RSS | ATOM | SEARCH
環境省が取り組む日傘の男性利用キャンペーン

JUGEMテーマ:ニュース

 

2019年5月21日付の時事通信社の報道によると、環境省が、

「男性も日傘を! 呼び掛けへ=熱中症対策で初キャンペーン」

を実施するそうです。

 

報道によると、

・環境省は熱中症対策として、男性も日傘を使うよう呼び掛ける

・全国の百貨店と協力し、暑さよけの効果をアピールする資料を売り場に置く

・男性にも使ってもらうために父の日に向け「子どもからプレゼントしてほしい」と訴えている

・環境省が日本工業大学などと行った実験によると、

→日傘を差すと帽子をかぶるのに比べ、汗の量が約17%減る効果がある

→上着を脱いだ上で日傘も使うと、暑さによるストレスを約20%軽減できる

・環境省はこれまで、日傘を無料で貸し出すイベントを自治体と協力して行ってきた

・「日傘は女性のもの」というイメージが強く、男性の利用はあまり広がっていない

・そこで環境省は、男性をターゲットとした初のキャンペーンを展開する

・男性が日傘を差すイラストや、日傘の効果を示す実験結果を強調した資料を作成

・百貨店の傘売り場や、父の日グッズを集めたコーナーなどに置きアピールする

ということだそうです。

 

年輩の男性は、

・日傘はひ弱な男子のイメージ

・持ち物を増やしたくない

・差している人が少なく恥ずかしい

という感覚は確かにあるでしょう。

 

熱中症対策ではありませんが、「日焼け」についても、年配の男性は、「皮膚を焼いて強くすればいい」と考えている人は多く、「日焼け止めはべたつくからいやだ」という人も多いです。

 

ただ、若い男性は、徐々に、「肌を焼かない」、「紫外線対策」などに敏感です。

ランニング仲間でも、若い男性は結構、日焼け止めをしていますし、日傘についても、実際、街を歩いていて、差している男性はわずかですが見かけます。

私は、体質的に皮膚が日光に弱く、直射日光が強い日に2〜3時間、まともに陽の光を浴びてしまうと肌荒れ、吹き出物、皮膚のただれなどになるので、日焼け止めは欠かせません。

ただ、日傘は、私の場合はただでさえ荷物が多いので「持ち歩くのが厄介」という意識があります。

 

日傘を普及させる大きな要素は「多くの人が利用すること」でしょう。

日本人の場合「俺は俺」という人は少なく「まわりがしているから違和感がない」という状況にしないとなかなか広がりません。

「たばこ」についても、これだけ、長い年月をかけて、受動喫煙防止の法令、分煙の推進、歩きたばこ禁止エリアの設定・・・などいろいろな取組みをして、「吸わない派」を増やせました。

友達の中には、「休憩時間に一服吸わないと周囲とのコミュニケーションが取れない」という理由で、惰性で吸っていた人ぐらいです。

 

百貨店の売り場や日傘メーカーも「男性向けは売れない」ということであれば、慈善事業ではありませんから、作らないし、売り場も縮小されていくでしょう。

環境省は、普及させたいのであれば、日傘の軽量化、男性が持ちやすいデザインの開発、日傘利用者への特典・・・なども民間とタイアップしてやらないと、「単なるキャンペーン」で終わってしまうでしょう。

環境省の取組みが成果を上げるか、どのように環境省は測定するのかも、興味がありますが、動向に注目です。

 

【好評発売中!】
『ちょロジ ニュースで学ぶ
7
つの思考法』(パブラボ刊)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4434176552/bloglogcom-22/ref=nosim/

【よかったらメルマガ読者登録お願いします♪】
(パソコンでアクセスしている方)

author:有賀正彦, category:ニュースを題材にした話, 11:28
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.logcom.jp/trackback/867807