RSS | ATOM | SEARCH
公共の場でのマナー違反者にはイライラせずスルーするしかない?!

JUGEMテーマ:ニュース

 

2019年6月7日に、神奈川県のJR茅ケ崎駅で40歳の男性が、30歳の男性をホームから突き落としてけがをさせたとして逮捕されたそうです。

 

各メディアの報道では、

・40歳の男性は電車内で音楽を聴いていた

・突き落とした40歳の男性と突き落とされた30歳の男性は同じ電車に乗っいた

・二人とも茅ヶ崎駅で下車した

・40歳の男性は、30歳の男性から電車内でのイヤホンからの音漏れを注意された

・40歳の男性は30代の男性をホームから突き落した

・自力で這い上がってきた30歳の男性の顔を数回蹴った(3回蹴ったとの報道もあり)

・全治10日のけがをさせた容疑

・警察の取り調べで、40歳の男性は、「相手が先に絡んできた」「押したら線路に落ちた」と容疑を認めている

そうです。

 

電車に限らず、公共の場で、「逆ギレする人」はたまに見かけます。

ただ、言い合い程度で、手を出す人はあまり私は見たことがありません。

仮に、はずみで、押してしまい線路に転落しても、感覚的には、「まともな人間」なら、我に返って、線路から救出の手助けをし、突き落としたことを詫びるでしょう。

それが、這い上がってきた人を蹴った、というのだから、興奮していたとはいえ、「暴行」「傷害」の領域を超えて「殺人未遂」として立件されても仕方がないでしょう。

 

テレビ朝日の報道では、「公共の場でマナーの悪い人に注意するか」という街頭インタビューをしたところ、殆どの人が「注意しない」と答えたそうです。

確かに、今の時代、注意したら、逆上されて、注意した側が危険にさらされますからね。

 

「逆ギレ」されないためには、注意する側が「100%正義」であっても、「注意の基本」としては、「相手に逃げ場を用意してあげる言い方をする」のがポイントだそうです。

例えば、電車で、「1.5人分の面積を占拠している人」がいたら、「どいてください」「つめてください」と言ったら喧嘩になりそうですが、「お疲れのところすみませんが、少しおつめいただけますか?」といえば、「嫌だ」と露骨に言う人はいないかもしれません。

 

それにしても、最近の電車の車掌さんやバスの運転士は、マナー違反者に対して、直接の注意は

まずしません。

車内放送で「座席に荷物を置かないでください」とか「車内での通話はお控えください」と放送しているのに、実際に、車内改札等(巡回)でそのようなマナー違反を見かけても、見てみぬふりで、まず、注意をしません。

 

私が小学校にあがる前の頃は、見ず知らずのおじさんに車内で少しうるさくしていたら、注意されたことがあります。

親がいましたが、確か、そのおじさんに、すみません、と謝っていました。

今の時代は、きっとその子の親に怒鳴りつけられるかもしれません。

社会全体で子供を育てる、という時代ではなくなってしまったのでしょう。

 

【好評発売中!】
『ちょロジ ニュースで学ぶ
7
つの思考法』(パブラボ刊)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4434176552/bloglogcom-22/ref=nosim/

【よかったらメルマガ読者登録お願いします♪】
(パソコンでアクセスしている方)

author:有賀正彦, category:ニュースを題材にした話, 13:20
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.logcom.jp/trackback/867827