RSS | ATOM | SEARCH
紙巻きたばこを禁止する喫茶室ルノアール

JUGEMテーマ:ニュース

 

「喫茶室ルノアール」(現在東京、神奈川、埼玉に112店舗)などを展開するコーヒーチェーンの銀座ルノアールが、2019530日に、「20204月からグループ全店舗で店内での「紙巻たばこ」を禁止する」と発表したそうです。

 

BuzzFeed Japan2019530日の報道によれば、

・紙巻きたばこ禁止は、20204月に全面施行される「改正健康増進法」に基づいたもの

・従業員の健康に配慮するため

・「加熱式たばこ」のみを喫煙席で吸うことができる

・改正健康増進法では「紙巻たばこを扱う店舗」では飲食不可の喫煙ブースの設置を義務付け

・ルノアールではブースは設けない

・改正健康増進法では、加熱式たばこは「当分の間」、専用の喫煙席であれば飲食可としている

・ルノアールは「吸う人、吸わない人が共に快適な空間で飲食しながらくつろいでいただく」を基本スタンスにしている

・一部の全面禁煙店舗を除き、禁煙・喫煙の完全分煙化を進めている

ということのようです。

 

先日、仕事仲間たちと食事をした後、打ち合わせをする場所を探して、少し街をうろうろしました。

パソコンを広げて打ち合わせをする都合上、

「ゆったりしたスペース」

「できれば電源がある場所」

「しっかり分煙されている」

という観点で探しました。

この条件だと、ドトール、ベローチェなどの喫茶店は、スペースが狭く、タバコ臭もきついので、除外されます。

 

スペース、電源という観点で、ルノアールに行ってみましたが、仕事仲間のひとりが「私以上の嫌煙家」でダメで、最終的には、ファミレス(スタバも候補でしたが客席が無かった)にしました。

つまり、ルノアールは、打ち合わせスペースとして、スペース、電源という点での優位性はありますが、「タバコ問題」で敬遠するケースが、非喫煙者には多いので、このニュースは個人的には朗報です。

現在もルノアールは「分煙」には、一応なっていますが、エリアが分かれているだけで、禁煙スペースといっても、喫煙エリアからのたばこ臭がキツイので、20204月以降、加熱式のみOKとなれば、相当、タバコ臭はなくなるでしょう。

 

ちなみに、「タバコが吸える喫茶店チェーン」のドトールは、店舗を(1)完全禁煙(2)紙巻、電子たばこ(3)電子たばこのみ、の3種類にわけると発表しているそうです。

「飲食不可の喫煙スペースを設ける」のは、ドトールの場合、スペース的にも難しかったのでしょう。その結果、「店舗を区分けする」という手段に出たわけですが、ルノアールの場合は、「紙巻きたばこ族を排除」することになるので、顧客層の多くが「喫煙者」であったことを考えると、吉と出るか凶と出るか興味深いですね。

(※ 自分を変える“気づき”ロジカル・シンキングのススメ メルマガ647号より)

 

【好評発売中!】
『ちょロジ ニュースで学ぶ
7
つの思考法』(パブラボ刊)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4434176552/bloglogcom-22/ref=nosim/

【よかったらメルマガ読者登録お願いします♪】
(パソコンでアクセスしている方)

author:有賀正彦, category:ニュースを題材にした話, 13:24
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.logcom.jp/trackback/867824