RSS | ATOM | SEARCH
きれいすぎると免疫力が育たない

JUGEMテーマ:日記・一般

 

少し古い話ですが、20179月に惣菜店で購入した客が腸管出血性大腸菌O157に感染した事故がありました。

運営していたのは、フレッシュコーポレーションで、栃木、埼玉、群馬の3県に「でりしゃす」を合計17店舗展開していました。

 

この事故を振り返ると、

・22名が感染し、そのうち東京都在住の3歳女児が死亡した

・でりしゃすは、客自身が総菜をトングやスプーンで必要な総菜を取り、量り売りで販売

・O157の原因は、トングが感染源となったのではという見方が強い

・感染ルートは結局特定されなかった

・最終的に17店舗すべてを閉店

というできごとでした。

 

運営会社のフレッシュコーポレーションは、

・原因がわからないまま営業を続けることは困難

・売り上げ、客数とも全店で著しく減っている

・したがって新しいサービス、商品を提供できる状態ではない

・休業ではなく、閉店というのが責任の取り方である

との当時語っていました。

 

その後、個人的に各総菜店の取組みに興味があったので、チェックしています。

このニュースがあった当時は、

・量り売りを止めてパック販売に切り替える

・トングを1時間毎に交換する(イオンなど)

といった動きが活発だった気がします。

しかし、私の知る限りでは、多くのお店が、元に戻っているように思います。

 

個人的には、惣菜店だけでなく、ホテルのバイキング形式の朝食会場も、このニュースを聞いて以来「怖いなぁ」と感じています。

回転寿司チェーンでは、板前さんが、薄手のビニール手袋をして握ってくれますが、トングやスプーンで客が自由に取る方式の惣菜店やバイキング形式の食堂は、このような「板前さんが使用するビニール式の手袋」を客がはめて、パックや皿に盛りつけるのがいいのではないかと思っています。

 

2019年4月12日からTBS系で始まったドラマ「インハンド」で、「日本人に昔より食物アレルギーが増えたのは清潔すぎるからだ」というくだりがありました。

確かに、日本は清潔すぎるのかもしれません。

細菌・ウイルス学者によれば、乳幼児期に清潔すぎる環境で育つと、細菌・ウイルスに対する抵抗力・免疫力が十分に育たずアレルギーを起こしやすいと考えられているそうです。

私が幼少の頃は、肥溜めがまだありましたし、からだの中に回虫がいる同級生も稀にいました。

昔は昔で衛生的に問題があったと思いますが、きれいすぎると、それはそれで免疫力が育たない。

なかなか難しいです。

ドラマ「インハンド」が今後どのような展開になっていくのが楽しみです。

(※ 自分を変える“気づき”ロジカル・シンキングのススメ メルマガ642号より)

 

【好評発売中!】
『ちょロジ ニュースで学ぶ
7
つの思考法』(パブラボ刊)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4434176552/bloglogcom-22/ref=nosim/

【よかったらメルマガ読者登録お願いします♪】
(パソコンでアクセスしている方)

author:有賀正彦, category:一般コラム, 07:51
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.logcom.jp/trackback/867820