jp/trackback/867873