RSS | ATOM | SEARCH
賞味期限を15年と5か月過ぎたインスタント麺

JUGEMテーマ:日記・一般

 

台所を整理していたら、賞味期限が、

20031219日」

というインスタント麺を見つけてしまいました。

 

商品名は、

「味の素KK アジアめん ベトナムフォー」。

調べてみると、2002823日に発売開始になった商品です。

 

私は、インスタント麺なら、賞味期限が数か月過ぎていても、気にせず食べてしまうタイプです。

しかし、さすがに「期限切れから15年と5か月以上経過」という年月に驚き、「ヤバいだろう」と思い「廃棄」を考えました。

でも、外袋を開けると、中から出てきた内装袋に入った麺(米粉)は、傷んでいるようには見えず、異臭もしません。

粉末スープも、湿気ているとか、変色している、ということはなく、問題なさそうです。

 

食品に携わる人なら常識ですが、食品保存の観点で、「食品が傷むかどうか」は、「水分活性」が大きな要素です。

つまり、微生物が利用できる水分(食品中の自由水)の割合を下げれば長期保存できます。

余談ですが、塩分や糖分は「水分活性」を低下させる作用があります。したがって、昔の人は、保存食として、漬物や砂糖漬けを作っていたのです。

 

話を戻しますが、「アジアめん ベトナムフォー」の麺は、見た感じですが、麺がかっぴかぴに乾燥していました。

「これなら大丈夫かも」と思いとりあえず、冷蔵庫にあった具材で調理してみました。

調理と言っても、

・麺を茹でる(作り方では「4分間茹でる」でしたが、少し長めの5分にしました)

・もやしとニラを茹でる

・レンジでもつ煮(こてっちゃん)をチンする

・どんぶりに入れた粉末スープに熱湯を注ぎ、茹でた麺、もやしとニラ、もつ煮を載せる

だけですが。

 

食べてみると、全く問題なし。

ラーメンだと(油揚げ麺)、賞味期限を大きく過ぎると、麺が酸化して食べられない状態になりますが、この「ベトナムフォー」は、油を使っていない乾麺(おそらく熱風乾燥めん)なので、大丈夫だったのでしょう。

「長期保存に強いなら、非常食になるじゃん」

と思い「常備用」を買っておこうと思います。

 

ちなみに、この「アジアめん ベトナムフォー」が20028月に発売された当時のCMキャラクターは俳優の坂口憲二さんが担当していました。

坂口憲二さんは、現在、難病の「特発性大腿骨頭壊死症」の治療に専念するため、芸能活動を無期限で休業しているそうです。

復活して欲しい俳優さんです。

(※ 自分を変える“気づき”ロジカル・シンキングのススメ メルマガ647号より)

 

 

 

 

【好評発売中!】
『ちょロジ ニュースで学ぶ
7
つの思考法』(パブラボ刊)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4434176552/bloglogcom-22/ref=nosim/

【よかったらメルマガ読者登録お願いします♪】
(パソコンでアクセスしている方)

 

author:有賀正彦, category:一般コラム, 05:05
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.logcom.jp/trackback/867819